美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

新しい神事

2014-11-30 10:30:01 | 沖縄情報
熱が出てしまい3日ほど寝込んでいました。
それに伴い今回は頭痛があり体に糖分が多かったようです。

東洋医学では発熱がすると糖分の摂取が多ければ頭痛となって現れると
見ます(風邪であればの話です)
思い当たる節が。
クリスマス前で色々とサンプルと称し甘いものを口にする機会が多かったです。


さて、先日お勧めしたインターステラーを見た人の感想が届いています。
かってないSF映画であることは皆さん、認めていました。
俳優が凄く良いのとノーラン監督の視点の素晴らしさ。

まだ見ていない人も多いようなので、ネタバレは避けますが
もう少し感想を書いてみます。

これって父と娘のストーリーですがどうも主役の父視点がキリストを思わせる
様に感じました。

「滅亡の迫った地球を脱出し、新たな惑星に人類が移住できる可能性を
求めて宇宙を彷徨う」と言う内容です。
宇宙へ旅立った主人公のクーパーと娘のマーフィーの再会までの苦労のシナリオ。


ネタバレになってしまうので書きませんが
要はキリストと人類の再会をラストで表しているような気もします。
救世主は人類の無意識であることを示唆していたような気もします。
シナリオは全くそうは感じさせないのですが、個人的には全体的に人類の無意識を
主張していたような。
それにしても物理の知識がもう少しあればもっと楽しめたかもしれません。



さて、宮古島はつい数日前まで雨不足で土がカラカラになり農家さん
困っていて水不足で節水ギリギリまで追い込まれたのですね。

詳細はかけませんが、沖縄では当然の如く雨乞いが公的機関からお願いされることは
頻繁にあります。

宮古島もそうです。
某司がこれをお願いされ数名で雨乞いが行なわれました。

この司さん、神事は行いますがユタではないので何処と繋げてよいか分からなかった
様で、友人のユタにお願いがあったそうです。

こういった天を動かす事には躊躇すると思われる謙虚なユタなのですが、今回は
島の人の食に関わり経済にも影響を与え始めると感じとったのか引き受けた
そうです。

そのユタが読み取った御獄と天を動かす神事で翌日は大雨警報がでるほど
雨が降ったそうです。
(天を動かす場と言うのは人名で奉られている御獄でも裏は天体の気が多々あり)
場所や神事の内容は書けないのですが。



詳細を聞いたとき近未来の神事とはこういう事を言うのだと鳥肌がたちました。
実は太陽から抜けた未来の神事を未来系パソコンと龍宮信仰から洞察を
していたのです。


この神事が実は「太陽信仰」を通り越えた神事ではないかと言う
直感がありました(超古代の龍宮信仰に繋がる)

既に未来のツールが出て来ていると過去に書いてきましたが、今回はそれを実感され
られた次第です。


まう(護り)を受けずに地神の影響を受けず神事を行うと言うこと自体
これまでのユタとは全く違い、敬服しているところです。
すごい勇気があります。
宮古島の産土に絶対的自信があるのでしょう。

亡き母が憂いをもって見ていた
宮古島の未来が明るく見えて来た次第です。

当たり前ですが、こういった大神事を行う人達は表に一切でません。
一般人として生きています。
昔からそうであったように、これは現在も継承されているようです。
名が通ったユタも多々いますが、裏を取り仕切る重要な役割はこれまでも
全く表に登場していません。


そんな中シンクロする内容の報道が(新パソコンの仕組みともリンクしていた)。
未来のスマホです。
ブレスレッド型ですよね。
これは絶対、来年まで秘密にしてしてくれとあるエンジニアから
2年前に言われていたのですが
情報と詳細が既に出ているのですね。

見た人もいるかもしれませんが、普通のゴムバンドのようなブレスを少し
動かすと腕にスマホの表紙が全て映像で写ります。

スマホは人の脳の表れでこれを携帯に転写、物体として現在は使用しています。
これが進化して腕に写るようになりました。
人の精神が体に移行してきていると私は見ています。

アセンションと言うのは人の精神が体の表面に現れると言うことなのだと
私は思っているのですが、一歩近づいてきたようです。

その次元へ人の精神が移行する場合、大きな出来事を体験しなくて
はいけないようですが
これを現政権が引き受けてくれているようにも感じています。
やりすぎてしまうと日本国民共々鉄拳が下されるとは思うのですが。
今の政権は渡来系だと感じています。
天の家を中心に様々なシナリオを太古から描いたようですが
自分達の勢力を上回る過去の神々の浮上で相当苦しい立場におり日本国民共々
道連れにしたい様相も見え隠れしています。

話を戻して。
今回の神事はこのスマホの仕組みと全く同じ内容で行なわれたように感じています。
上手く、説明出来ないのですが。
宇宙を体にコピーしてそれをツールとしたと言うことです。
御獄には一切頼らず。
体の中のスマホの機能に反映された精神で神事(神事は何れ消えて行く)

ユタさんはこののブログを読んでくれているので噛み砕けたら、説明する
つもりです。

要は、これまでのやり方だと現状から抜けられないと言うことなのでしょう。
司たちも新たらしいツールを持つ若きユタから学ぶことに繋がっていくの
カも知れないと思っているところです。

今回の神事が地神に影響を受けずに
先を行って全てを見せてくれたと個人的には非常に喜んでもいます。
この神事は超古代に封印された龍宮エネルギーの浮上と見ました。

集中豪雨でしたが、異常気象の地球です。
又昨今の宮古島の不可視の世界も
淀んでいるんでしょう。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪

2014-11-29 15:21:09 | 沖縄情報
風を引いてしまいました。

しばらく休養します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シスコ

2014-11-26 12:38:56 | 沖縄情報
ホンダのエアバッグ問題で大揺れのアメリカですが、アメリカの出来事ですが(実は
違う)と言うのがこの社会には多くあるようです。

何処へ飛び火するのでしょうか。

支配層は戦争状態だと言いますが、これからも読み取れますね。
昨今感じたことに、世界支配は日本が中心となっている
のではないかと感じる事も。
そうじゃないと話がつりあわないことが多いです。
日本の大企業は世界を制覇している。
実は日本人ではないようですが。




さて、コーヒー専門店のことを少し書きましたが、食にも質問がありました。
食はメディアの注目度で頻繁に変わるのですが、美味しい所はベイエリアでも
多いです。
特にシーフードの美味しさは有名。



野菜はオーガニック系が簡単に手に入ります、乾燥しているカルフォルニアですから
水を大量に蒔いているのか?
余りにも水っぽい、確かに朝に摘まれた野菜がほとんどなのですが。
農家で野菜の味がまちまちです。
シェフのセンスに任せるしかないので日記には余り書けないです。
日によって取り寄せる農家の野菜が違うところもあるので。


洋風マクロの店も多々ありますが、私はほとんど行きません。
大体外から見ただけで外においてあるメニューを見て大体見当がつくので。

CHAYA BRASSERIE 等、LAにもありますが大人気のマクロレストランです。
お弁当も売っている。
中身を見ると「なるほど」でおしまい。
味の想像が見るだけでできる。


日本のマクロと少し違うのはビネガーとスパイスの使い方がけっこう上手かな。



マクロではないですが私のお気に入りのレストランはシスコのマーケットにある
レストラン(ZUNI)
バークレーのアリスウォターズのレストランで修行した二人のオーナーシェフが
経営者です。



と言う事でオーガニックであることは当然です。
アメリカはオーガニックが定着していて特にこれを売りにすると言うレストランは
余りないほど、定着しています。

じつは個人的には品質に疑いを持っているのですが。

動物系の糞が多いのではないかと。
シュウ酸態窒素の問題があるのではとも。



ただ、個人の小さな農家はこれには気をつけていて水の量にも配慮があるようです。
木村さんの農法はここでも注目の的(憧れの的と言っても良いほど、西海岸では)
奇跡の林檎の話を知っている人は多いです。


ただZUNIの野菜へのこだわりはかなりの物なので、きちんとしていると思われます。
青野菜の葉の色が濃くない。
シスコのシェフたち拘りがあるので、農家と相談しながら野菜を育てて貰うと
言います。
堆肥の内容と量も話し合われるとききました。



ZUNIのオープンは1979年でシスコでは絶大な人気を誇るお店です。
シスコへ出かける際は是非一度お出かけください。
予約を取らず直接行くことをお勧めします。
一時間も待てば入れることが多いです。
平日であればですが。
予約なんてまっていたら何年待たされるか分かりません。
まず一年や二年どころではないです。


ベジレストランではないですが全ての素材にシェフの拘りがあります。

お肉系は美味しいらしい、私は肉を食べないので何ともいえないのですが。
特にチキンは全米でも上位に位置する程、人気があります。
シーフードに至っては魚のフライなのに大きな花が色々とバリエーション豊かに
デコレーションされよい香りが。
センス抜群です。

オープンキッチンのおしゃれなお店ですが、ただロケーションは最悪。
犯罪の巣のような場所にあります。
夜など危険極まりない。
麻薬におぼれたジャンキーがウロウロしています。
タクシーで乗り付けても降りたところで色々と起きる可能性も。

ここはアラブの石油王もわざわざやってくるお店です。
世界中、全米のセレブと呼ばれる人たちもやってくる。
シスコの裕福層もほとんどが客層に入っていると言われています。
セレブはボディーガードを付けていますが、一般人はそうは行かないです。

何処でもそうですが、働くことを諦め裕福層をねたみ彼らに危害を加えようと
する人は世界中にいます。

嫌がらせが周辺で多いということです。
行くときは気をつけていくということと、ランチ時はまだ比較的
安全です。
サラリーマンも多く道を歩いています。


サンフランシスコで最も治安の悪い場所にあると言うことだけ
覚えておいて下さい。
この辺りで
犯罪に巻き込まれた人が、駆けつけた警察官に「こんなところを
どうして観光客が歩いているんだ」と逆に注意されたくらいのところです。





ベイエリアは他にも良いお店いっぱいありますが、個人的にお気に入りと言う事で
ここを記事に
しました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こだわり

2014-11-26 09:58:09 | 沖縄情報


アメリカのコーヒーチェーンのトレンドと言えばスタバ。

そのスタバがコピーしたのが、サンフランシスコからバートで一時間ほどの
バークレーにある老舗のコーヒー専門店の「Peet's」
カルフォルニア大学バークレー校のすぐ側にあり
創業が1966年で1970年代は週末になると
行列を作ってコーヒー豆を購入するのが大いに流行ったそうです。

バークレー辺りのカフェや市場の視察滞在時、連日通いました。

オープン当初は
お店のスタイルも外にテーブルと椅子が少しだけのお店であったようです。

これをそのままスタバがコピー。
今のスタバの原点です。
これも飽きられてきたのか、シスコで数年前から小さなお店でドリップを
飲ませる専門店が出来始め、同時にニューヨークでも目立ってきました。
サードウェイブが進出。
スタバは他テンポにコーヒーの味が負けそうになると、すぐに濃い目のローストに
視点を向かせ逃げる所があるのですがPeet'sはそれがないです。
老舗と言うのはこういったものでしょう、ブレがないんですね。

工場で作られるものはこういうことが多いのです。
スタバの豆も世界で味を統一させるために工場で煎ります。
鮮度も色々と言われています。


同時に流行ると言うのは大体において仕掛け人がいるとは思うのですが。
シスコは色々なものを流行らせる力を持っています。
バークレーもそうです。
小さな町なのですが。



以前であれば薄いコーヒーを何倍も飲んでいたアメリカ人の人たちも食への
関心が高まると共にコーヒー自体が高級化し始めました。
斬新なベジタリアンカフェの進出も拍車をかけ
少し濃い目で高級なコーヒーを好む
人が増えてきました。

ミッションにあるFour Barrelもかなり良い線を行っています。
ここのコーヒーの例えをコーヒー的宗教に近い味といった人がいました。
少々酸味が強いのですが、ガツンと来る風味。
ここはパソコンが使えません。
何処のカフェでもそうですがパソコンと対峙していて静かな空間が多いのですが
ここはお喋りをするところ。


経営者のお店への拘りのセンスが抜群です。

運ばれてきたコーヒーカップを見たとき、オーナーの強い拘りがカップを通して
伝わってきました。
店のカラーとコーヒーカップの色とコーヒーの色合いを考えています。

拘ると言うのはこういったことだなと身を引き締めたものです。
日本はここまでするコーヒー専門店のオーナーはまだ会ったことがありません。
確かにコストのことがあるのですが。

東京に進出するようですが、ここのカラーが何処まで出せるか?
鮮度やフレーバーコーヒーの風味に非常に拘るオーナーですから
豆もサンフランシスコから
送るのではなくて東京で焙煎するんじゃないかな?



東京って色々な店が世界から進出していますが、個人的な感覚では
東京カラーに染まってしまっています。




ニューヨークとシスコは端と端にありますが個人的に両方に住んでいた体験から
良く似た街です
同じ香りがするというか。

ただ米国に流行する食関連はシスコ発は多いです。
これは以前も記事にした記憶がありますが
日本でのシスコの食関連の報道はゼロに等しい。


話をコーヒーに戻します。
サードウェイブでコーヒーが高級化し昨今ドリップ式がアメリカで増えてきました。
少し高めですがこういった専門店、大都市に限らず大人気です。

最後に行った二年前のシスコは郊外の小さなカフェが
少しづつ専門店から影響を受けはじめ
コーヒーにこだわりを持ち変化の真っ最中でした。






サンフランシスコって小さな町ですが、非常に個性的で創造性が豊かです。
私が好きな小さな町のヘイトアシュベリー。
ビンテージ好きな人にはたまらない街で、非常にノスタルジックな街で
1960年代を思わせると言う特集を本で読んだ記憶が。

ヒッピー発祥の地ですからオーガニックカフェは古くからあります。
建物が色とりどりで時が止まったかのようなサイケなムードを醸し出して
いて不思議な町です。
ここらあたりはコーヒーと言うより食が良いかな。

ヒッピーが好んで食べたレシピを置くお店もあるそうですが。
いたってシンプルな味付けだった記憶が。
コーヒーはローストに拘ったカフェが多かった記憶が。


ここからも未だに様々な影響を与え続けるヘイトアシュベリーです。
際立った個性的なアーティスト達が古くから住み始め、ここで有名になった
人たち数多し。
これを街全体が記憶しているのしょう。
街を歩いているだけで彼等がこの街で感じた気を感ることが出来ます。
それだけ創造性に溢れていた気配を残している街なのですね。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インターステラー

2014-11-25 16:07:50 | 沖縄情報
インターステラー見てきました。

個人的には久しぶりの大ヒット映画です。

親子の愛のヒューマンドラマがメインのSFですが、相対性理論、ワープや
多次元空間、ブラックホールなどの内容が随所に高度な仕組みで
組込まれています。

NASAが監修しただけのことはあります。
さすがのNASA。



一つの単語の意味を深追いするとストーリーに置いてきぼりにされるのですが
科学的知識が少しでもある人にはかなり面白いかも知れませんね。




これまでのSfとは少し違った意味合いを持ち、色々と考えさせる
内容でした。

非常に印象的なのが人類が無意識と思われる設定の高次元からくる何かを
立方体(四次元立方体?)としてまだ表さすことが出来ない(少し説明が違うかも)
しかし、5次元で3次元を見ている彼らは過去にも未来にも行ける。
何れ未来の人類がやってのけると言うようなニュアンスの台詞がありました。

個人的にはやっぱり5次元にいるのは人類であることをNASAが示唆している
映画ではないかと考えてしまいましたが。
それでもNASAは宇宙に目を向かせようとコントロールがありますね。


反転した世界はやはり5次元なのかもしれません。

3次元を5次元に住む彼らが創造し彼らが残していった記憶で
私達は様々なものを創造している
のかもしれないと改めて思わされる映画でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

依存症

2014-11-25 08:34:49 | 沖縄情報
依存症って自覚のある人と全くない人がいるとカウンセラーの友人が言います。

色々依存ってありますがアルコールがダントツに多いそうです。
後、タバコも依存の一つらしいです。

その友人の話として信仰依存があるそうで何も宗教団体に属している必要はないそうです。
このカウンセラーの下に最近増えてきたのが、スピ系の人たちの相談。
今年に入り劇的に増えてきたそうです。

ほとんどが依存症レベルであるそうですが心療内科を受けに来ること自体
自覚があるので
非常にサポートしやすいそうです。


薬を処方する医師が多いそうですが、彼女は大反対で依存症の背景にある
事情を知ることが大切であるとも。


相談と時間の経過で共に出てくるのが幼少時代の
家族関係の不和、置かれていた環境に寂しさと孤独感を強く味わった
人が多く見られるとも。
こういった方々、親子、兄弟が絶縁している方々も多いそうです。
後は表面上の付き合いだけ。

兄弟で絶縁している方々に多く見られるのが他人への依存だそうで、困った環境に
置かれている人たちへの強い同情心をもっているそうです。


孤独な環境に置かれた方々へのサポートを人一倍
惜しまないところもあり、結局これが形を変えた依存の場合もあるそうで
次から次へと相手を変えていく傾向があるそうです。

他者への同情心は実は自分自身に同情していると言う見方をこの先生は取っています。
患者となる相手にこのことを気づかせ
治療は大体ここからはじまるそうです。



中には悪知恵が働く人もいますから、可視,不可視で
何かを得られる相手だけをサポートする人もいるそうです
太陽信仰独特の引き替え(取引)が行なわれているとも。

個人的にはこういった方々はエゴイストにしか聞こえないのですが。


最終的には、自分の言う事を良く聞いてくれる
未成年者か高齢者だけのサポートに傾いていくそうで
大人との付き合いが不得意な人が多いですから、こういった方々が精神世界へ
のめり込みやすいと感じているそうです。

人への依存症は形を変えた信仰心に繋がるそうで神事に携われば陶酔状態に
陥りやすく、神事をやる自分に惚れてしまう傾向もあるそうです。
この先生、神社の祭祀を手伝っていますが、お手伝いの中には神事を
手伝う自分自身に陶酔している人も見られるそうで神官が嫌がるそうですが。

これ何となく分かります。


カウンセラーの先生いわく、結局いつかこの陶酔は覚めるといいます。
陶酔から覚めた後にケアがない人が自ら命を絶つことが圧倒的に多いそうで
現代社会はこれが蔓延していると感じているそうです。

そして、依存が強く気がついていない場合もありますが
周囲への復讐心が生きる支えになっていると相手の欠点を徹底的に探し
判断、ここを意図的、または無意識に突っつく場合もあるようで
結果相手を傷をつける人たちが多く状況と場合によっては
犯罪に巻き込まれやすいとも。

こういった心の一部がが凍ってしまったような方々は非常に冷静ですから
自分から襲うことはしないようで、同じような心を持っていながら
凍りついた心とは正反対の凶暴さを持つ人に攻撃される可能性が非常に強いそうです。

裏と表で凍ついた心と高熱心(激昂心)でリンクしていますから、宇宙の法則でも何
れ互いが凶器となり対峙しあう可能性を含んでいて何かの出来事で
スイッチが入るのでしょう。



子供を教えている学校の教師に限らず、子供時代に通うお稽古事などに関わる方々に
患者さんも多いそうですから世の中は病んでいるのでしょうね。

無自覚と言うのは今の世界に蔓延っていますから、何ともいえない気持ちになります。




私も最近、食育で声がかかることが増えてきました。
一人では出来ませんからスタッフを選ぶのですが、子供が相手だと選ぶのに
慎重になります。

何でもそうですが
一概に食の現場にいる人たちが優れているとは思えません。


小学校高学年になると食に携わる人が目標になる場合もあるので
私で良いのか?という思いもあるのですが、この辺りはこれまで世界各国
の食の現場(世界のカフェ、市場、加工品工場、農場、アジアのカカオ農場等など)
視察した体験談などを話して楽しませています。



農薬の恐ろしさの話は抑えておかないと教育委員会が良い顔をしないところも
あるようです。
林檎の木村さんの様には戦えないわ。

それを木村さんに言ったら(おー水と油で良いのよ)の一言で終わりでした(笑)

そう言えば木村さんに太陽の変化と竜宮の浮上の話をしたら
(終わって当然なのよー抑えられたものが出てきて当然さ、私を見なさいよ!どんだけ
抑えつけられたか)
と言っていましたっけ(笑)

木村さんのようには行かないわ(笑)


私も心のバランスが傾かないようにしなくては。
日々精進です。














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話

2014-11-24 10:37:30 | 沖縄情報
テレビのニュースを余り見る事がないので長野の地震があれほど酷いものだとは。
報道を見て驚いてしまいました。
犠牲者がおらず何よりと思ったら、近隣同士で助け合ったそうです。

あの辺りは豪雪地帯になるとも聞きましが。
これから大変ですね。

311を体験してから被災地の人の状況と気持ちが人事ではなくなりました。
何か出来ることから探したいと思います。
田舎は耐震家屋が少ないと言うことは聞いてはいましたが
報道で見る限りでは確かに脆い感じも受けました。

神城と言うポイント上で起きた地震なんですね。





宮古島には天川がありますし
沖縄には天願断層があります。

詳細は省きますが名前の通りのことが古代には起きていましたし、これから
この辺りのエネルギーが回帰し本土とリンクしながら融合が始まる
狼煙ともいえるかもしれません。


沖縄と本土の断層地図を照らし合わせると色々とビジョンとして見えてきます。


ここは太古に古代人達が未来の沖縄をビジョン化し
その思いを込めて(天願)と名づけられたと
感じています。


名称は重要なもので様々な意味合いがあり名づけられています。
沖縄の人達が(天願)と言う地名がどれほどの意味を持っているのか
気がついてくれれば良いのですが。


天願と言う地名を口にする度に、
中部にクラス古代人達が生き生きと暮らした時代が
感じられ多くの天の願いを込めた地域であることは確かでしょう。

ただ天といっても王である場合もあるのですが、ここは古代の国際都市であり
海洋民族だけでなく騎馬民族の気配も濃厚な場所であり融合していた時代を
象徴していたシンボル的聖地に大国が居座っています
(これにも意味があるのですが)





さて沖縄の選挙が済んで突然本土と沖縄が動き出した勘があるのですが
宮中の祭祀も中止になると
メールが届きましたが事実はどうなんでしょうね。
事実だとしたら太陽信仰は大きく大変化していくと言うサインとして
捉えてもよいでしょう。



個人的に直感を通して送られてくる(太陽信仰終焉)のサインも
それほど的が外れているワケではないと言う事になります。

私の直感に
天照大神への思い、御獄を研究する方々、御獄へ強い思いを持つ人達
ほとんどが閉じられた空間の太陽信仰からの影響を
強く受けていることが感じられます。
これからの時代は個であることが全体として強く求められると思います。









私が知りうる限りでは、続けることに意味がある祭祀ですので
中止であれば全てを宇宙に委ねた
事にもつながり太陽信仰の変化もここから感じ取れることが出来ます。
ついこの間、天の家の祭祀のことを暗喩として少し書きましたが
この事とリンクしていたのかもしれません。

太陽信仰で封印した龍宮が反転し様々な終焉を目にするのかもしれません。



沖縄の展開をみると本当に龍宮が浮上してきたように感じています。
神社も御獄もこれから大きく変わるような気がします。



違和感を感じながら継承していけば自分との分離が始まりますから
勇気が試されます。



都会の住む人は違和感を封じ込める天才になってしまうと言います。

確かに楽しいことや、特に美しいモノが多いです。
人間が極みの中で作り上げた芸術品がブランドとして商品化されていますし。
見た目だけじゃないですよね、都会は言葉の使い方もカムフラージュが
上手なような気もします。



ブランド品を見るたびにテキスタイルの段階から拘りに拘った職人達の
バイブレーションが感じられ、たまに職人の(これってどうよ!)の意地を布柄から感じたり。
確かに美しい。
恐ろしいくらい値が張り、高くて買えませんけど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インターステラー

