週一寺社めぐり

原則として週一回 神社仏閣を訪れる

世尊寺(比曽寺)  2011.02.19 Archives

2017年04月29日 | 神社仏閣

史跡 比曽寺 霊鷲山 世尊寺  奈良県吉野郡大淀町比曽762
586年聖徳太子創建で、太子建立48ヶ寺の1つ、古くは、吉野寺、比蘇寺、栗天奉寺とも称し、「日本書紀」よると、欽明天皇14年5月茅渟海(ちぬノうみ、大阪湾)に光輝く樟木が漂着したので、溝辺直を遣わし、その木で阿弥陀如来坐像を彫って安置したから現光寺とも呼び、奈良時代多くの碩学の僧が住み、後に清和・宇多天皇の行幸、藤原道長の参詣、後醍醐天皇の行幸等があったが、中世以後、相次ぐ戦乱で焼失して荒廃し、今は後世の建物が建つ境内に礎石が散在し、山門の「猿」は左甚五郎作。

 

 

 

左:太子殿 右:本堂

本堂

本堂

 

扁額

山門

猿・左甚五郎扁額・日国、最初、法屈

 鐘樓

太子堂 

   

西塔跡礎石

東塔跡礎石

 

阿弥陀如来

 

芭蕉句碑  世にさかる 花にも念仏 まうしけり

石仏

境内

不老樹不老長寿の桜

鎮守社本殿

ロウバイ

壇上桜

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太閤園  2017.04.26 | トップ | 頂法寺  2011.04.13 A... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。