アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

香港返還から20年、香港は、今~『十年』

2017-07-01 | 香港映画

1997年7月1日、香港がイギリスから中国に返還されて、本日でちょうど20年になります。中国側から言うと「回帰」となるのですが、この20年の香港の激変ぶりは、最近のテレビや新聞での報道で皆様もご存じだと思います。その変化を香港の映画人たちがどう見ているのか、ということを5本の短編で描いた作品が『十年』(2015)で、香港で大きな話題になった本作が、やっと日本でも公開されることになりました。まずはデータと、チラシ画像をどうぞ。

『十年』 公式サイト 

2015年/香港/広東語/108分/原題:十年/英語題:TEN YEARS
<各パートの監督>
 第1話『エキストラ』
  監督:クォック・ジョン(郭臻)
 第2話『冬のセミ』
  監督:ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
 第3話『方言』
  監督:ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
 第4話『焼身自殺者』
  監督:キウィ・チョウ(周冠威)
 第5話『地元産の卵』
  監督:ン・ガーリョン(伍嘉良)

 配給:スノーブレイク
7月22日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開



実は、本日『十年』を詳しくご紹介するはずが、配給会社さんからいただいた画像データをDLし忘れて期限切れになる、というドジをやってしまいました。後日再度お願いして画像をいただき、個々のパートをご紹介したいと思います。公開日は7月22日(土)なので、今しばらくお待ち下さいね。最後に予告編を付けておきます。

香港の未来はどうなるのか!?映画『十年』予告編


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月のインド映画『裁き』を... | トップ | 「映画ログ」でインド映画特集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

香港映画」カテゴリの最新記事