広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸せを運ぶ闇の光

2005-10-29 | Animation - 雑記
絶対少年 23話

姉妹サイトもどうぞ


ここ最近の展開で、フェアリー方面の謎をもっと描いて欲しいと
常々思っていたら、今回極端に内容がフェアリー方面に傾いた。
謎巨大生物が、万人に見えて更に写真撮影も可能な状態になって
しまった為。ほとんどの主要キャラが登場しないか、場面が少ない。




ここ最近の「1日の朝から夜までを1回分の中で描く」という
傾向から外れて、いきなり夕方からスタート。
電気系統の乱れから混乱を極めている町中の様子が次々と。
渋滞で動けなくなっている人等々。歩いてる人はいない。
そんな中始まった「緊急特別番組」という謎飛行物体に関する
番組をメインに話が展開していく。




前半は、番組中で各方面の専門家がそれぞれの考えを喋り続ける
シーンでほとんどが終わってしまう為、合間に挟まれた
「番組を見ながら茶々を入れるオタク」の部屋にあったモノを見てみる。
まずアニメ専門雑誌が何冊か。続いてよくわからないCDと同人誌
「魔法少女ミルキーストロベリー」「絶対少○」読めない。
ペットボトルは「秋葉茶」。
閲覧してるサイトは「CommonPlaceJapan NEWS」。
テレビの横に置いてある本「萌久萌久しちゃうぞ」「近代萌えの構造」
壁に貼ってあるポスター「Ryoko+Ayukawa」「○○○ハニー」読めない。
「清水なんちゃら」と書いてあるCDは、清水愛のCDかな(*・∀・)



対策本部の中で「小早川警部」と呼ばれた男。
名字に聞き覚えがあったんで注目していたら、
「光は闇なり、闇は光なり。そしてマクベスは呟く…」といった
くだりを喋り始めた。間違えなく成基の父親だろう。
そう言ってる間にも、停電し始める地域が増えてきている様子。
町中では「神の船が来た」という演説をする女性集団も蔓延る中
自分の描いた絵を見つめて、上から何か描こうとしている次郎の姿が。
やっとメインキャラが出てきた。




夜になり、停電+非難勧告状態の理絵子宅。
暗闇でラジオを聞き続ける父親と少し会話しながら、ときみやへ
向かう理絵子。心配して向かってみたが、はなは店先で
自分の食事である秋刀魚を焼きながら一向に非難する気配ナシ。
そのうちに近所の老人集団が集まり始め、いつの間にか
店が営業状態になっている。はなもご飯炊いてるし。
一方、電車が止まっていた為に会社から徒歩で帰ってきた美佳は
家に着くなりベッドに伏せる。そこへ携帯にメール着信。
「うわ、きたよ…」と一言。内容は語られず。
恐らく、同じタイミングで高校生2人組に入ってきたチェーンメール
だとは思うんだけど。
どうでもいいけど、メールを見る美佳の体勢が猫っぽい。
歩は部屋で特別番組観賞中。どっから入り込んだのか、専門家に
混ざって「フリージャーナリスト須河原晶」の名前が。
ここぞとばかりに持論を展開し始める須河原。歩のセリフはナシ。



オジサンだらけの番組内では異色である須河原が、他とは違う
いつものフランクな口調で解説を始めるのでより異色っぷりが顕著に。
例によって、体の一部一部を舐めるように描写開始(゜Д゜)
須河原は、寒色系が「付喪神」であり、巨大物体はその親玉では
ないかと推測しているらしい。暖色系はそれを浄化?する
また別の存在でないだろうかとも推測している。
なんらかの原因で暖色系の数が減少してきた為に、あんな
巨大物体が出現するに至ったとのこと。
付喪神ネタは、最近やった「あやかしびと」でも出てきてたな…


次郎が去った後の壁画には、「Think and Act」という文字が
付け加えられている。須河原の言葉を借りれば
「考えること。そして行動すること」
そんな中、須河原が映し出されていた街頭ビジョンも消えていく。


さてこういう展開をされると、出てこなかった希紗・成基・正樹は
何をしているんだろうかと気になってくる。


本日の一曲:『Needs / Ibooji(Fading Lights)』
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消えたものと生まれるもの | TOP | 彼女たちの小さな冒険 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
丹那 (西島)
2005-11-04 19:32:28
実家が函南町間宮の俺がきましたよ。



丹那にはあまり行かないんですが、いずれゆっくりまわってみたいです。



いまは函南にいないのですが、多分来年には戻ると思います。



なんか、全てにおいて乗り遅れているな俺。

Unknown (ょん)
2005-11-05 16:58:25
初めまして、コメントどもです。

どの程度かは分からないけれど、自分周辺

では一躍時の地になっているような

感じです。



作品自体の知名度がどんなものか、これから

まだ広まる余地があるなら乗り遅れては

いないかもしれないですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
絶対少年第23話「間違う可能性は常にあること」 (蜂列車待機所日記)
突然、話が大きくなりました。確かに須河原は一点だけ正しい。人間は考え続けるしかない生き物です。しかし、昔と同じような現象が今また起きたからといって同一のものだとして飛びついてよいのかどうか?人間は「考えることができる」生き物であるのと同じくらい、人間は「.