新しい観点から書き込みをします。

色々な問題について思いつくまま時々書き込みをします。良いと思ったことは、実行してください。そして、幸せになってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そもそも自分は何のために結婚したいのかを・・考えてみましょう。

2012-05-04 20:01:03 | Weblog
素晴らしい相手に巡り会えますように祈ります。

結婚生活は男女ともお互いの自由は完全になくなります。
自分の自由がなくなることは、大いなる代償と言わざるをえません。
その意味で結婚をするということは、自らストレスの世界の中に飛び込んでいくということなのです。
その覚悟がない人があまりにも多すぎると思います。
つまり、具体的な結婚生活を描いていない人が多いと言うことです。
自分の都合のいい自分勝手な思い込みを前提に漠然と結婚生活というものを考えているのではないでしょうか。

自分勝手な思い込みをしている男女二人が主従関係を前提とした生活に入るわけですから当然「こんなはずではなかった・・」ということになるのです。
例えば・・女性だから料理が出来て当たり前・・・と誰が決めたのでしょうか・・???
子供を育てるのは、女性の役目・・・と、どうして決めつけられるのでしょうか・・・???
男は外で稼いで妻子を養う・・・今もその様な考え方が通用するのでしょうか・・・・???
結婚適齢期とは、いつから誰が言い出したのでしょうか・・・???  確かに男は何歳なっても精子は提供できます。 一方、女性が受胎するためには、
最適な年齢があるのは間違いありませんが、それが今の時代全ての女性に当てはまるのでしょうか・・??
私達は、時代とか・・現実を無視した・・社会的な思い込みによって 物事を考え行動しているのではないかと思うのです。

一昔は結婚とはそんなもの・・と、誰もが漠然と考え受け入れて来たかもしれませんが、今ほど多様な生き方の選択肢がある時代には
婚活をするうえにおいて、果たして一昔の結婚に関する慣習が通用するか考えてみる必要があると思います。

◆そもそも自分は何のために結婚したいのかを・・・です。
いざ結婚生活を始めたら 自分の思う通りには行かないことが 山のように出てくるのです。
夫の親・・妻の親・・双方の友人、知人、・・親類・・職場関係・・気の使う人間関係が連続して起きる結婚生活・・・それらに対する心構えはあるのでしょうか。
そして、夫の仕事・・・妻の仕事・・・いつ何が起きるかは誰も分からないのです。
子育てはどうするのですか?・・・男が仕事をして女は家庭の事をやるべき・・・昭和の高度成長期の考え方をいつまで引きずっているのですか・・??
いざとなったら、誰も自分達の生活を保障してはくれないのです。  それが今の日本の現実の姿であるはずです。
親がいつまで子供の面倒をみられるのでしょうか・・・今持っている資産のストックがいつまで持つと考えているのでしょうか・・・??
あらゆる現実的な問題に対して目をつむってやり過ごすことは出来ないはずです。

結婚する相手と本当に価値観を共有できなければ、様々な問題を乗り越えていけないのが 今の時代なのです。
それは夫の問題である・・・それこそ妻の問題である・・・だからそちらで解決してください・・では、成り立たないのが今の時代なのです。
いかに二人が問題を共有し、二人で知恵を出し協力し合って諸問題を乗り越えて行くのか・・その気構えがなければ、幸せな人生など手に入れる事は
不可能なのが現代だと思います。

その為には・・・・????

◆元気がもらえるサイト様
手足のないチアリーダー
◆可愛いサイト様
みゆみゆ日記
◆役立つサイト様
結婚アルバム参照
『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分にとって運命付けられた... | トップ | 幸せな結婚生活を実現するた... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おぉー (野上いちごの一緒にキャー!)
親日だそうだ、うれしい事です
買い物あれこれ (たぁこいず某ペーパー)
先月財布を買ったばかりなんだよねぇ・・・。