週一寺社めぐり

原則として週一回 神社仏閣を訪れる

国東半島 臼杵石仏 2012.11.12 Archives

2016年10月18日 | 神社仏閣

臼杵石仏 大分県臼杵市深田804-1
古園石仏大日如来像に代表される臼杵石仏は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われている
平安時代から鎌倉時代にかけて彫られたと推定され、その規模、数量、質の高さは日本屈指。59体の仏像が国宝に指定されている

 

 

九品の弥陀像

 阿弥陀三尊像地蔵十王像

如来三尊像如来坐像山王山石仏

山王山石仏山王山石仏如来三尊像

愛染・薬師・阿弥陀・釈迦如来如来三尊像

   愛染明王

古園石仏古園石仏  大日如来及び諸尊像 13躯 古園石仏 不動明王

   

  供養塔

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国東半島 胎蔵寺 熊野磨崖... | トップ | 伝板蓋宮跡 飛鳥板蓋宮跡伝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。