ちゅう太ブログ

将棋の棋士です。日常をのんびり綴ります。

にらみ合い

2016年12月24日 | 対局
棋王戦 対石川七段

相振り飛車の珍しい戦型になった。
長い序盤戦で、局面は進展せず、持ち時間だけが少しずつ減ってゆく。
それでも、自滅だけはしないように、粘り強く指すことを心がけた。

苦しい形勢を耐え続けて、ようやくチャンスが来た、と思った時には、
残り時間が10分を切っていた。
そこから一気に局面が動き、最後はなんとか寄せ切ることができた。

自分の技術を磨き、少しでも良い将棋が指せるようにしたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認識の誤り  | トップ | 相振り飛車編発売とイベント... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-07-01 14:56:17
序盤完全ガイド 相振り飛車編 、出されたんですね。歴史から指す棋士が少ない理由まで、詳細に書かれて非常に勉強になります。
連盟ももっとバンバン宣伝すればいいのに。店頭で見るまでちっとも知りませんでした。

コメントありがとうございます (ちゅう太)
2017-07-03 15:35:08
お買い上げありがとうございます! お役に立てたようで嬉しいです。
また、宣伝についてのアドバイスもありがとうございます。連盟発行ではないのでどこまで可能かは分かりませんが、多くの方に本書を存在を知っていただけるようにしたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。