週一寺社めぐり

原則として週一回 神社仏閣を訪れる

鏡作麻気神社  2012.12.09 Archives

2016年10月13日 | 神社仏閣

鏡作神社(八尾)2012.12.09   Archivesの続き                 

鏡作麻気神社 磯城郡田原本町小阪244  創立年代は不詳 文徳実録に、仁寿元年(851)正月正六位とあります 現在は、八尾の鏡作神社の境外末社です 江戸時代には、「春日社」「子安社」と呼ばれていたようです 祭神;天糠戸命あめのぬかどのみこと(天目一箇命の説もあり) 摂社;白山社、的場社 祭神の天糠戸命は石凝姥命(鏡作伊多の神)の御父です「麻気」は、鏡板を磨くことのようです  鳥居横に、小さな鏡池(神鏡を鋳て水を注いだ所)が残っています

  

拝殿

本殿

本殿

境内社絵馬絵馬

観音堂  

 

 

鏡作伊多神社(宮古) 宮古池の南西角に鎮座しています 元は、補屋大明神と称していたそうです 現在は八尾の鏡作神社の末社です明治初年の神仏分離の時、社地北側の地が字伊多といった為 式内社「鏡作伊多神社」比定されました

拝殿

本殿

  稲荷社

 

鏡作伊多神社(保津) 保津の環濠集落内に鎮座する延喜式内の古社です 明治以前は、牛頭天王社と呼ばれていたそうです  祭神;石許利止売命 摂社:宇間志麻遅神社(宇間志麻遅命)

 

拝殿

本殿

   本殿

 

岩見鏡作神社 古代祭祀の聖地であったと言われる、この地に居住した鏡の鋳造を業とした鏡作部の氏神です 小さな神社ですが、近辺にある鏡作神社の元々の本社とも言われます 現在は八尾の鏡作神社の末社です

  

拝殿

拝殿

本殿

   

 

 

 

 

宮古の薬師堂 磯城郡田原本町大字宮古字寺垣内
磯城郡田原本町の宮古集落にある「薬師堂」には、国の重要文化財に指定された美しい薬師如来像『宮古の薬師如来』がある

 

普段は中へは入れず、小さなのぞき窓が有って、そこから眺める仕組みに成っている。

   

薬師如来座像は、宮古集落の東方にある薬師堂(集会所と併設)に安置されている。檜の一木造りで、9世紀後半の作とみられる。像高96.6センチメートル。平安初期一木彫像の優品である。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別展 呉越国 大和文華館 ... | トップ | 氷室神社 天理市福住 2013.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。