お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

4/19 東北楽天ゴールデンイーグルス戦 3回戦

2017-04-20 10:38:05 | ライオンズ 2017
 
  4月19日はメットライフドームで東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。
 
  メチャクチャ大きいサヨナラ勝利でした!
 
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2017年4月19日(水)  メットライフドーム(18時試合開始)
   東北楽天ゴールデンイーグルス戦   3回戦(2勝1敗0分)
    観客数:11476人   試合時間:3時間42分

 
TEAM101112
 Eagles11
 Lions1✕5✕11
  球審:桝田昌夫 / 塁審(一):木内九二生 / 塁審(二):丹波幸一 / 塁審(三):石山智也
 
勝利投手 武隈(L)1勝0敗0S
セーブ 
敗戦投手 森原(E)0勝1敗0S
本塁打 茂木4号(1回ソロ)、ペゲーロ6号(5回ソロ)
 中村4号(6回ソロ)
盗 塁 
 
バッテリー 則本、松井裕、福山、ハーマン、森原 - 嶋
 多和田、野田、大石、シュリッター、増田、牧田、武隈 - 炭谷、岡田
 
スターティングメンバー
L i o n s E a g l e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 秋山 翔吾 茂木 栄五郎
 源田 壮亮 ペゲーロ
 浅村 栄斗 ウィーラー
 中村 剛也 アマダー
 メヒア 銀 次
 渡辺 直人 島内 宏明
 外崎 修汰 岡島 豪郎
 木村 文紀 藤田 一也
 炭谷 銀仁朗 嶋 基宏
  多和田 真三郎  則本 昂大
 

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(中) 秋山 翔吾.2555330010000
(遊) 源田 壮亮.2185000201000
(二) 浅村 栄斗.4195033100000
(三) 中村 剛也.3455121000001
(一) メヒア.2755000200000
(指) 渡辺 直人.3084000300000
 打指 山川 穂高.1671000000000
(左) 外崎 修汰.2505020200000
  斉藤 彰吾.1430000000000
(右) 木村 文紀.1464000110000
(捕) 炭谷 銀仁朗.2352000100000
  田代 将太郎.1031110000000
  岡田 雅利.1251000001000
合 計.2564351141222001

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(中) 秋山中 飛 ニゴロ  中 2 左 安四 球  左 安
(遊) 源田投ゴロ  空三振 右 飛 捕犠打三邪飛  空三振
(二) 浅村空三振  三 飛 右犠飛 中 安 左 安 右 2
(三) 中村 中 飛 中 安 左 本 捕邪飛 右 飛  
(一) メヒア ニゴロ 見三振 空三振 三 失 三ゴロ  
(指) 渡辺 空三振  空三振 遊ゴロ空三振    
 打指 山川         遊 飛  
(左) 外崎  三ゴロ 左 2 空三振 左 安 見三振 
  斉藤            
(右) 木村文  四 球 空三振 二 飛 捕ゴロ 一 飛 
(捕) 炭谷  遊ゴロ 空三振       
  田代       投 安    
  岡田        投犠打 一 飛 
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
  多和田 真三郎8.3162774723233
  野田 昇吾3.380.1/3212001111
  大石 達也0.000.2/338101000
  シュリッター0.001311000000
 増田 達至1.801310101000
 牧田 和久 0.002831203000
 武隈 祥太0.001310002000

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  劇的な延長12回裏サヨナラ勝利となりました。
 
  首位イーグルスとの2連戦を1勝1敗で乗り切ったのも大きかったと思います。
 
  送りバント失敗等の反省すべき場面もありましたが、
 
  この苦しい試合を勝利したことを喜びましょう!
 
 
 
  多和田投手は左打者に打たれ過ぎているのを何とかしないと、
 
  苦しい投球が続きそうです。
 
  2年目のジンクスというか、昨季と同様に空振りを取れる回数が少ないのが厳しいところです。
 
  則本投手のように意識して高目のストレートを使うというような工夫がもう少し必要な気もします。
 
 
  2番手の野田投手は登板して早々の四球が失点に繋がってしまいました。
 
  3番手の大石投手は野田投手の登板直後にタイムリーを打たれてしまいました。
 
  この試合の大石投手は久々に悪かったと思います。
 
  4番手のシュリッター投手はイーグルス打線の勢いを一旦止めてくれました。
 
  5番手の増田投手は一死からヒットは許すもダブルプレーで三人で終わらせてくれました。
 
  6番手の牧田投手は延長戦の2イニングをヒットは打たれながらも危なげないピッチングで抑えてくれました。
 
  7番手の武隈投手は二者連続三振で三者凡退という圧巻のピッチングで勝利投手に!
 
 
  打たれた投手もいましたが、1イニングに2点目を許さない最少失点で乗り切りサヨナラ勝利に繋げてくれました。
 
  多和田投手が若干不安でしたが、皆さんナイスピッチングでした。
 
 
 
  攻撃で言えば12回裏のサヨナラなんでしょうが、
 
  僕的には6回裏の攻撃が印象に残りました。
 
  0対2で負けていた6回裏の攻撃は1番から始まる好打順でした。
 
 
  先頭の秋山選手が左中間を破るツーベースヒットで出塁。
 
  続く源田選手は初球を3塁線へセーフティバントを試みるもファウルに、
 
  2球目をライトへフライを打ち上げて秋山選手がタッチアップから3塁へ進塁し一死3塁。
 
  続く浅村選手がライトへの犠牲フライで1対2に!
 
  続く中村選手がフルカウントからの6球目を左中間スタンド上段へ第4号同点ソロホームラン!
 
  続くメヒア選手は空振り三振でチェンジに。
 
 
  この1番から始まる、どうしても1点返したいイニングに1点返せたこと、
 
  そして、犠牲フライでの得点ということで二死無走者から主砲の一発で同点に追い付けたこと、
 
  この回の2点はかなり大きかったと思います。
 
 
 
  あとは8回裏のラッキーも重なっての同点にした場面も。
 
  8回裏無死2・1塁から源田選手がキッチリと送りバントを決めてくれて、
 
  続く浅村選手のセンター前タイムリーヒットで3対4にして、なお一死3・1塁。
 
  この打球はセンターの島内選手が追い付いていたのにショートの茂木選手が深追いし過ぎて捕れずでした。
 
  続く中村選手が初球キャッチャーファウルフライに倒れてアカンと思っていたんですが、
 
  続くメヒア選手が初球を打ってサードゴロでチェンジ、と思いきやウィーラー選手が打球をこぼして、
 
  あせったのかファンブルしてから1塁へ送球するもメヒア選手の足が一瞬早くタイムリーエラーになり同点に!
 
  メヒア選手が珍しく良く走ってくれました。
 
  もう少し普段から1塁へ真剣に走って欲しいとは思いますが、1塁セーフとなった瞬間のメヒア選手の
 
  ガッツポーズも印象的でした。
 
 
 
  9回裏には無死1塁から木村文選手が送りバントを失敗するも、
 
  続く岡田捕手が初球できっちり送りバントを決めてくれたり、
 
  12回裏も無死1塁から源田選手が送りバントを2度ファウルした後に空振り三振するも、
 
  続く浅村選手がフルカウントからランエンドヒットの形で右中間を破るサヨナラタイムリーヒットで試合を決めてくれたり、
 
  味方のミスをしっかりとカバーしてくれました。
 
 
 
  同点で終わってしまうのと、サヨナラ勝利するのとでは次戦に繋がる勢いが違ってくるはずです。
 
  このままの勢いを持って次節に挑んで欲しいと思います。
 
 
 
 
 
  辻監督のコメントを。
 
 
 
 
  辻監督コメント
 
 
  (試合を終えて)
  助けられました。
  本当に。
  4点目を防げなかったところは失敗しましたね。
 
  (序盤の劣勢を跳ねのけてのサヨナラ勝ちについて)
  則本が前回の悔しさを晴らすような、気持ちの入った素晴らしいピッチングをしていた。
  序盤にちょっと球数を投げさせたのが良かったと思います。
  必ず中盤から少しずつチャンスが出てくるかもしれないし、球威も落ちたところで隙がでてくるかもしれない。
  粘り強くと思うところで、本当に選手がよくやってくれました。
 
  (あきらめない気持ちが伝わってくるゲームだった)
  結果として、気分的には裏の攻撃で12回は楽でした。
  先頭で出たバッターが素晴らしいし、ミスした後にキャプテンがしっかり打ってくれた。
  良い形で最後が締まりましたね。
 
  (浅村のサヨナラ打について)
  浅村の持ち味を無くしてはいけませんが、カウント3-2までもっていってランエンドヒットの形が取れました。
  本人もコンパクトにという気持ちで打ったと思います。
  それが結果につながったと感じています。
 
  (監督就任後、初のサヨナラ勝ち)
  非常にうれしいですけど、やっぱり野球は難しいと言いますか・・・。
  自分が反省する点があって、初めて今日迷いました。
 
  (今後に勢いづくゲームになったのでは)
  昨日敗れたので、今日は大事な試合。
  エース則本ですから、このような形で勝てたことは今後に向けていい1勝になったと思います。
 
 
 
 
 
  ということでした。
 
 
 
 
 
  今日は試合がありません。
 
  サヨナラ勝利の余韻に浸りつつ次節に備えて下さい。
 
  次節は4月21日(金)~23日(日)のメットライフドームでのファイターズ3連戦!
 
  今一つ調子が上がってこないファイターズ相手ですから、
 
  最低でも勝ち越し出来るようにお願いします。
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 J1リーグ 第7... | トップ | 2017 J1リーグ 第8節 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL