アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

インド映画『裁き』トークイベント

2017-07-14 | インド映画

チャイタニヤ・タームハネー監督の『裁き』が公開されて1週間。ツイッターには鋭いコメント、意外なコメント、面白いコメントなどが続々上がってきています。公式サイトのツイッターを見てみて下さいね。みなさんの「書く気スイッチ」をバチッとONにしてしまったようで、これまた鋭い映画評がブログ等にもざっくざくアップされています。


私はもう、書きたいことはかなり書いてしまったので、「あとはしゃべるしかないですねー」と、ネタバレご免のトークショーをさせていただくことになりました。7月16日(日)の11:15の回上映後@ユーロスペースです。私も全部わかっているわけではないのですが、「あー、そこ、見逃していた!」とおっしゃるような、映画に隠されている小さな記号のいくつかについてもお話したいと思っています。もちろん、ブログに書いたようなこともしゃべりますので、「そんなの、すでに読んで知ってるぅ!」と言わないで下さいね(^^)。


『裁き』は見れば見るほど、緻密に構成された作品だということがわかってきます。映画というものは本来そうなのですが、おおらかな作りのインド映画を見慣れた目からすると、こういう新しい監督世代が誕生しつつあるという発見は嬉しい驚きでした。サタジット・レイ世代とも、また、1970・80年代のニューシネマ世代とも違って、叙情性を排したクールな作りが現代にぴったりです。では、16日、ユーロスペースでお目に掛かりましょう! 『裁き』の公式サイトはこちらです。


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国ドキュメンタリー映画上... | トップ | 韓国映画つるべ打ち<6>『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。