アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』ラスト・マサラ上映@シネマライズ

2013-04-21 | インド映画

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』、渋谷シネマライズでのラストランは4月19日(金)の最終回。もちろんマサラ上映です。スペイン坂を上がってみると、見慣れた看板(下写真/4月1日撮影)が姿を消していて、一抹の寂しさが。すっかり次の上映作品の看板に取って代わられていました。シネマライズの前には、これからマサラ上映に、という観客の方が何人もたたずんでいたのですが、私と同じような感想があちこちから聞こえてきていました。

そんな中、声を掛けて下さった方が。「ナマステ・インディア」やアテネ・フランセ文化センターでの『恋する輪廻』の上映時に、私の顔を見て憶えていて下さったようです。シネマライズでの上映は、左の女性の方は4回目、右の黒い粋なクルターを着た男性の方は5回目だそうです。すごい! 男性の方のポーチには、燦然と輝く缶バッジが4個!

マサラ上映はリピーターが多く、2回目、3回目の人はざら、とは聞いていましたが、4回、5回となると投入資金も相当な金額に...。頭が下がります。最後の上映ということでリピーターが詰めかけたせいか、見事満員御礼になりました。

劇場内に入ったら、やっと会えましたよ~、ターバンを被ったプレミアシートへの案内人のお兄さん! いやー、私がプレミアシートを購入した4月1日も、こういうカッコいい人に案内してもらいたかったです。「マサラ上映の時は毎回いたんですよ。すみません」とのことで、記念にパチリ。胸に抱えているのが、プレミアシート用の豪華クッションです。

場内に入ると、これまたびっくり! 何と立ち見の方がいっぱい! 休憩も入れると3時間余り、ずっと立ちっぱしで大丈夫? 自分の席を譲りたくなってしまいますが、こんなにたくさんいらしては(オロオロ....)。結局、階下だけで30人ぐらいの方が立ち見で見て下さっていました。この日は3階席というか階上の席ももちろん全部開放されていたのですが、それでもこんなに立ち見の方が....。

(写真アップのご了解を得なかったので、画像は一部処理しています。不都合がありましたらコメントでお申し出下さい。削除致します。反対に、”目の線を取って”というご要望でもOKです。コメントはアップしませんのでご安心を。下方の写真に関しても同様です)

そこへ、アップリンクの露無(つゆむ)さんが。今回の公開の中心となって、しゃかりきにがんばってくれたスタッフです。

「自分が担当した作品で、シネマライズみたいな大きな劇場がいっぱいになるなんて、初めてなんです。アップリンクとかではあったんですけど....」と感激の面持ちでした。いや~、今日まで倒れもせず、よくがんばりましたねー。「今日はシネマライズの方で終了後お掃除のプロを入れて下さるので、安心して楽しんで下さい」とのお話に、内心ガッツポーズ。

いよいよ上映開始。さっきのターバンのお兄さんが前説をやって、みんなでちょっと「♪オーム・シャンティ・オ~~ム♪」の振りの練習です。一番前の席には、多分野火杏子さんのお弟子さんだと思うのですが(追記:ベリーダンサーのNourah(ノーラ)さん率いるダンス集団、Jyoti(ジョティ)の皆さんだったそうです。露無さんから訂正が入りました。失礼しました~)、踊り子さんたちがずらり。この踊り子さんたちが盛り上げのプロで、しかも「♪ドゥンタナ♪」の歌では3番のディーピカーたんの衣裳に合わせて同じようなバンジャーラー・ガールの格好を、「♪ダルデー・ディスコ♪」では最初のアイテム・ガールそのままのヘアウィッグを着けて、と心憎いばかりの演出の数々。ソング&ダンスシーンでは通路狭しと踊ってくれます。思わず、紙吹雪(家にあった色画用紙を大型カッターでしこしこ切ってきた)をいっぱい撒いてしまいました!

インターミッションの時には、ベリーダンス風の格好で派手に後ろのドアから登場。音楽はインド民謡風だったのですが、見事なフォーメーションで楽しい踊りを披露してくれました。

観客もじっとしていられず、こ~んな感じで場内は踊りの渦に。圧巻でした~~~。

その観客の皆さんですが、映画の途中のソング&ダンスシーンでも何人かは立ち上がって踊っていたものの、「♪ダルデー・ディスコ♪」と「♪オーム・シャンティ・オーム♪」、そしてラストシーン以外は全員立ち上がって、ということもなく、むしろしっかりと集中して映画を見ている、という感じでした。出演者のしぐさやセリフに敏感に反応し、ドンピシャのツボの所で笑ったり歓声上げたりクラッカー鳴らしたりと、映画が二倍、三倍楽しくなるワザの数々。昔のインドの観客もこんなだったよな~(クラッカーはなかったけど)、という思いがこみ上げてきて、胸が熱くなりました。

クラッカーを鳴らすタイミングも絶妙で、「♪ドゥンタナ♪」のバドミントン・シーンでは、羽がラケットに当たる「ポンッ!」という音の所で「パーン!」。なるほど、だてにリピートしてるわけじゃないんですね、皆さん。あと、この日はなぜかパップー役のシュレーヤス・タルパデーが人気で、初登場シーンではクラッカー鳴りまくり。私も鳴らしました(笑)。しかしながら、一番クラッカーが多く鳴ったのは、言わずと知れたこのシーンです。

 © Eros International Ltd

クラッカーは劇場側から1個プレゼントされるのですが、私も百均で音のみのを1パック買って持って行った上、せんきちさん(何度ご覧になったのやら、というマサラ上映観客の大先輩。あっ、公式サイトにお写真が!)からも中身はあるけど散らばらない式のクラッカーを数個いただき、たっぷりと鳴らしました。スーラジ・バルジャーツヤーのそっくりさんが出てきた所で「パーン!」、ヤシュ・ジー(『命ある限り』のヤシュ・チョプラ監督)の登場で「パーン!」、カージョルで「パーン!」、アクシャイ・クマールが「闘士再び」の最後で振り向いてポーズを決めた所で「パーン!」。タイミングがピタリと決まると「カ・イ・カーン!」ですねー。リピーターになるの、わかります。

あと、手拍子も歌のシーンで毎回入ったのですが、「♪オーム・シャンティ・オーム♪」では2+2+2+2+3+3というビートの手拍子が。そうそう手拍子と言えば、上映がすっかり終わって場内が明るくなった時に、「では、締めの三三七拍子を!」という声が上がり、みんなでチャッチャッチャ、とやりました。リードして下さった男性の方、ありがとうございました!

興奮冷めやらぬ劇場内でしたが、その余韻を煽るように、アップリンクの皆さんがこれからの『恋する輪廻』上映予定のチラシを撒いてくれます。まず、『ラ・ワン』から続けてインド映画紹介に奔走した新井さん。ご苦労様でした~。

 

露無さんの右隣は、試写を仕切ったりとこれまたしんどい仕事の数々をこなした村井さん。今回のお仕事でアップリンクは卒業だそうです。残念!

最後はアップリンクの浅井社長。おお、社長までチラシ配りですかー。しかし、浅井社長というか配給会社側には、『恋する輪廻』に関する頭の痛い問題が持ち上がってまして、上映成功も手放しでは喜べないらしいです。その問題とは、こちらの記事で報道されています。もしかしたら、『恋する輪廻』の完全版が見られなくなるかも!?

そういう恐れもありますので、まだご覧になってない方、まだまだ見ておきたい方は、次の上映に急ぎましょう。

◆渋谷アップリンク:4月27日(土)~5月10日(金) 連日14:20~上映
            5月8日(水)19:00~ 特別マサラ上映
 ~おまけが付く特別料金、各種割引もありますので、詳しくは公式サイトを見て下さいね。
 
◆爆音マサラ上映@渋谷クアトロ:5月4日(土) 14:00~
 ~まさにライブ! 詳しくはこれも上記公式サイトで。

◆キネカ大森:5月11日(土)~5月24日(金)
         5月18日(土)マサラ上映決定!
 ~詳しくは、キネカ大森のHPで。

これから日本各地で続々と公開される『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』。たくさんの方が楽しんで下さることを、心から願っています。あっ、最後になりましたが、ゴミの大変な後始末をして下さったシネマライズの皆様、どうもありがとうございました。お陰様で、インド映画に関するとってもいい思い出がまたできました。1998年の『ムトゥ 踊るマハラジャ』公開に引き続き、お世話になりました~。

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝!「ボリウッド4」初日&... | トップ | <緊急告知>「ボリウッド4... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (kuuai)
2013-04-21 14:35:27
初めてコメントさせていただきます。

最終マサラ上映会のインターミッション中に、cinetamaさまをお見かけしました。

日本語字幕のありがたさをひしひしと感じておりまして、感謝の気持ちをお伝えしたいと思ったのですが、トイレやらビールの調達をしている間にお姿を見失ってしまいました。
字幕がなくともそれなりに楽しめる本作ですが、アテネフランセの上映会で初めて日本語字幕つきで見た時は、ハンケチ一枚がしっとりするほどの涙を絞り取られてしまいました。
こんなにステキなインド映画を東京にいながらにして大きなスクリーンで見られることの幸せを噛みしめられるだけ噛みしめた一ヶ月でした。(シネマライスでは、通算6回見ました)

cinetamaさんをはじめとする沢山の方々のご尽力のおかげですね。
本当にありがとうございました。

ボリウッド4も楽しみたいと思います。
kuuai様 (cinetama)
2013-04-21 16:33:28
初コメント、ありがとうございました~。

休憩時間中は、私もトイレに走ったりしていたので、姿を消してしまいすみません。今度機会があったら、ぜひお声をお掛け下さいね。

アテネにも行って下さり、シネマライズは何と6回! すごいですねー。確かに、大スクリーン&シネスコフルサイズで見ると、印象が全然違って見えます。特にインド映画は、劇場で見てこそ!ですよね。

「ボリウッド4」も楽しんで下さいね。各作品のご感想など、またお寄せ下さい。
Unknown (やっほー)
2013-04-21 16:34:12
マサラは四回行ったのですが、最終日だけ行けず、涙をのみました。
レポしてくださってありがとうございます。

会場の熱気が伝わってきました。

いまもちあがってる問題も解決して、完全版がこれからも見られますように祈っています。


次は爆音 (せんきち)
2013-04-21 16:55:53
こんにちは。
先日はおつかれさまでした。
当方、結局マサラ上映5回通常上映7回、計12回もシネマライズに通ってしまいました(笑)。
今は5月の爆音マサラ上映に備えて虎視眈々と作戦を練っております。
シネマライズ、『ムトゥ』のときは炎天下スペイン坂に1時間以上行列して超満員の館内で観た思い出がありますが、今回のマサラ上映も超満員の大盛況で、またいい思い出ができました。
やっほー様 (cinetama)
2013-04-21 17:31:00
コメント、ありがとうございました。

やっほーさんは最終日、12時の回にいらしたんですよね。ブログ(下のアドレス)を拝見して、自分も4月1日に看板の写真をケータイで撮っていたことを思い出したのでした。
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/
今、再度拝見すると、やっほーさんのブログに影響されたのか同じ表現「一抹の寂しさ」を使ってますね。スミマセン。

では、「ボリウッド4」の方もぜひよろしくお願いします。また時々ブログにお邪魔しますので~。
せんきち様 (cinetama)
2013-04-21 18:16:46
コメント、ありがとうございます~。その節は、クラッカーをたくさんいただきまして、本当にありがとうございました。

『恋する輪廻』公式サイトに「Filmfare」抱えたお姿が出ていましたね。すごいです!

12回ですかー。それ以上通われた方、もしおいでになったらご連絡下さい(笑)。
そして、まだまだ記録更新予定なんですね。爆音マサラ上映、オールスタンディング(少しはイスが用意されているらしいです)なので私はパスしますが、せんきちさんのブログでご報告が出るのを待っています~。
行きたかった!! (もら)
2013-04-21 18:20:51
もらこと広東語教室後輩の森戸ですw
香港在住の友人が一時帰国の際にお誘いいただいてから
二度のマサラ上映を含む、計三回鑑賞しました!!
本当はこの日四回目のはずだったのですが満員で入れず…
甘く見てました!(>_<)
でも大好きな作品なので大人気なのはうれしいです!
もしかしたら最終日だしcinetamaさんにもお会いできるかな?
と思っていたのですがやっぱりいらっしゃってたんですね!
でも追加上映が決まって本当にうれしいです!
素晴らしい映画を提供していただき
本当にありがとうございました!!☆(^o^)/

ボリウッド4も行くぞ~!☆w
マサラ上映堪能しました。 (ルク子)
2013-04-21 20:00:37
初めてコメントさせていただきます。

マサラ上映、なかなか行く機会がなかったのですが、やっと19日に参加できました。

上映前に、松岡さんをお見かけして舞い上がってしまいましたが、緊張して、お声がけできませんでした(><)

それにしてもすごい熱気で、クラッカーや拍手のタイミングも皆さんすごかったですね。バドミントンのシーンでのクラッカーに妙に感動しました(^^)

何度観ても、30年後のオームが輪廻を自覚して「帰宅」するシーンは涙があふれてしまいます。

そして私もDard-E-Discoのあのシーンで叫んでクラッカーを鳴らした1人です・・・(*⁰▿⁰*)

帰宅したら、注文していたThe Making Of Om Shanti Omという本が届いていたので、余韻どころかまだまだ「陶酔感」は続くという感じです。

この本を書いたMushtaq Sheikさんが出て来たエンドロールでもちゃんと?歓声をあげました!

興奮してなんだかとりとめもなくなりましたが・・・本当に素敵な字幕をありがとうございました。

私、実は上の写真のなかに・・・映り込んでいます(恥)
もら様 (cinetama)
2013-04-21 20:15:44
初コメント、ありがとうございました。ご本名が出てしまってますが、大丈夫ですか?

満員でお入りになれなかった、とは残念ですねー。よかったら、爆音マサラ上映の方でリベンジして下さいませ。すごい音だと思うので、広東語で叫んでもきっと大丈夫ですよ。「シャー・ルク大哥!」とか「ディーピカー小姐、好青見~」とか(笑)。
香港の人にも、日本発のマサラ方式鑑賞法を教えてあげたいですね~。
ルク子様 (cinetama)
2013-04-21 20:44:20
初コメント、ありがとうございました。

え、写真にルク子さんが? 大丈夫ですか? 目隠しが必要でしたら、あとでこっそりコメント下さいませ。

今度お会いしたら、ぜひお声を掛けて下さい。「ボリウッド4」の会場でお目にかかれるかも知れませんね~。
あれ!? (もら)
2013-04-21 21:12:18
たびたびすみません!
コメントが途中で終わってる!泣
とにかく言いたいのは素晴らしい作品をご紹介いただき
ありがとうございますということです!
ぶっちゃけ大哥の新作より全然面白い!!w
今回は入れなかったので追加上映でリベンジします!
爆音ももちろん行きますしwアップリンクにも行きます!

ボリウッド4も行くぞ~!☆w

追伸
こないだのレスリーのトリビュートの中継
六本木で観たのですが
ついくせで、マサラ上映ほどではないですが
ライブさながら拍手してエンジョイしてしまいました…

では今後ともよろしくお願い致します。
もら様アゲイン (cinetama)
2013-04-21 22:09:02
再度のコメント、すみません。途中で切れる、なんて変ですねー。

大哥の新作も、思ったより面白かったです(ほめてるつもり)。そう言えば大哥にも以前、ボリウッド女優マッリカー・シェーラーワトと共演した『MYTH 神話』なんていう作品がありましたね。
『恋する輪廻』のファラー・カーン監督は『ウィンター・ソング』の振り付けをしているし、程小東は『クリシュ』のアクション監督を引き受けてリティク・ローシャンをワイヤーで飛ばしているし、意外に繋がるボリウッドと香港映画界なのでした。「有縁!」です。
感謝感激 (りん)
2013-04-22 01:43:12
cinetama様
初めまして、いつもブログを拝見しております。
最後のマサラ上映でcinetama様のお姿すぐに見つけたのですが、遠くから「素敵な日本語字幕をありがとうございます」と感謝のビームを飛ばしていました。
私は元々香港明星迷で、まだネット環境になかった頃はpop asiaという雑誌やめこんから出版された「アジア・映画の都」などで情報を得ていました。
おかげさまで「ラジュー出世する」を日本で見て以来、すっかりシャー・ルクファンになってしまいました。
昔赤坂での「グル・ダットの全貌」で、ワヒーダー・ラフマーンさんが来日された時など、cinetama様をいつも遠くから見て「感謝感激です」と心の中でご挨拶させて頂いています。
「恋する輪廻」も日本語で内容を理解出来て更に映画の面白さが心に染みました。
ファラ・カーン監督来日時の初日、マサラ上映2回、と何度でも大スクリーンで見たい愛しい映画です。
(ボリウッド4も初日から楽しみました!)
りん様 (cinetama)
2013-04-22 09:13:17
初めてのコメント、ありがとうございました。

字幕は皆さんほめて下さるのですが、マグザムの方や字幕制作会社の方がいろいろ直して下さっての完成形なので、私の力は知れたものです。でも、自分の字幕で観客の皆さんが笑って下さると、とても嬉しいです。関西人のさがですかねー(笑)。

「POP ASIA」時代からおつき合い下さっているとのこと、ありがとうございます。『ラジュー出世する』の公開が1997年なので、シャー・ルクも日本にお目見えしてからもう15年なんですねー。
これからも、お互いにインド映画&香港映画のためにがんばりませう。加油!
次回お会いしたら、ぜひお声を掛けて下さいね。
パゴール様 (cinetama)
2013-04-25 08:53:30
いただいたコメント、ご本名が入っていたのでアップしていませんが、本当にありがとうございました。以前このお名前のコメントをいただいた時、「タゴール」をもじってあるみたいだけどどなたかな~、と思っていたので、その謎もとけて嬉しいです。

写真の目線、取りました。あの日はパゴール軍団(笑)が場を盛り上げて下さったので「おお~」と思っていたのですが、パゴールさん以外は皆さん初めてだったとは!
これからも皆さん、インド映画を支持して下さるものと確信しています。パゴールさんの布教力に感謝!です。
Unknown (パゴール)
2013-04-26 08:31:00
黒枠を外していただきありがとうございました。
本人照れながらも喜んでいます。

私のほうこそ、こんな日が来るなんてー♪と本当に幸せなオームシャンティでした。
松岡さんあってのインド映画の世界。
このまま付いていきまっせ。

ところでワタシも大阪出身。京橋の近くで生まれたばりばりの関西人です。
松岡さんも関西だったのですねーー
末永くよろしくお願いいたしますーーー!
パゴール様 (cinetama)
2013-04-26 11:01:51
わざわざコメント、ありがとうございました。

ええー、京橋近くのお生まれですか!? 京阪電車乗り換えや~、の京橋ですね、なつかしぃわ~。
私は出身は大阪やないんですけど、上八の大学に通てたのンと、母親が福島区の出身やったよってに、大阪弁かてしゃべれますねん。今度お会いしたら、大阪のおばちゃん同士に戻っておしゃべりしましょね~。

よっしゃあ! ヒョウ柄パワーでインド映画を応援や! まかしとき!
Unknown (パゴール)
2013-04-27 07:01:23
よっしゃあ! ヒョウ柄パワーでインド映画を応援や! まかしとき!

う、うわ、その勢い、もう京橋のおばはん負けてまんがな。吉祥寺でヒョウ柄のパンツ買うて待機してますわーー 再会楽しみにしてまっせ!
Unknown (ルク子)
2013-04-29 00:03:16
こんばんは!コメントいただけて、感謝です!

遅くなってしまいましたが、私が映り込んでいても、私としてはとくに問題ないです。むしろ光栄です!

ボリ4も始まって、なんだかこのままインド映画が日本に定着してくれるんじゃないかと、期待してしまいます。派手な企画ものの宣伝じゃなくて、OSOでファラ・カーン監督が来日したように、公開にあわせて俳優や監督などの来日を期待したいです!

あとは、今回のボリウッド4でもそうですが、ゲストトークなどは貴重だと思います。松岡さんの回、今回は残念ながらうかがえません(涙)が、このブログでもまたご様子をお伝えいただけると嬉しいです。

どこかでインド映画を常時上映してくれる映画館が出て来てくれるといいのですが~。もっともっと回りを巻き込めるよう、私も布教します!

ハリウッド俳優さえ「顔があっさり」と思える、ルク子でした♡ これからもよろしくお願いします。
ルク子様 (cinetama)
2013-04-29 09:36:38
再度のコメントをいただき、ありがとうございました。

おっしゃるとおり、本当に「定着」してほしいです。年に数本でもいいので、コンスタントに上映されるようになってくれて、話題作の時にはゲスト来日もあるとかになるといいですね。
でも今年は、このあと『スタンリーのお弁当箱』、そしてもう1本隠し球作品が控えています。残念ながら「ボリウッド映画」とは言えない作品ですが、面白いインド映画であることは太鼓判!の作品です。楽しみに待っていて下さいね。

南インド映画も含めて、インド映画の定着上映めざしてがんばるナマステ!(ナン子ちゃん語。この頃影響されている....)
Unknown (ルク子)
2013-05-04 04:03:57
再々度のコメント失礼しますm(. .)m

昨日やっと、ボリ4デビューしました!「命ある限り」も松岡さんの字幕でしたね~。私はYash-jiの映像だけで涙してしまいました・・・。

スタンリーもチケットゲット済みです♡

もう1本の隠し球・・・なんでしょう。楽しみです!

インド映画が日本で定着してくれるかは、私たち聴衆の肩にもかかっていますね。がんばるナマステ!(昨日、ナン子ちゃんと写真撮りました 笑)

今日はDONです~!DON1作目から・・・いえ、父バッチャン版から上映してほしいです~。
ルク子様 (cinetama)
2013-05-04 09:13:46
またコメントをお寄せ下さり、ありがとうございます~。

隠し球は6月には試写が始まるそうなので、6月に入ったらタイトルが露出するのでは、と思います。もうちょっと、お待ち下さいね~。仰天!の作品です。

ナン子ちゃん、横顔で盛り上がってましたが、私も早く会いたいですナマステ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。