美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

素材

2017-02-28 14:23:11 | 沖縄情報






陶器の仕事関係者から届いたカステラの大箱。
ブランド的な位置に置かれているお菓子。
今のカステラは、カサを増す為(膨らませる)に
絹豆腐と同じ作られ方なので、私はこれをもう食べていません。
あのふくらみを大量生産で、しかも工場生産でこれを作るのには
かなりのカサを作る添加物が入っていると見ています。
賞味期限は短いですが、だからといって安全とは限らない。
私は最近、自然な物への過度な拘りを捨てていますが
それでも毎日大量に作られる過程で作られるカステラには手が伸びません。
ケーキのスポンジを自分で作る人は何を言っているかすぐにわかるはずです。
品質にこだわると言う売り方ですが素材の安全性は分からない。

こういう物でもありがたく頂いてくれる方がいるので助かりますが。
添加物の説明をしたうえで
頂き物として分けさせて頂いています。



さて報道でフラクタルにシンクロするニュースを見て驚きました。

整形手術中に麻酔がらみ?の事故で女性が死亡。
そして薬品がコンビニで販売されるニュース。
同じ名古屋です。
フラクタルな宇宙情報は本当に何処に降りるか分からないと言いますが
これはわかりやすい。

いつもこんな形で同時にフラクタルな宇宙の情報が降りるとわかりやすいですが
そう簡単に見分けられない情報が圧倒的に多いと見ています。

麻酔事故は多いんだそうです。
整形手術で良き未来を夢見てそれを願っての事であれば
この事故は若い女性ですから本当にお気の毒です。


薬品も人によって量によっては命を落とすと言う典型的なメッセージ。
日本人は薬が大好きだそうです。
薬の素材も添加物も作っているのは製薬会社です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリオネット

2017-02-28 08:48:34 | 沖縄情報




人は顕在意識で行動している様に見えて
実は人間は無意識下で行われている活動の方に影響される事が多いと言います。
意識的に行動する様にと、啓発系も元気がありにぎやかですが
無意識下で影響される世界の解明が秘密裏に研究対象とされるのも理解が出来ます。
ここを操作されているのですから
資本主義ドップリが一番操作されている事になります。
鏡に映った世界を見てこの中で生きる人類と鏡の中を見事に表す資本主義。

どれだけ意識的にあろうと努力しても
鏡に映った世界で生きれば違った視点から同じようなスタートラインに戻されるので
同じ事を繰り返してしまうのかもしれません。
人って同じことを繰り返す事が本当に多いです。
周囲との確執も常に同じ原因が多い。
学ばないのではなくて抜け出せないのかもしれません。
鏡の中からの脱出は2000年の太陽信仰の遺伝子レベルでの刻印からの脱出。


この鏡の視点で世界を俯瞰すると
私達は鏡の中で踊り続けるマリオネットみたいだ。
人類を奥深いところで引っ張る少数勢力はそれほどの悪ではないと言いますが
この人たちは既に
鏡の中から脱し精神を俯瞰する方法を見つけているのかもしれませんね。
新しく登場する電子系通信装置などを見ていると
私はド素人ですが
何か重大な物を隠しているから
これだけ便利な物が表に出て来ているのかもしれないと訝かったりします。

どちらにしろ同じ内容のトラブルに巻き込まれ悩み続ける人達も多いですが
鏡の中でエゴがむき出された状態でしょうから
ここから逃れるにはやはり深いレベルでの気づきが必要でしょうか。

しかしそうだとしても
一般は鏡の世界からの脱出はそうそう簡単には行かないような気がしています。





世界を牛耳るにはまず諜報戦でトップに躍り出る事だと言います。
これにはサイキック能力のあるシャーマン的存在も
これまでは当然いたと思われますが
ある時代から支配層の裏を扱うシャーマンの強制的なスカウトがなくなったそうです。

ある時代まではシャーマン達のスカウトが激烈で
これが諜報戦を決めるほどでかれらが必要であったそうですが現在どうなったか?
海外のサイトのサイエンス系ブログで読んだのですが
ある種の脳へのアプローチトレーニング方法が軍で開発されたと
何気に読みこれが非常に印象に残っています。



一般世界のシャーマンより遥かに高い情報を受け取る事がトレーニングによって
脳のレベルが開発された人達の登場。
精度の高い情報戦が繰り広げられていると言います。
これらは一般人でも可能であり信頼できる頭脳明晰な人間が選択されるそうですが
このトレーニング方法開発に駆り出されたのが世界的なシャーマン達であり、宗教家であり
科学者であり物理学者たちが開発した何らかのツールがあると言います。
ニューエイジ系スピリチュアルのツールはここから捻じ曲げられて陶酔するレベルの
内容で降ろされていると言います。

沖縄の火の神だって人によって陶酔レベルで説明する人もいますから洗脳が深い。
西洋スピを沖縄霊世界バージョンに映して選民意識の中の鏡の中にいるだけです。
鏡の中のマリオネット。

シャーマンのスカウトはなくなりましたが
一時期はIQの高い子供たちを集めていたといいます。
ツールが斬新され続けていますからこれらも消えていったようです。


素人の私が想像しても当たっているかどうかはわかりませんが
ある種のトレーニングで
鏡の中で生きる人類の世界から
如何に脱出するかの方法が古代古典方法からと
現代科学バージョンで統合されそれを選別された人達へ伝授されているのだと私は思っています。
脳開発でしょうね。
人類の潜在意識まで操作可能だと言うレベルだと私達は大変なことになります。
ここまでいっている気もしますが、ここを触らせない為の善の勢力がいるかどうか?
世界は諜報戦。
鏡の中を中で生きながら
鏡の中だけを読む世界の解決は出来ないのが当然なのですね。。


これらの話は軍で人体実験された人たちの漏洩がささやかれています。
脳への何らかの実験。
戦中、日本も中国での人体実験があったのですから
現代バージョンがないとは言えないでしょう。

やはり潜在意識を超える
個の精神の独立が自分を助けるのは事実としてあるようです。
日常と仕事が別と言う思考体系の人の個の独立はまた違った見方があるようで
まずは、仕事が先のものの見方ですから
未来系という事ではなくて旧世紀型マリオネット。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭内栽培

2017-02-27 20:02:57 | 沖縄情報




霊性を上げよう、霊能力をアップ云々のお免状セミナーのお誘いとかまだまだ来ます。
私はこういう話は聞きませんし既に卒業しています。
まず、霊性アップとか波動何とかお金を払う物ではないと思います。
何も変わりませんから。
何万も払うのなら、家庭内農作栽培に投資した方がまだ良い。
サニーレタスなどすぐに収穫出来ます。
家庭内栽培は畑を作る必要もないし。


こういう所に出入りしたり
ヒーリング何たらを受けたりするよりも、自分の人間性と品性にフォーカスしてここを磨いた方が
自分に取って生きていく上で自らを助けてくれます。

素晴らしい人と関わって、日常である程度、人と交流しながら
個として独立を目指した方が楽しいです。
人との交流も人を選ぶ時代で、自分に磨きがかからないと甘えられるばかりで
利用されるだけです。
利用されても良いと言う時代は既に過ぎています。

人に甘えるだけで、何でも取っていこうとする人を
惹きつけたりすることもあるので強さが求められます。
言葉巧みに人を自由に使おうとする強いエゴをもつ人間も多いですし。

滝に打たれても山で修業しても
現実で破産寸前の苦労、会社倒産から再起、死ぎりぎりの世界から生還した人の言葉の方が
遥かに魂レベルで響きます。

精神が独立すると人に依存しませんから
生きるのが楽になります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古島

2017-02-27 14:03:54 | 沖縄情報





北谷の海底遺跡から町に向かって色々と考察すると
宮古島がチラチラ頭に浮かぶ事が多くて、いったい何事だろうとかと暫く考察を続けていました。
北谷の海底遺跡のあった時代の国つくりの伝承から少し書いてみます。

