「51」シンクエンタ・ウノのブログ

「日常」から「非日常」へ・・その扉を開けると素敵な空間があなたをお待ちしております( ̄▽ ̄)ニヤリ



 

trip@北海道2日目(Vol.3)

2009-10-23 09:31:18 | 旅行記

 山梨にある「中央葡萄園酒株式会社」が北海道は千歳で地元で栽培されている葡萄を使ってOPENしてる「グレイスワイン 千歳ワイナリー」を訪れました。

 地元産ということで主に「ハスカップ」や「ケルナー」を使用。全種類とはいきませんが、かなりの本数が試飲できます。「ハスカップ」は結構地元でもレストランの名前に使われたり、料理のソースに使って「ハスカップのソース」としたり地元限定販売のお菓子の「ハスカップ味」と使われたり、かなりポピュラーな葡萄品種です。

 ここのワイナリーは漫画「神の雫」にも載った「グレイス シャルドネ」が超有名になってしまって今では入手困難らしく山梨の方にも在庫がなくなったとワイナリーの方が言っておられました。


 一番奥の場所には圧搾機や破砕機、ステンレスタンクなどが並んでいて見学する事が可能です。

 僕らが行った時には、瓶内洗浄して、ワインを瓶詰め、コルク栓で蓋をする作業が行われていました。

 あとはラベルを貼るだけのワインが、ずらりと並べられており出荷されるのを待っていました。

 ピノ・ノワール種も発見。コレも地元産らしく造っているんだそうです。個人的に3本購入。1本は、お店のお土産用に( ̄▽ ̄)ニヤリ

 試飲してみましたが、かなり繊細な印象。香りも薄い苺のような小さくて甘酸っぱい感じ。味わいも「酸」がしっかりしており、だいぶ後の方から「ふわり」と残り香が口の中に漂います。あ・・運転してたので飲み込んではいませんよ( ̄▽ ̄)ニヤリ
 
 時間も遅くなってきたので一路札幌へ・・・。

 そのまま札幌の繁華街「すすきの」へ。遂に娘も地元の「桜木町デビュー」よりも「すすきのデビュー」の方が早かったですわ( ̄▽ ̄)ニヤリ いやでも、さすが北の大繁華街、ヒト、ひと、人でごった返してました。

 そのままガッツリと食べ、しこたま呑んでホテルに帰っていきました。

 嫁と娘は、なにげに千鳥足?( ̄▽ ̄)ニヤリ 僕はもうホテルに帰るなり爆睡でしたわ(笑)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« trip@北海道2日目(vol.2) | TOP | trip@北海道3日目 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics