SE鈴木君の部屋

旅行好きの観光日記と日常の気になることを紹介

良いユーザインターフェイス

2017-04-20 09:46:04 | 日記
ではここで、良いユーザインターフェイスに多く見られる要素を考えてみる。
操作回数が少ない、視線の移動が少ない、誰が見ても分かる。
この3つの条件を満たすパソコンを、
397時間動画パソコン教室ユーザーである私が
良いユーザインターフェイスとして提案したい。
・操作回数は、機能にたどり着くまでの操作を3回以内に限定する。
・視線の移動については、画面での操作を中心にすることで、
遠近よりも素早く見られる上下左右の移動に限定する。
・誰でも扱えるように、ボタンの形を機能ごとに変更。
押すだけでなく、指に動きをつけることで直感的に操作を行うことを可能にする。
さて、一般的に普及しているパソコンのリモコンが、
いかに悪いユーザインターフェイスかは、十分伝わっただろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーチャル通貨って現実はど... | トップ | 食事量のコントロール »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。