◆◇美ら島めぐり☆沖縄◆◇

沖縄旅行がすでに決まってる方!沖縄旅行を考えている方!は必見ッ★スタッフからのお得な情報やオススメ情報が満載です~★

那覇市の世界遺産!識名園を回る

2017年04月21日 | ★観光スポット〜那覇
ハイサーイ(^_^)v

沖縄で世界遺産登録されているところは全部で9つですが、そのうちの一つである「識名園」


グスク=城跡以外で登録されているのが、斎場御嶽、園比屋武御嶽石門、玉陵とここです



第二尚氏時代の1800年頃できた琉球庭園で、王家最大の別邸として使われていましたが、他にも中国からの使者=冊封使をもてなすための迎賓館の意味合いもあったようです

なので、沖縄と中国の折衷建築物ですね


一言で言うと、規模は小さいですが、金沢の兼六園や熊本の水前寺公園のような雰囲気です←個人的意見


廻遊式庭園に植物園がプラスされた感じ



デイゴ、鳳凰木、ソテツ、ヤブニッケイ、フクギ、アカギ、リュウキュウマツ、ガジュマルなど、季節によっての楽しみ方がありそうです。昔は園内にバナナ園もあったようですね



番屋が見え、石畳の道を歩きます。軽くカーブをしてしばらくすると庭園が広がります。直線だとすぐに庭園が見えるため、サプライズ的な造りのようです




池が見えてきましたが、上から見ると「心」という漢字を崩したようなところから、心字池といいます


育徳泉です。池の水源として、二つの井戸口があります


上には冊封使が題した育徳泉碑があり、泉をたてていますね

そこに生えるシマチスジノリと呼ばれる細い藻の紅藻類は国の天然記念物に指定されています。ここが発生地なのです



周りには琉球石灰岩が積まれ、沖縄らしさも表現されてます




御殿です。こちらは赤瓦




中村家住宅もそうでしたが、それぞれの部屋に裏部屋が隣接していますね




大切な部屋からは、庭園が見えるように設計されています



アーチ型石橋が2つ。中国風ですね!でも、素材は琉球石灰岩です




六角堂。東屋の役目でした。黒瓦を使われていることあたり、これも中国風ですね!





滝口。あふれた池の水が落ちていますね



勧耕台です。景色がいい~!正直、こんな高台に自分がいるとは思いませんでした



あえて海の見えない高台。それは、冊封使に沖縄も広いんだぞ!ということを誇示する意味があったと言われています


サギが飛んできました〜


また、識名園あたりは戦中の日本陸軍病院識名分隊があった場所で、近くには避難場所としての壕があります




駐車場も広め、売店も小さいながらあります。面白いもの売ってますね



中国を意識したおもてなしの館。国の特別名勝にもなっているこちら、ぜひ余裕があればお越しください


◆◇U1◇◆

*********************

「美ら島めぐり☆沖縄」スタッフによるFacebookあります…ぜひ「いいね」押してください(^^)
https://m.facebook.com/churashimameguri/?ref=bookmarks

「美ら島めぐり☆沖縄」スタッフによるLINEあります…ぜひ「友達登録」押してください(^^)
http://line.me/ti/p/%40hrk7342z
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな道☆ヤシの木が続く高速... | トップ | 沖縄の公道を走れちゃう☆トゥ... »

あわせて読む