2014-11-23 08:23:09 | 沖縄情報
長野県揺れました。
長野の家が心配でしたが、ご近所さんに連絡したところ山はそれほど
揺れなかったらしい。

数日前の夕方、東京湾上に地震雲を思わせる形の雲があり立ち止まって
見ていました。
大自然は色々とサインを出して教えてくれますが
だからと言って人にできることは少ないですね。
注意を喚起するくらいです。


話題の本と言うものが送られてきました。
内容は震度9の地震がなんたらかんたら。


興味はないのですが、折角と言うことで少しページを捲ったのですが
まだこういった本が売れているんですね。

著者は正体を現すわけにはいかないとか。
宇宙人系情報はソースは同じではないかな?
ワンパターン化しているようにも感じます。
全部が嘘ではないでしょうが。
どこかの大国が磁気がなんとかかんとか。


最近のスピ系情報はあの手この手ではほとんどエンタメ化しているような。







今日書きたかったのは映画の話。

インターステラーが公開されました。
お気に入りの俳優なので見に行くことにします。

内容は
世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていくエンジニアの話。


地球環境の変化の部分はありえると思うけど、三次元の延長上視線であればこういった
展開もありえるかも知れないと思います。

個人的には環境汚染が極まれば太陽系全体で反転だと思います




連休は込み合いそうなので平日に見に行きます。



沖縄では二箇所で上映しています。
ブログを見て下さっている
宮古島の皆さんも沖縄へ行った際は見ておくと良いかも知れません。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つなぎ

2014-11-23 08:04:15 | 沖縄情報
個人的に琉球瓜の集合意識にかなり影響されていると認識しています。


又ここからの脱却も視野に入れいていますが(汗)
バランスを崩すと琉球の文化も
忘れてしまいそうになるところがあり悩ましいところです。



渡来系王府であれど沖縄であったからこそ定着した文化形態もありますし。
確かに琉球王府のシステムは完璧に近くて勉強していると
驚かされる事が度々あります。




これは現在の沖縄にもまだまだ浸透しています。
明治政府、日本政府にも抑えることが出来なかった文化形態です。

言語は随分と廃れてしまいました、琉球言語は未だに方言に格下げされて
います。
これは良い面も悪い面も両面あると思いますが。
バランスを取るのが上手な島人ですから、バランスよく使っているような気も
します。





中部で育った人は不思議と首里文化とそれ以前の文化を感覚で見分けるところが
あるような気がします。

本当の琉球らしさってなんだろうか?
確かに首里の文化は品があり人の目を惹きます。

中部辺りの文化はグスクがあれどそれほど孤高の人たちが住んでいたわけでないようで
かなり庶民に近い感覚も。
勝連グスクの伝承もそうです。

首里は中国の貴族達も来る様な場所でしたから違って当然なのですが
これと同時に中部の港も反映を誇っていました。



首里城って向いている場所が他の国の城などとは全く違い西向きで
作られています。
文献にも多々記されています。
過去記事に詳しく書いた記憶もありますが、もう一度記します。



太陽は東に昇りますからこれは沖縄であれば神聖な方位となります。
グスクはほとんど沖縄の大聖地に建てられています。


大聖地のグスクの王たるものグスクで最も最高の聖君でなければいけません。

太陽信仰の琉球でメッカのような場所ですから、昇る太陽に王をリンクさせ
東に座することで配下に置くものたちと謁見したり、国際的な島ですから
海外からの外交団ともここで謁見したとあります。

太陽(王)に向かい崇めるということに繋がるのでしょう。


一説では中国の方向を向いていると言う説もあります。
客家の色濃い琉球ですから
それもありえるでしょう。
それでも漢民族の聖地でないことは確かだと思います。

これは調べていないので何ともいえないですがまず違うと思う。
(確かに漢民族も融合はしていますが)
そして守り神の龍は33体。
首里城の正門の龍は4体。


中国の龍は5体。


個人的な感想なのですが、首里城は中国の古代都市の西安(超古代ピラミッド都市)
を向いていると
感じています(通信タワーとして)


大ピラミッドが数百以上、地下に眠っていることた衛星から確認されていると
ドキュメンタリーでは放映していましたが。

又、グスクが西向きの方位は沖縄の超古代信仰とリンクします。
琉球王府も御先世信仰の方位に影響を受けたと言う事になります。
古代信仰では沈み行く太陽に対して神事を行いました。

どちらにしろ琉球王府は男性性の文化です。
祭祀は女性が司りましたが、古代では違ったんじゃないかな?