こういった時は
亡き母の残した語録にヒントが隠されている事が多いので探してみました。
これは内容的に外れる事もありますが、ドンピシャリな事もあります。



「もろもろの死者と地霊の入れかえがあり島と宮が繋がり軍神がやって来る」
宮古島とは書いていないのですが、沖縄本島の事を書くときは
沖縄と明記してあるのでやはり宮古島の事だと取りました。

この「もろもろの神々が送られる場所と一緒に地霊の移動」の意味がやっと今日になってつかめた次第。



もろもろの死者(神々)が送られる場所は旧宮古島病院であることに気が付きました。
病院では多くの人も助かりますが、亡くなる人も多い。
死者は神々ですから人の世界からあの世へ送られます。
病院の跡地というのは
必ず地霊に対しての何らかの神事がありますから
新しい地霊がいる所が新宮古島病院。
地霊の入れ替えはこの事でしょう。

宮は断定はできませんが、龍宮の事であり
今の認識では伊良部大橋の事で間違いないと思います。


そして軍神がやって来るが今の自衛隊誘致問題。
実現するかどうかは別として、天照大神は軍神の一面もありますから
新しい神々の出入り口が設定されたのですから
天の橋に死者の霊を繋いで新たな国づくりを行うのは特におかしな事でもなく
新旧入れ替えの刻印の為、軍神を迎えようと画策している勢力がいるのでしょう。

私見では新しい病院と橋が架かったのは今文明の最終構造の側面であり
インフラを整えた新たな国づくりは、今文明の終わりへ向かっている事だと私は取っています。
ここから天照大神は大和へ向かったのですから。

私が言っている文明の終わりは島の話ではなくて地球規模で見た時の話。


という事で、母の見立てを私は北谷の海底遺跡文化の時代の国作りのモデルから
島を見立てて母の見た島の未来を組み立ててみました。

これは母の考察の延長上での島の未来であり
実現化するかどうかはわかりません。
違うシナリオが既に用意されていて
そうはならないと私は思いますが
ただ、神々を送る場所とその移動と宮まではドンピシャリで10年前に島の未来の
ビジョンを母なりの考察からそれらの視点で見ていたのしょう。

ただ軍神は人の意識が触れると動き出すと言いますから
島の人は平和を願っていますからこれはないと思いたいです。






追記15時08分

病院の地霊の置き換えですが
これは北谷の古代海底遺跡の時代であれば、病院はまず存在しないと思われます。
薬草治療とシャーマン。
ただ、超古代から残されている祭儀場というのは
生者と死者に関連付けられるもので、これらの形跡は沖縄の基地の某聖地に
形態がそのまま聖地となって残されています。
こういった場所というのは、板状に切られた石の遺跡が残されていて
これらはシャーマンと死を迎える人との太陽を介しての何らかの交流があったと思われます。
これが死と生と地霊と太陽と月の神事。

病院がある場所というのは
何処でも波動が低く置かれます。
ラインが高次元なのでこういった事が行われると私は見ています。


追記18時24分
先月、大神島の古代洞窟祭祀を説明するものが世に出ましたが
これも見方によっては
軍神を癒すためのものであると言う事もあり得ると感じています。
天照大神は大神島から沖縄の伊平屋に向かった伝承がありますが
これ以前から当時は大神は人が住んではいけない神の島でした。
今は人が住んでいるのですから時代が変わったのでしょう。

天照大神以前からここを経由していた
縄文巨石ネットワークテクノクラート集団の気配が濃厚に感じられ
これを後から来た集団が伏せてしまってと私は見ています。
時代霊の変容ですね。
これが時空に溶けだしたのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異常性

2017-02-27 09:34:26 | 沖縄情報



さてトラブルメーカーはどの世界にでもいますが
観察で気が付いた事ですが、大体恐れが強い人がほとんどだと思います。
ちょっとした言葉に尋常ない反応の仕方をします。
とにかく人とぶつかる事が誰より多い。
怖れの対象が現れるたびにぶつかったり相手を非難してしまいますから、常に周囲と揉め事が発生。
原因を全て相手に責任転嫁している様に見えます。

自分以外が全て恐れの対象。
これをこのまま続けていくと
いつか地獄の中に隠れるしかないような生き方を常に選択している気がします。

もう一つの見方として偏桃体とも関係があるようですが
偏桃体異常の場合、さらに狂暴で低音で人を冷静に脅す傾向があると聞いてなるほど何名か
思い当たる人がいます。

幸せとは程遠い人達の様に思えますが、もしかしたら人を脅して快感を覚えている場合は
発狂した世界で暮らしている可能性もあり
これが一般社会に大勢いるのですから
人の日常に入り込めば、常に問題発生となりますね。
脳に異常があるのだとすると
自分側の問題として捉える事は出来ないかもしれません。
常に責任は他者。



偏桃体異常は宗教関係や精神世界に多い説がありますが、確かに松果体と言語野の関連性が
偏ったスピリチュアル世界と繋がると言うは事実としてあるのかもしれません。


言語力に力をつけるのは大脳皮質に属する「言語野」にある豆電球の様な物がピカピカと光り輝けば
秩序だって物事を頭で整理する事が出来るそうです。
これは育児の段階で育てられるそうです。
言語できちんと自分自身を説明できるのですね。
感情をコントロールできると言う事です。

そのためには大脳のハタラキの基礎部分に当たる脳幹、大脳辺縁系部分の電気ラインの通りを良くして
配線位置が的確に順調に進むように、子育ての段階で条件を整える事が
重要になるようです。
これが上手く行かない場合、感情が言語野を素通りしこれが神秘現象としてみなされる現代文明。
或る意味、脳の異常を利用している宗教もスピリチュアルもあるわけです。
これは古代からそうであるのですから
既に脳の仕組みを一部の宗教関係が知っていた事になります。
前文明の記憶があるのだと思われます。


脳を使ったヒーリング方法が危険極まりないと言うのはこの説から来ているのかもしれません。
ある部分を強化するのですから
言語野を通らなければ秩序だって考えられないわけですから
感情にバランスが取れなくて、周囲に暴言を吐きバランスを取っている可能性もあるわけです。

神秘現象にも注意が必要というのは
やはり脳の異常も関係性があるのかもしれません。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-02-26 19:06:15 | 沖縄情報




昔の人は鏡が生活の中に登場して来てからも
人から見られている世界は、実は鏡の中だとちゃんと気が付いていた節があります。


現代は、ものがあふれてしまい
この視点がある時から消えてしまったと言われています。
個人同士の競争が始まったからでしょうか?

自分の前の鏡に自分を映してみると背後の景色が写りますが
これは目に見えている世界。
この後ろの景色に鏡を通して自分の視点を移すと
この時、意識は後ろを見ていると言う事になると気が付いたのは
ここ数年です。

スピリチュアルや古代史を勉強していても
これがなかなか理解が出来なかった。
今もって、これが完全に理解できているのか定かではありません。
多分、理解出来ていない事もあると思います。
実に受け入れがたい感覚。
冷静さがないと混乱する世界。


友人と会うとき、私の真正面に友人はいますが
彼女からは私の背景は全て見えている。
私側からも友人の背景が全て見えています。
ここで私がもし帽子をかぶっているとして、友人の目線で見える帽子を被っている自分をイメージし
これを頭の中で考えてしまうと、鏡世界に入り込んでしまい
いつまでたっても幻想の世界から私は抜け出せません。


これに気が付いてきてから世界が違って見えてきましたが
これも忘れている時があります。
徹底して刷り込みが行われた人類の視点の在り方。

私のいる位置が人から見られている場合、相手が思っているイメージで私も一緒に見てしまえば
実は鏡の世界だと言う所に気が付くのに
個人的には時間がかかった方かもしれません。


表の天照大神の鏡の世界とは本当に良くい言った物です。
古事記の物語にもこれらのヒントを見つける事が出来ます。
スピリチュアルの世界で勉強を続けていましたが、ある時から浅い部分(光と闇)でしか
感じ取れない事に気が付いて浅い理由がわかりませんでした。
星の縛りはかなり深い。

西洋スピが深い宇宙に到達しないのは
鏡の世界のマジックなのかもしれません。

ビジョンという物も、鏡の世界でイメージしていますから
いわゆる霊的鑑定に限らず、心理カウンセリングであれ、心療内科であれ
鏡の世界を通して行われている事に気が付けば、これが本質から離れ
表層の世界だけの相談となり
いつまでたっても、同じ事を繰り返している事にも気が付かないのは仕方がないと言うか
これらの位置が
まだ人の世界に立ち上がって来ていない可能性もあります。
人の相談を受ける人が鏡の中ですから答えなど出ません。
表層の答えだけ。

これらに気が付くと、人をバッシングするバカらしさに気が付きますが
ついつい忘れてしまい三次元の怒涛の中に投げ込まれ暮らしている自分がいます。
鏡の世界の人類の意識への刻印はかなりのものだと思います。

影響を受けないためには
私と私に意見を言う人は、私とは違うと言う視点が必要になります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

侮れないウイルス

2017-02-25 22:30:28 | 沖縄情報




最近陶器ギャラリーへ行く事が多いですが、器を揃えているお店ですから
お客さんは陶器好きがほとんどです。
また購入するもので何となくその時の
精神状態を想像する事が出来ます。

家族用のお湯のみを揃えている時
お湯のみを揃えている時は家族の顔を浮かべて買いますから
顔に出るんですね。
子供用を揃える時の母親の顔は母性が滲み出ていて、素晴らしい表情をしている事が多い。
わが子を思う母親は何をするにも子供を一番に浮かべます。



さて、水毒からくる体の不調和は多いといいますが、現在では疲労困憊しこれが改善されない事が
多いと聞きますが
水毒からくる慢性疲労症候群の場合が多い様です。
これは日本では認められていない一種の原因不明で終わらせる病気。
これにかかると、自分は重い病だと精神を病んでしまう事もあるようです。

学生時代、アメリカでこれらの症状が出た事があり
一般クリニックでの診察を受けました。
とにかく、朝起きれないくらい身体が疲労し身体が重くて生きていくのが本当に大変だった
事を記憶しています。
診察の原因は不明。


学生なので、そうそう学校も休めませんから通学が大変な苦痛で
教室にたどり着くだけで疲労困憊でした。
微熱が続き、筋肉痛、睡眠障害などなどの症状が。

見かねた中国系教授が、中国漢方医を紹介してくれて
チャイナタウンまで出かけて行きました。
診察する間もなく、水毒からくる疲労だと診断され漢方と針の治療が始まり、疲労は二ヶ月ほどで改善。
乾燥した冬のニューヨークで水分を減らすのは大変でしたが
春が来る前に完治しました。
疲れが取れてきたころから、防寒具を着て冬の街を歩いたのですが
すごく汗をかいてここから改善してきた気がします。
身体の水が抜けきった身体と言うのはこれほど快適なのかと
思った体験をしています。
身体の中の水が古くなると下水と同じシステムになり身体を打ってくるのは当然としても
あの症状は精神がおかしくなります

私の妄想では、周囲にエネルギーバンパイヤの存在もあると見ています。
今の文化自体、そうですからこれに同調する人もいるのだ思いますが。

今思えば、すぐに見抜いた中国から来たばかりの漢方医は
名医であったのかもしれません。

水毒になる人は腎臓が生まれつき弱いと言う事も言っていました。
身体は細いのに、顔がパンパンにむくんでいる人は多いです。
日本ではあまり認められない病名の様ですが、漢方医だとこれが理解出来るようです。
こういう時にこそ、漢方医の出番です。
漢方医というのは人を見ますから、人を見抜くのも仕事と言いますから
奥深い病も発見出来る事もある様です。
中国には素晴らしいシャーマン的な漢方医がいると言いますが
交流がないですからなかなか探せないようです。
霊障害か病かをまず見ると聞きました。

台湾にもこの病気の漢方の専門医がいると聞きましたが
台北からかなり距離が或る場所にいるようです。


エネルギーバンパイヤの上司の元で働く部下はこれに気を付けなくてはいけないですね。
これを笑いの種にすると面白いですが
こういう類は細胞レベルまで侵入してくると思います。
バンパイヤなのですからウイルスに形を変えてエネルギーとして侵入。
ウイルスは霊ですから
悪霊と同じレベルなのかもしれません。
私見ではバンパイヤは選民意識思想が強いと思われます(私は特別という思想)
周囲と上手く共振しない様に見えます。

慢性疲労症候群は症状によっては霊障害の一つであるのかもしれませんね。




ウィキ
慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん、は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)におよび継続する病気である
筋痛性脳脊髄炎、 ウイルス感染後疲労症候群)とも呼ばれる。
また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから
慢性疲労免疫不全症候群という呼称をアメリカ患者団体が利用してもいる。
患者が訴える主な症状は、身体及び思考力両方の激しい疲労と、それに伴い、日常生活が著しく阻害されることである。ただし、本疾患は現在もまだ病理学的に完全には定義されておらず、日々最新の研究が報告され、日本語では複数のサイトでめいめいに情報が蓄積されている


長期間の疲労感の他に次の症状等を呈することがある。
微熱・咽頭痛 ・頸部あるいはリンパ節の腫張・原因不明の筋力低下
羞明・思考力の低下・関節障害 ・睡眠障害
原因不明の疾患で、通常、血液検査等も含む全身の検査を受けても他の病気が見つからず、精神疾患も当たらない場合に初めて疑われる
病気である。ただし気分障害(双極性障害、精神病性うつ病を除く)、不安障害、身体表現性障害
線維筋痛症は併存疾患として扱い除外しない。 詳細に検査をすると神経系、免疫系、内分泌系などに異常が認められる場合もある。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日常のシーンもアメリカに似てきた

2017-02-25 22:06:48 | 沖縄情報


駅で見かけた光景。
スーツ姿の若い男性が執拗に同年代?の女性に言い寄っています。
女性は無言で相手にしませんが
粋がったタチの悪い男性の様な感じではなくいたって目立たない普通の男性です。

これは困った、自分だったら助けが欲しい。
男性の目を見て、これは普通ではない。
何かを吸っているか、飲んでいるか
薬物の気配としか思えない異常な目をしています。
アメリカに暮らしていた頃、薬物をやっている人の気配という物を
少し学びましたが、日本へ帰ってきてこれが薄れています。




誰かが通報したのか
駅員が駆けつけ、一緒に警察が来て男性を連れて行き嫌なムードから解放されました。


こういった光景はアメリカでは良く見る光景で
周囲が通報してくれる事が多いので
人込みであれば、何とか逃れられます。
駅員が車で時間がかかったのは無視した人が多いのかしら。



アメリカで暮らしていて一番先に身を護るために覚えたのは
人の目を見ない!でした。
それくらい、朝から何かを吸っていたりして
目がトロンとしていて
訳の分からない行動を取る人が多いアメリカの都市。

相手の目を見ないと言うのは
アメリカでは当然なので、これは私だけの気付きではなくて無意識に防衛する本能から
多くの人が生み出したのでしょう。

目が合わなければトラブルに巻き込まれる事が少ないのも事実の様でした。

という事は、これは意識を合わせて通じなければ
様々な干渉からも逃れられると言う事ですね。

妬み、嫉妬が渦巻くお金が支配する世界で生きています。
妬みって、意味不明な物ものあってやはり精神がおかしな人が増えてきているのは事実。

ここから逃れるにも
自分とは考えが違う人達とは縁を遠ざける勇気も必要なのでしょう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話

2017-02-25 19:15:42 | 沖縄情報




世界的にドリップコーヒーブームで、なかなか人気が衰えないようですが
コーヒー豆の残りカスからカップを作ったデザイナーさんがいるんですね。
天然素材と粘着剤の様なものや
樹木の粒子などを使った素材を混ぜてブレンド素材の粘土でコーヒーカップを作っています。
形は私的にはお気に入りのタイプで
手の中にスッポリ入るタイプで、アメリカンタイプマグではない。
これが凄く良いです、カップの色はコーヒー色。
これらとは逆に個人的にマグを現在は作陶中。






さて、多くの臨死体験者や厳しい生活から、また死目前の病などから生還した人達もいます。
多くを学び、気づきが深まり世の中を俯瞰する事が可能になったとき
今のこの世界で口をつぐんでしまう原因の一つに、多くの人が宇宙の体験を聞く準備が
まだできてないと気がつかされるそうです。
まだこのレベルに達していないと。
これはスピリチュアルを学ぶ人でも、自分が知っている内容と違えば聞こうとしない。
臨死体験をビジネスにして語る人もいますが、多くの人が
大体において口を閉ざしてしまう傾向にあるそうです。
これを話してロマンを持たれてしまうと、また違った展開になってしまうと聞きましたが
確かにそうかもしれません。




長年、神事に携わった方が、結局この三次元世界の刻印の為の神事だと気が付いてから
山に籠ってしまい
古代の神事を繋ぐ役割に転換する人もいます。
大祝詞だってよくわからないと、神事50年の方から聞いた時
言葉の繰り返しでこの世界に影響を与えていると直観。
やはり粗い言葉、暴言、直情的な感情と言葉がこの世界の闇を濃くする
一環になっているとも感じた次第。
普通の言葉で十分、平和になれる世界です。
競争が入ると、いろいろと影響が大きい。



私思うに、宇宙の体験をした人が語る宇宙は
私達が思っている内容と真逆なのだと思います。
だから聞く準備が出来ないのだと思う。
伝統的な物に対しては真向からぶつかるものとなってしまうのだと思われます。
例え自然信仰であれ
先祖崇拝であれ集団になると全く違ってしまうのだと思います。
同じ聖地での刻印。


子供の頃はこれらに影響されず自分が何者であるか、私達は知っているのだと思いますが
ある年齢に達し
学校へ行き始めると
勉強と引き換えにこれが失われて今の文化になっていくのだと思います
勉強は子供にとって、いつしか親を失望させない為のツールになってしまい
現実社会で年を重ね、どんどん魂と距離が出来始めるのだと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち着く場所

2017-02-24 18:57:58 | 沖縄情報




今朝の記事の四個の天体はロイヤルスターの可能性ありとコメントがあり
これで少し思い出した話です。
私が気にしていた赤い星はまさかのニビル?
これが地球にくると相当困るらしい。
直感されるのはこの星しか今のところ浮かばない赤い星。
 

さて退位問題ですが
もしそうなると全てのものを変えなくてはいけないので、ネットであれなんであれ
平成からの転換というのは大変な作業だと聞きました。
もし来年の元日に発表されたらほとんど、24時間作業でお正月が吹き飛ぶ職種もあるそうです。
知人のカレンダー屋さんが、気が気でないと言っていましたが。
内容が内容だけにひたすら沈黙らしいです。

頂点にいる方の名前が変わると言うのは
同じ血脈であれ神の交代ですから国替えですね。




さて、沖縄、宮古島の神事に携わった方々が書いた本は何冊がもっているのですが
仕組的な物を学び続けていました。
時代霊の変容なのか?読もうと思っても読めなくなりました。


やはり時代の変化で祭祀が消えているのですから、消えゆくものは追えない不可視の
力が生まれてきているのかもしれません。
逆に、超古代からのものだと思われる決まり事のない神事からは
近未来の世界が感じ取れ、まるで世界が私の周囲で回転するかのように
色々なビジョンが飛び込んできます。
これは個人的なものですが、人には幾通りの道がありますが近道が見えるのが
今年に入って早くなった気がします。

人に対しても
「変わっている人、おかしな人」と思っていた人達にも
「その人と自分は違うのだ」という所で落ち着き、ほとんど気にならなくなりました。
受け身ではなくなった。

「自分には何かが欠けている」かもしれないと言う思いが
なくなった事が影響しているのかも知れません。
これが私の宇宙全体に影響を及ぼしたのかもしれません。
これらの疑問がなくなったのは
宇宙の完全さを疑っている事だと、これに気が付いたことが一番大きい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加