お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

10/14 クライマックスシリーズ・ファーストステージ 1回戦

2017-10-15 10:16:59 | ライオンズ 2017
 
  10月14日からクライマックスシリーズ・ファーストステージが始まりました。
 
  本拠地メットライフドームで対東北楽天ゴールデンイーグルス1回戦が行われ、
 
  菊池投手の見事なピッチングと12安打10得点も猛攻で先勝!
 
  ファイナルステージ進出に向けて王手をかけました。
 
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  クライマックスシリーズ・ファーストステージ
   2017年10月14日(土)  メットライフドーム(13時試合開始)
    東北楽天ゴールデンイーグルス戦   1回戦(1勝0敗0分)
     観客数:32547人   試合時間:3時間0分

 
TEAM101112
 Eagles   
 Lions   1012
  球審:小林和公 / 塁審(一):牧田匡平 / 塁審(二):秋村謙宏 / 塁審(三):石山智也
  / 外審(左):西本欣司 / 外審(右):深谷篤
 
勝利投手 菊池(L)1勝0敗0S
セーブ 
敗戦投手 則本(E)0勝1敗0S
本塁打 
 浅村1号(1回2ラン)、中村1号(6回3ラン)
盗 塁 
 
バッテリー 則本、青山、高梨、宋家豪 - 嶋、足立
 菊池 - 炭谷
 
スターティングメンバー
L i o n s E a g l e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 秋山 翔吾 茂木 栄五郎
 源田 壮亮 藤田 一也
 浅村 栄斗 ペゲーロ
 山川 穂高 ウィーラー
 森 友哉 銀次
 外崎 修汰 島内 宏明
 中村 剛也 岡島 豪郎
 炭谷 銀仁朗 オコエ 瑠偉
 金子 侑司 嶋 基宏
  菊池 雄星  則本 昂大
 

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(中) 秋山 翔吾.2005011000000
(遊) 源田 壮亮.2504111110000
(二) 浅村 栄斗.2504112010001
(一) 山川 穂高.7504230010010
(指) 森 友哉.2504110110000
(右) 外崎 修汰.0003200020000
(三) 中村 剛也.2504114100001
(捕) 炭谷 銀仁朗.7504132000000
(左) 金子 侑司.3333110110000
合 計.34335101210470012

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(中) 秋山二 飛左 飛左 安 左 飛 中 飛   
(遊) 源田死 球中 飛中 安 見三振 三ゴロ  
(二) 浅村左 本
 
 四 球  中 飛
 
二 飛
 
  
一 飛
(一) 山川四 球 左 安右 安 右 安 三 飛 
(指) 森空三振 四 球中 飛 左 飛 右 安 
(右) 外崎四 球 遊ゴロニゴロ 四 球 ニゴロ 
(三) 中村三ゴロ 中犠飛三 直 左 本 空三振 
(捕) 炭谷 中 安左 2 遊ゴロ中 安   
(左) 金子侑 三ゴロ四 球 中 2見三振   
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数投球数打者数被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
 菊池 雄星0.009121335091000

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  序盤は両先発ともにやや不安定な立ち上がりとなりましたが、
 
  菊池投手が完封勝利で10安打12得点の猛攻となりました。
 
 
  1回裏の浅村選手の先制2ランも、
 
  3回裏に打者10人の猛攻で挙げた5点も、
 
  6回裏に中村選手がダメ押しの3ランも、
 
  金子侑選手の好守備も、
 
  菊池投手の完封勝利も、
 
  どれも素晴らしかったのですが、
 
  この試合では、
 
  2回表の無死1塁から島内選手が送りバントを試みるも、
 
  炭谷捕手の目の前に転がった打球を素早く捕球して2塁へ送球、
 
  2塁ベースカバーの源田選手から1塁ベースカバーの浅村選手へ素早く送球しての
 
  ダブルプレーが勝敗の分かれ目だったと思います。
 
  送りバント失敗だけでなく、ダブルプレーに出来たこの守備がとてつもなく大きかったと思いました。
 
  この炭谷捕手のファインプレーが、菊池投手の好投にも繋がり、
 
  炭谷捕手自身の3安打2打点1得点という大活躍にも繋がったと思います。
 
 
 
  この大事な初戦で勝てたのは大きいと思います。
 
  が、
 
  イーグルスの立場から言えば、
 
  絶対的に苦手な菊池投手に抑えられるのはしょうがない、
 
  エース則本投手が不調で打ち込まれて負けたらしょうがない、
 
  ということで、気分を切り替えやすい敗戦だったように思えました。
 
  このまま反撃のチャンスを与えることなく2連勝で福岡へいきましょう。
 
 
 
 
 
  辻監督のコメントは確認できませんでした。
 
 
 
 

 
  辻監督コメント
 
 
  
 

 
 
 
 
  ということでした。
 
 
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
クライマックスシリーズ・ファーストステージ
 
 
10月15日(日) vs 東北楽天ゴールデンイーグルス   2回戦   メットライフドーム  13時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
対 E   1 勝 0 敗 0 分対 L   0 勝 1 敗 0 分
 
予告先発21十 亀  剣右投 予告先発11岸  孝 之右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績3.4020今季成績2.762610
vs E 成績1.78vs L 成績2.45

 
 
 
  と、発表されております。
 
  一気に連勝して決めましょう!
 
  ヤフオクドームで福岡ソフトバンクホークスが待っています!
 
  今日で決めて下さい、お願いします。 m ( . . ) m
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加