美容室シンデレラ 心に響くエッセンス

人生を歩んでいくうちに出逢う沢山の喜びや哀しみ
乗り越えなければならない大きな壁にぶつかった時
そっと読んで欲しい

高知で美味しい焼肉を食べるならここ!

2017-01-03 12:37:06 | 高知のグルメ

いつもブログを見て頂き

ありがとうございますm(__)m

今回は私が愛して止まない

高知市内の焼肉やさんをご紹介

いたします。

美容室シンデレラのHPでも

高知の食楽図鑑でご紹介して

おりますが、今回は新たに画像も

増やし、更に詳しく解説してみようと

思います。

「お色気なくてすみません」

のキャッチフレーズで有名な焼肉の

「天下味」さん

お肉を注文すると最初に焼き野菜が一皿

サービスで付いてきます

いつも決まって私が必ず注文するのは

「こだわり上カルビ」のタレ味

タレは塩と焼肉ダレの2種類から選べます。

こだわり上カルビは霜ふり具合が均等で

焼いて食べると、お口の中でトロリと

とろけます。

脂身が苦手だとついついロースを注文して

しまう人もいるでしょうが、ここに来たら

これを必ず食して欲しいのです。

個人的にはロースよりもやわらかくて

お味もジューシーで美味し過ぎます。

そしてもう2品食して欲しいおススメは

ホルモンの王道と言われる

「シマ腸」と「マル腸」のタレ味

脂はけっこうありますが、ホルモン

を食した翌日のお肌があまりにも

美し過ぎて我ながらうっとりして

しまいます(~o~)

コラーゲン効果が体中に浸みわたり

美魔女のようなお肌を実感できます♪

そして意外と知られていないのです

が、焼肉と一緒にホルモンを摂ると

消化を助け、胃にも負担をかけない

と言う説もございます。

画像手前にある2種類のツケダレですが

右にあるのが天下味さんオリジナルの

すりおりしりんごmixのレモンダレです。

焼けたお肉を左のタレにくぐらせたのち、

右のレモンダレに再度くぐらすと

脂がおちてさっぱりしたヘルシー焼肉に

変わります。

それからこれも絶対に外せない超おススメ

野菜です。

「つつみ菜セット」このセットは絶品です!

焼いたお肉をこのようにのせて包んで食べる。

細い千切りにした人参や大根の酢もの風の

味付けの野菜ともろ味噌にカリカリニンニク

もトッピングすると、更に美味になり、

大大満足!!

一度食べればヤミツキになります(~o~)

日本人は焼肉と白ごはんばかり食べるので

カロリーオーバーになりがちですが、

特製レモンダレとつつみ菜セットと一緒に

食せばかなりヘルシーなメニューになります!

炊きたての白ごはんもたまりません!!

かなり美味し過ぎます!

これは牛のテールスープ

コラーゲンのかたまりです。

スープのお味がさっぱりとした塩味なので

更にお肉のうまみを引き出しています。

これにラーメン入れてもイケそうです。

ちょっと汚くて申し訳ないのですが、

たくちゃん(例のサラリーマンの弟)が

あまりにも上手に食べて骨までしゃぶって

いたので撮影しました。

いつも肌荒れ?のたくちゃんですが、翌日

もの凄い美肌になっており、コラーゲン効果

を身を以て実感したそうで・・・)^o^(

そうそう、これも忘れてはいけません!

焼肉と言えば「白菜キムチ」がよく合うの

ですが、敢えて私はここでは

「きゅうりキムチ」を注文します。

もう、本当に本当にメチャメチャ

美味しいんです!

歯ごたえといい、ほんのり酢味の

あっさりキムチですが、美味しいので

いつもテイクアウトして帰るほどです。

今日もジュウジュウ美味しそうに焼肉が

焼けています。

「おごってあげるから一緒に食べにいかん?」

「え?どこいくが?」

「天下味よ!」

この名前を出すと、どんな人でも100%

付いて来ます。

そんな老舗の焼き肉店なのです。

天下味さんは桟橋本店・土佐道路店・南国店

3店舗のみが同じ味で統一されていますので

お間違いのないようにね♥

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知の宿・土佐御苑で過ごす... | トップ | 年末大掃除ベランダ編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。