これからは女性性がバランスよく配置されるとは思いますが。


女性性と言えば2014年は随分と女性が、これでもかと叩かれました。
何とか細胞や元首相の一族議員とか。

個人的にはアメリカの女性大使が沖縄へ入ったとき、ある意味天が
動いたと感じているところです。
沖縄で言えばですが。

たかが離島の沖縄と言う方々も多いですが、されど沖縄。
太陽の変化は太陽信仰の大変化だと思います。


ここの基地問題がアジア全体を全てひっくり返すと言う事に
気がつく人も増えて来たといいます。

メディアの力もそれほど効力を持たない時代も近いのでしょう。



























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神武の星

2014-11-22 08:43:14 | 沖縄情報
古代星を研究している占星術家の友人からのメールです。
許可を頂きましたので転載いたします。

琉球瓜の古代史は確証がとりづらいのですがその時代の天体の位置で様々な
サポートを無料で調べていただいています(笑)

不思議と天体の移動と地上での大きな出来事はリンクします。
神話として王が生まれた年代など天の配置は王が生まれる天体の
配置とリンクさせていると言います。

沖縄と宮古島の大昔の政治的な動きなども調べて頂きましたが
やはり天体の配置から影響を受けていました。

占星術のプロの友人からのメールからも太陽信仰のある側面を感じ
益々太陽信仰(太陽系内)の大変化が近づいている事を感じた次第です。

様々な宇宙人情報も再び登場してきましたが、事実もあるとは思いますが
ある種の天体のエネルギーを宇宙人に例えているだけではないかと言う
直感もあります。







以下「」数日前に頂いたメールです。


「寒くなりましたね。
お陰で星が良く見えます。

この頃は、シリウスがとても明るいです。
朝日が昇っても、輝いています。


以前、古代の星が違う事を×××さんに伺い意味が良く理解出来ないで不思議
に思っていました。

私は、インド占星術以外は、勉強しているのですが、、、何れも占星術は論理的
で古代からの哲学を連綿と受け継いでいるので余計でした。


モダンに関しては、基礎の部分を排除していますので、問題外ですけどね。



この頃、神武天皇の検証を始めています。
アマテラスと宮古島の関係がある程度、理解できた事や新しい沖縄県知事さんに
神武天皇を感じたからです。



さて、×××さんが言っていました
古代の星は、星の数値でした。(タブン)
地球の歳差運動や、太陽系の星々の動きの影響などで微妙に移動するのですね。
恒星は、動かないと言われていますが、微動はするのです。50年に0.01度
くらいですけどね。


その様な、訳で神武天皇が生まれましたBC710年の春分点(春分の日と考え
ても遠くありません)は3月28日になるのです。

また、誕生日とされます、2月11日は、紀元前710年では、太陽の位置は、
みずがめ座の22度になるのです。(天文学的には322度))

現在では、みずがめ座の15度ですから、約7度移動した事になります。
(約2700年間)
占星術では12星座は、天球のものさしの役割になりますので、この表現をして
おります。(私は神武は2月13日生まれでは、と思っています)


もちろん、この様に他の星々も数値が異なってくるのです。
この数値の違いは、様々な手法の数値の違いを気付かせてくれました。
つまり、見えなかったものが、数値の違いを追えば追うほど出てくるのです。


それでも、神武天皇の出生時間の調整は出来ました。(ある程度)
そして、即位した辺りに亡くなったのでは、と推論されます。
しかし、皇紀はその日が元年になるので、悩ましいところです。

その様な訳で、神武天皇の出生のチャートを日本国の始原図として、様々な災害
及び出来事を検証しています。



お話を沖縄の知事さんに戻します。
新しい知事さんのオナガさん、基地の返還やってくれそうな迫力があります。
安部さん等問題にならない程の冷静さをお持ちです。
何れもチャートで確認しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加