韓国軍や日本政府によると、北朝鮮は14日午前5時28分、北西部の平安北道・亀城から弾道ミサイル1発を発射した。記者会見した菅義偉官房長官によると、ミサイルは30分間飛行し、日本海に落下したとみられる。落下地点は、日本の排他的経済水域(EEZ)外と推定される。韓国軍は、弾道ミサイルは約700キロ飛行したと明らかにした。

 韓国で革新系「共に民主党」の文在寅大統領が10日に就任後、北朝鮮の弾道ミサイル発射は初めて。米韓両軍はミサイルの種類などの分析を進めている。

 安倍晋三首相は14日朝、記者団に対し、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「断じて容認できない。強く抗議する」と非難。「米国や韓国と連携しながら高度な警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全を期していく。北朝鮮に対し毅然(きぜん)として対応する」と述べた。日本政府は北朝鮮側に厳重に抗議するとともに、首相官邸で国家安全保障会議を開いた。

 一方、韓国では文大統領が弾道ミサイル発射の報告を受け、国家安全保障会議(NSC)を主宰した。文氏は10日、「条件が整えば平壌も訪れる」と述べ、対話路線を重視している。北朝鮮はミサイル発射で挑発継続を強調した形だが、韓国の出方を見極める狙いもあるとみられる。

 北朝鮮は、米韓合同軍事演習が行われていた3〜4月、複数回にわたり、弾道ミサイル発射を試みた。3月6日には4発同時に発射し、うち3発が日本のEEZ内に落下。直近では4月29日、西部の北倉周辺から1発を発射したが、失敗したとみられている。 

なぜ、日本海なのか

30分も飛んでたのなら、どこに落ちたのか