お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

7/11 千葉ロッテマリーンズ戦 12回戦

2017-07-12 10:56:47 | ライオンズ 2017
 
  7月11日もメットライフドームでの千葉ロッテマリーンズ戦でした。
 
  驚きの大量得点での勝利ながらも、6失点は取られ過ぎです!
 
  角中選手に打たれ過ぎです!
 
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2017年7月11日(火)  メットライフドーム(18時試合開始)
   千葉ロッテマリーンズ戦   12回戦(8勝3敗1分)
    観客数:14047人   試合時間:3時間8分

 
TEAM101112
 Marines   11
 Lions   1617
  球審:長井功一 / 塁審(一):橋本信治 / 塁審(二):木内九二生 / 塁審(三):有隈昭二
 
勝利投手 野上(L)6勝6敗0S
セーブ 岡本(L)3勝0敗1S
敗戦投手 二木(M)4勝3敗0S
本塁打 中村2号(2回ソロ)、パラデス7号(7回2ラン)
 浅村8号(1回ソロ)、浅村9号(2回3ラン)、秋山16号(4回3ラン)
盗 塁 
 
バッテリー 二木、高野、東條、宮崎 - 吉田、江村、田村
 野上、岡本 - 炭谷、上本
 
スターティングメンバー
L i o n s M a r i n e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 秋山 翔吾 伊志嶺 翔大
 源田 壮亮 加藤 翔平
 浅村 栄斗 角中 勝也
 中村 剛也 パラデス
 栗山 巧 鈴木 大地
 山川 穂高 中村 奨吾
 外崎 修汰 ペーニャ
 炭谷 銀仁朗 三木 亮
 金子 侑司 吉田 裕太
  野上 亮磨  二木 康太
 

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(中) 秋山 翔吾.3195234100001
(遊) 源田 壮亮.2665121000000
(二) 浅村 栄斗.3074224010002
(三) 中村 剛也.2344000200000
  水口 大地.3501010000000
(指) 栗山 巧.2632210010000
 打指 メヒア.2552000000000
(一) 山川 穂高.1823211120000
(左)三 外崎 修汰.2215330200000
(捕) 炭谷 銀仁朗.2803333000000
 打捕 上本 達之.1252000000000
(右) 金子 侑司.2944112110000
合 計.25840161715750013

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(中) 秋山空三振中 飛中 安右 本  一 安   
(遊) 源田一ゴロ右 2中 飛中 飛  右 安  
(二) 浅村右 本左 本右 飛 四 球 二併打  
(三) 中村遊ゴロ空三振空三振 左 飛    
  水口      中 安  
(指) 栗山 右 2死 球ニゴロ     
 打指 メヒア    二併打 三ゴロ  
(一) 山川 右 2四 球遊 直 見三振 死 球 
(左)三 外崎 左 安左 安暴振逃 中 2 空三振 
(捕) 炭谷 左 安左 安中 安     
 打捕 上本     ニゴロ 一ゴロ 
(右) 金子侑 空三振右 安四 球 遊ゴロ 遊ゴロ 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数投球数打者数被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
 野上 亮磨3.456110278110144
 岡本 洋介3.20346133121022

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  このちょっと気の抜ける試合を投手2人で乗り切ったのは大きいと思います。
 
  気の緩みが出そうな打線も最後まで集中してくれてたと思います。
 
  効果的な選手交代も効きました!
 
  特に、ここ最近の水口選手の活躍には目を奪われてしまいます。
 
  もう少しチャンスを与えてあげてもいいと思っていたのですが、
 
  この試合では始めてレフトを守るなど、後半戦に向けてのアピールが出来たと思います。
 
 
 
  試合は2回裏の大量6得点で決着は付いていました。
 
  課題は角中選手に打たれ過ぎたことです。
 
  ここ2週間くらいの課題ですが、同じ選手にだけ打たれ過ぎです。
 
  そこは猛烈に反省して下さい!
 
  リードが悪いのか?
 
  ピッチャーが力むのかは分かりませんが、
 
  おんなじ選手に1試合で、2安打ではなく3安打される試合も結構ありました。
 
  この試合でも6回以降は角中選手の打席になる度に、
 
  「この打席は抑えて!」
 
  と思いながら見ていたものの5打数4安打・・・。
 
  最終打席の9回表にようやくアウトを奪うことが出来ました。
 
 
  明日に繋がる1点どころではない以上の失点をしてしまいましたので、
 
  打ち過ぎた後でもありますし、今日の試合は少し心配です。
 
 
 
 
 
  辻監督のコメントを。
 
 
 
 
  辻監督コメント
 
 
  (17安打16得点となったが)
  フリーバッティングを見ていて、だいぶバッティングの感じがよくなったとは思っていました。
 
  (苦手なマリーンズ・二木を攻略した)
  うちはなかなか二木投手に苦戦して打てなかったのですが、コンパクトに、低めの球に手を出さないように、
  好球必打というところで結果がよかったんじゃないかと思います。
 
  (浅村の2打席連続ホームランについて)
  浅村はずっと苦しんでいて、メットライフに戻ってきてからはバッティングの調子がよかった。
  昨日もよかったし、今日も内容が非常にいいですね。
  苦しんだ分疲れはあると思うんですが、非常にバッティングの調子が上がってきていると思います。
 
  (炭谷の3打席連続タイムリーについて)
  彼はバッティングについていろいろ言われますが、非常によくなっている。
  いい打ち方をしているので、ヒットゾーンに飛んでいる。
  内容が非常にいいバッティングをしてくれました。
 
  (先発の野上について)
  彼らしくないというか、もうひとつでした。
  打線が大量点を取ってくれたということで、ピッチングは楽になったと思う。
 
  (明日がオールスター前最後のゲーム)
  ぜひ勝って終わりたい。
  このままずっとバッティングの調子がよかったら休みがなくてもいいかなと思います。
  でも選手たちは7連戦中で、暑い中がんばってくれていますから、しっかり明日勝てるように締めくくれれば嬉しいなと思います。
 
  (明日の先発・ファイフに期待すること)
  2回目ですから、精神的にも前回とは違うと思う。
  オールスター前で後ろの中継ぎ陣がたくさんいますから、いけるところまでとにかくがんばってもらえればいいかなと思います。
 
 
 
 
 
  ということでした。
 
 
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
7月12日(水) vs 千葉ロッテマリーンズ   13回戦   メットライフドーム  18時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
対 M  8 勝 3 敗 1 分対 L   3 勝 8 敗 1 分
 
予告先発69フ ァ イ フ右投 予告先発15関 谷  亮 太右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績8.10今季成績2.70
vs M 成績vs L 成績

 
 
 
  と、発表されております。
 
  同一カード3連勝がかかった前半戦最後の試合にファイフ投手が先発です。
 
  前回登板は来日初登板だったということもありましたが、
 
  3回1/3で87球は多過ぎました。
 
  この試合の投球次第で後半戦の先発ローテーション入りとなるのかが
 
  判断されると思いますので、ファイフ投手の実力を発揮して欲しいと思います。
 
  今日勝てば43勝34敗で貯金が9!
 
  負ければ42勝35敗で貯金が7!
 
  現状目指す目標は貯金を二桁にすることだと思いますので、
 
  後半戦に向けて非常に大事な試合だと思います。
 
  是が非でも勝利で前半戦を締め括ってください!
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 J1リーグ 第1... | トップ | 7/12 千葉ロッテマリー... »

コメントを投稿

ライオンズ 2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL