加東市議会議員小川忠市 議会報告と活動報告

加東市議会報告や議員活動報告のブログです。
議会や市政への「よろず相談」も承っています。
お気軽にご利用下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第67回加東市議会(9月議会)の概要

2016年10月01日 | 加東市議会報告と情報

◆ 第67回 加東市議会定例会の概要 ◆

第67回加東市議会定例会(9月議会)は、9月1日から23日までの会期で開会された。

市長より、一般会計、特別会計、企業会計の補正予算案、条例の一部改正、人事案件等の議案が提案された。

平成27年度決算認定は、議長と監査議員を除く全議員で構成した決算特別委員会(長谷川幹雄委員長)を設置して審査した。結果、いずれの議案も原案の通り可決・認定・同意した。また、議員提出議案(加東市議会基本条例一部改正)には、一部議員から修正案が提出されたがこれを否決し原案を可決した。

本会議2日目には、8名の議員が一般質問を行った。

 

平成28年度一般会計補正予算の主な内容 (金額は概数)

 補正予算の概要 : 総務費で結婚新生活支援事業、民生費では、介護ロボット導入に対する補助事業や私立保育所のICT化推進補助事業の追加、農林水産業費では、鳥獣被害防止総合対策事業等の増額。商工費では、滝野温泉「ぽかぽ」や道の駅の管理運営事業の増額。土木費では、公営住宅維持補修事業の増額。また、嘱託職員、アルバイト職員の賃金改定等による増額と職員時間外勤務手当の増額。歳入では、平成27年度決算繰越金を2億9,900万円増額し、財政調整基金繰入金は2億6,915万円の減額。

◇ 結婚新生活支援事業・・・・540万円

  *世帯所得300万円未満の新規婚姻世帯に住居費等18万円を支給。

◇ 地域介護・福祉空間整備事業・・・・563万円

  *介護保険施設へ介護ロボット導入費補助(2施設)

  *スプリンクラー整備費補助(1施設)

◇ 保育所運営事業・・・・1,110万円

  *保育士業務負担軽減を図るため保育システム購入費補助費他

◇ 鳥獣被害防止総合対策事業・・・・250万円

  *長井・貞守・平木地区へ害獣進入防止柵資材購入補助費

 

◆ 契約案件 (8月8日開催の第66回臨時議会にて可決)

◇ 市営住宅小元団地新築工事(木造4棟/24戸、解体工事含む)

  *契約金額3億8,340万円(税込)

 

◆ 土地取得の件  

◇ 東条文化会館用地の借地を解消するために現用地を購入

  *2億7,604万6千円 / 面積=16,238㎡

 

◆ 条例改正 

◇ 加東市良好な環境の保全に関する条例の一部改正

 ・太陽光発電設備(10Kw以上)を設置する場合には、地域環境の保全との調和が図られるよう、市への届出及び住民等への説明を行うことを義務付ける。

 

◇ 加東市議会基本条例の一部改正

【議会運営委員会提出】(委員:井上・長谷川・二階・磯貝・小川・長谷川)

・条例施行6年を迎え、現状にそぐわないものや今後の議会活動を見据えた内容に対応するため。

★この議案に対しては修正案が提出された。(提出者:大畑・藤浦・高瀬)

採決の結果、修正案は賛成少数(賛成者:二階・山本・桑村・高瀬・藤浦・大畑)で否決され原案可決となった。(敬称略)

 

◆ 平成27年度会計別決算概要

 歳入概要   景気回復のきざしから個人市民税は増額となったが、法人市民税は税率の引き下げにより減少し、また、固定資産税も評価替えにより大きく減少した。一方で、地方交付税等の増加したことにより歳入全体では対前年度比5億1,700万円の増加となった。

 歳出概要  人件費は減少したが、新加東消防署整備に伴う北はりま消防組合への負担金の増加、物件費のeo光サービスのリース開始や保育所運営費の増加により歳出全体では対前年度比4億5,869万円の増加となった。

【市民1人あたりの市債残高(借金)と基金残高(貯金)の状況】(※一般会計のみ 人口はH28.3末)

  《 借金 》:約194億2,046万円(前年比 約4億1,487万円増)/ 39,840人=約487,461円

  《 貯金 》:約129億3,915万円(前年比 約7億  208万円増) / 39,840人=約324,778円

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月議会一般質問 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名希望)
2017-09-08 21:14:29
標題とは関係ありませんが、
加東市内在住の消防団員です。
消防団のあり方検討委員会なるものが開催されたようですが、その後改革の進行具合はどうなったのでしょうか。
新規入団者がいないので、50歳を超えた人でも抜けられないということも聞きます。自分たちのまちは自分たちで守るという考えは分かりますが、本業も同時に忙しく、日々の活動に参加するのも大変です。
Unknown (匿名希望)
2017-09-08 21:25:41
(前の投稿に続く)
比較的人口の多い村でも、団員確保には苦労していると聞きます。となると、小規模な村ならどうなるかお分かりだと思います。
負担軽減策(分団の合併や行事の削減など)が実行されるよう、市議会議員の方々には市に働きかけをお願いしたいと思います。

コメントを投稿

加東市議会報告と情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。