経堂めぐみ教会

礼拝メッセージの要約です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月23日 聖日礼拝

2016-10-25 09:25:12 | 礼拝
聖書:創世記15:1~6
メッセージ:“さあ、天を見上げて”


1.将来への恐れ

(1~3)「これらの出来事の後、主のことばが幻のうちにアブラムに臨み、こう仰せられた。『アブラムよ。恐れるな。わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きい。』そこでアブラムは申し上げた。『神、主よ。私に何をお与えになるのですか。私には子がありません。私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか。』さらに、アブラムは、『ご覧ください。あなたが子孫を私に下さらないので、私の家の奴隷が、私の跡取りになるでしょう』と申し上げた。」
 前章でアブラムは戦いに勝利をおさめ、甥のロトを取り戻しましたが、彼の心の中には恐れがありました。また跡取りの子どもが未だ与えられず、将来に希望を持てなかったのでしょう。しかし主は「恐れるな」と語りかけます。将来を知る主ご自身が私たちの盾となり、責任をもって守ってくださるのです。

2.将来への可能性

(4~5)「すると、主のことばが彼に臨み、こう仰せられた。『その者があなたの跡を継いではならない。ただ、あなた自身から生まれ出て来る者が、あなたの跡を継がなければならない。』そして、彼を外に連れ出して仰せられた。『さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。』さらに仰せられた。『あなたの子孫はこのようになる。』」
 主はアブラムに奴隷の子を跡取りにしてはならないとはっきりと伝えました。神様の思いは私たちの思いよりもはるか高い所にあります。不信仰の殻に閉じこもるアブラムを外に連れ出し、満天の星空を見上げて「あなたもこのようになる」と励まされます。自分で限界を設けるのではなく、主を見上げていくなら、そこには限りない可能性が広がっていくのです。

3.将来へのチャレンジ

(6)「彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」
 アブラムはもう一度主のことばを聞いた時、彼の思いは自分自身から主ご自身に向けられました。信仰とは神と神のことばを信じて従っていくことです。彼が正しい行いの立派な人であったから義とされたわけではありません。ただ神様を信じる信仰によって義と認められ、祝福を受けたのです。
 札幌農学校(現北海道大学)の教師として来日したクラーク博士のことば、「少年よ。大志を抱け!。(Boys,be ambitious!)」はあまりにも有名です。クラーク博士の右手を上げている像は、遥かかなたにある永遠の真理を指し、そこに向かい大志を抱けとの思いが込められていると言うことです。はかなき名声や野心を燃やすことなく、人間の本分をなすべく大志を抱け、又はキリストにあって大志を抱けと言ったとも言われています。主はアブラムに「あなたもこのようになる」と仰せられました。自分や現状に目を落とすのではなく、主を見上げ、主の可能性を仰いでまいりましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日 聖日礼拝 | トップ | 10月30日 聖日礼拝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL