テクノロイド

コンピュータやゲーム他、色々日々思ったことをつづっていきます。

LIVE STATION LS-4-64にUbuntu14.04を入れる

2017-01-25 18:15:44 | Ubuntu Linux
何故かQiの充電台になるという珍妙なPC(のベアボーン)LIVE STATION LS-4-64が実質1万4千円切りだったので購入してみた。BayTrail機器は既に何台も持ってるし、CPUmarkが千を切るくらいなのが残念だが、他のBayTrail機と違ってメモリ4GBでストレージ64GBなら使い道も違ってくるかな。といってもストレージがeMMCじゃなくてSATADOMとやらなのがまた珍妙なところ。Ubuntuはとりあえず対応してるっぽいとしかわからなかったくらいだったりして。

Ubuntu14.04のインストールはWiFiもすんなり認識したのでWiFi経由であっさりインストール終了。

面白いのが、めずらしくHDD(SATADOM)アクセスランプがあるところ。最近見かけなくなって残念だったんだけど、やっぱあると安心だ。天板にロゴが光るのだがBIOSでオフにできるようだ。
QiをBIOSで外すことはできないのだろうか。無駄な電気を食わないか気になる。
MiniPCIEにWiFiが挿さってるようだが、添付の英語のユーザーズガイドを見るとmSATA対応と書かれてるけど、mSATAのSSDが使えるのだろうか。使えたらSATADOM故障の時も安心かもしれない。というかSATADOM挿してるポートでHDD使えたりしないのかな。

NFCのコネクタがあるようなんだが、これはQi用なのかな?
リンクスインターナショナルの製品ページに「初回出荷される「LS-2-32-W10」製品には、NFC専用アプリケーションがプリインストールされていますが、本機では使用しません。」とあるのが気になる。

追記)
何故かWiFiが切れてないようなのにネットが使えなくなる症状が出るようだ。とりあえず有線で回避できるけど。
追記2)
WiFi切れはまだよくわからないけど、BayTrail&CherryTrailなPCでUbuntu入れて初めて音が鳴るのに感動した。

追記2)
これと同じWiFiルータに接続しているWiFiプリンタの調子もおかしかった。もしかするとこれのWiFiチップのせいではなくてルータのせいだったかもしれず。手元に持ってきて違うWiFiルータで使ってても問題起きなかったし。
とか言ってたがやっぱり切れるようだ。ググってここを参考に/etc/modprobe.d/rtl8723be.confを作成してoptions rtl8723be fwlps=0を記述してみた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ubuntu14.04でlxcのコンテナ... | トップ | LXDもろもろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む