☆☆Day After Tomorrow☆☆

愛猫の琥珀と日常の出来事など

事件発生

2017年05月17日 | 日常

今日、明るいうちに仕事から帰宅できたので、植物に付いた虫退治をした。

霧吹きに水を入れて加圧しながら敷地の奥にある山椒の樹に向かう。


葉に付いたハダニやアブラムシに向かって、勢い良く水を当てて吹き飛ばして

ふと他の枝に目を移すと、やけに葉が茂っている箇所を発見。

最初は、気にせず水を吹き付けていたのだが、枝の様子がおかしい。

んっ

 

 

んんっ

 

 

んんんっ!!

 

 

枝が折れてる!!!!!

しかも主枝。




しばし茫然・・・・・・・・・。


だが、思い出してみたら枝が折れる(折られた)痕跡があったことを思い出した。

それは2日前の日曜日。

前日、雨が降って庭は水分を含んだ土でぬかるんでいた。

その日も、今日と同じように山椒の樹の虫退治をしようとしていた時に気づいた。

無数の足跡が白い土止めにあることを。

足のサイズは子供のようだ。

足の小さい女性のものでは決してない。

見た感じ、2人か3人分の子供の足跡が見られる。


その足後は、庭の奥まであり畑にしている場所は耕してあるので、他の場所より足跡がくっきり残っていた。

でその足跡は山椒の樹の根元にもあり、その横の日向夏の樹の横にもあった。

どちらも鋭いトゲがある植物である(動物から身を守るための防御のため)




我が家の周りは皆、小さな子供がおりよく家の前で親たちが立ち話をして、その周りを子供が遊んでいたりする。
またボールを使って遊ぶ親子もおり、時折、車に当てられりすることがある。

親も特に誤りに来たことがない。

ボールもやわらかいボールだけども、そのボールには砂などが付着している可能性があるので、
いくらやわらかいと言っても、石が車体を擦れば傷が入るのは間違いない。

ここら辺に生息する親子はその認識はないようだ。

たまに硬球を投げ合う大人もいる。
以前、見かけたときにガン見してやったことがある。

 

 

話は逸れたが、おそらく想像になるが、ボールか何かが我が家の庭に入りそれを取ろうとして侵入して枝を折った可能性が高い。

大事にしていたものを折られたのもあり、無性に腹が立ち近所で水撒きに出ていた人に、敷地内に入る場面を見かけた場合は注意するように、親たちに伝えてほしいと言っておいた。

 

 

ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数日で・・・。 | トップ | 点検で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL