お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

5/16 千葉ロッテマリーンズ戦 7回戦

2017-05-17 10:03:56 | ライオンズ 2017
 
  5月16日はZOZOマリンでの千葉ロッテマリーンズ戦でした。
 
  野上投手の好投から必死の継投で1点差の勝利です!
 
  久々に野上投手がナイスピッチングでした!
 
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2017年5月16日(火)  ZOZOマリン(18時15分試合開始)
   千葉ロッテマリーンズ戦   7回戦(4勝2敗1分)
    観客数:11343人   試合時間:2時間59分

 
TEAM101112
 Lions   11
 Marines   
  球審:市川貴之 / 塁審(一):牧田匡平 / 塁審(二):有隅昭二 / 塁審(三):村山太朗
 
勝利投手 野上(L)3勝4敗0S
セーブ 増田(L)0勝1敗5S
敗戦投手 チェン(M)1勝1敗0S
本塁打 
 
盗 塁 
 
バッテリー 野上、牧田、シュリッター、増田 - 炭谷
 チェン、酒居、有吉、土肥、大谷 - 吉田、田村
 
スターティングメンバー
M a r i n e s L i o n s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 荻野 貴司 秋山 翔吾
 パラデス 源田 壮亮
 鈴木 大地 浅村 栄斗
 ダフィー 中村 剛也
 井口 資仁 メヒア
 根元 俊一 渡辺 直人
 清田 育宏 木村 文紀
 平沢 大河 外崎 修汰
 吉田 裕太 炭谷 銀仁朗
  チェン・グァンユウ  野上 亮磨
 

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(中) 秋山 翔吾.3193110020000
(遊) 源田 壮亮.3105110200000
(二) 浅村 栄斗.3565121100000
(三) 中村 剛也.2705012200000
(一) メヒア.2964020010000
(指) 渡辺 直人.3212010010000
 打指 栗山 巧.2301000000000
(右) 木村 文紀.2104000200000
(左) 外崎 修汰.2004020100000
  田代 将太郎.0770000000000
(捕) 炭谷 銀仁朗.2082010002000
合 計.264353113842000

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(中) 秋山中 飛 四 球 二 安遊 直 四 球  
(遊) 源田左 飛 空三振 左 安遊ゴロ 空三振 
(二) 浅村見三振 投ゴロ 左 安 遊ゴロ 右 安
(三) 中村 空三振 二 直右 安 右 飛 空三振
(一) メヒア ニゴロ 左 安四 球 中 安 右 飛
(指) 渡辺 左 2 四 球右邪飛    
 打指 栗山      ニゴロ  
(右) 木村文 遊ゴロ 見三振見三振  中 飛 
(左) 外崎  三 安空三振 右 安 遊ゴロ 
  田代         
(捕) 炭谷  投犠打 遊ゴロ投犠打 右 2 
  岡田         
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
 野上 亮磨3.2962283504111
 牧田 和久0.001522101100
 シュリッター1.691518201011
 増田 達至1.691314000000

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  投手力での逃げ切りに成功!
 
  あと1点取れていればもっと楽な試合展開に出来たんですが、
 
  チャンスは作りながらもマリーンズ投手陣の奮闘に追加点を奪えず
 
  ライオンズ投手陣の粘りで接戦をものにしました。
 
 
  ポイントは5回裏を1失点で凌げた場面。
 
  5回表に3点を奪った後の直後の5回裏)
 
  先頭の根元選手に初球を左中間を破るツーベースヒットを打たれて無死2塁、
 
  続く清田選手にはファースト強襲のライト前タイムリーヒットを打たれ3対1に、なお無死1塁、
  (メヒア選手が捕れたと思ったんですが、残念ながら抜けてしまいました)
 
  続く平沢選手をショートゴロダブルプレーに抑えて二死、
 
  続く吉田選手を空振り三振に抑えてこの回を乗り切りました。
 
 
  平沢選手の打席に送りバントで走者を進められて、
 
  吉田選手の打席で福浦選手でも代打で出されていると物凄く嫌だったんですが、
 
  5回裏ということでマリーンズは思い切った策をうってこなかったので助かりました。

 
  特に、平沢選手のゲッツは野上投手を助けました。 
 
  マリーンズの調子の悪さに助けられた格好にはなりましたが、
 
  野上投手が復調の気配を感じさせてくれました。
 
  そして、ローテーションを組み替えたベンチの期待に、
 
  まずこの試合では応えてくれたと思います。
 
  野上投手にとっても、ライオンズにとっても、次回の登板が大事になります。
 
  開幕直後の好調を取り戻して欲しいと思います。
 
 
 
 
  この試合ではチャンスは作るものの3点しか奪えませんでしたが、
 
  こういった試合で勝てたのは大きいと思います。
 
  絶不調のマリーンズ相手に初戦を取れたので、
 
  ここは2カード連続の3連勝を狙っていきましょう!
 
 
 
 
 
  辻監督のコメントを。
 
 
 
 
  辻監督コメント
 
 
  野上は立ち上がりは決して良くはなかったけど、中盤から持ち味がでたね。
  ここのところ結果が出ていなかったので、こういう時は勝ちが一番だ。
 
  5回、浅村、中村の連打があり3点をとったが、
  あの場面は1、2番がしっかり塁に出て、チャンスを作ったのが大きかった。
 
 
 
 
 
  ということでした。
 
 
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
5月17日(水) vs 千葉ロッテマリーンズ   8回戦   ZOZOマリン  18時15分試合開始
 
千葉ロッテマリーンズ 埼玉西武ライオンズ
対 L   2 勝 4 敗 1 分対 M   4 勝 2 敗 1 分
 
予告先発55ス タ ン リ ッ ジ右投 予告先発17高 橋  光 成右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績5.34今季成績4.45
vs L 成績vs M 成績

 
 
 
  と、発表されております。
 
  高橋光投手の先発です。
 
  正直かなり不安です。
 
  3回くらいから1球ごとに投げた後の形が違ってくる高橋光投手に先発させるのは不安しかありません。
 
  毎回のように書きますが、今シーズンはフォームを固める意味でも、
 
  経験を積ます意味でも、高橋光投手はリリーフに回すべきだと思います。
 
  恐らく継投になるとは思いますが、早い回の失点を出来るだけ減らして、
 
  頼れるリリーフ陣に繋いで欲しいと思います。
 
  第2戦で勝って、このカードの勝ち越しを決めて第3戦目を迎えましょう!
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から千葉ロッテマリーン... | トップ | 5/17 千葉ロッテマリー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL