美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

心配御無用

2014-10-31 20:43:05 | 沖縄情報
今日の日記の内容を心配をかけている人達がいるようですが
大した事ではないですよ。

無関心でいるか情熱を持って行動するかの選択で情熱を取っただけですので。
ご心配は無用です。


起きている事に
執着も思い込みも全くないので全て委ねた状態です。
努力もしません。

そういうことなのでご心配は無用です。
一人一人にメールを差し上げられないのでここに記します。


今日はハロウィンですね、収穫祭であったようですが日の短さから
神事的なものから始まったのではないでしょうか?

ドルイド発祥でキリスト教が広まりながら定着していったようです。
ケルトの一年の終わりですよね。

内容が宮古島の某聖地で行なわれていた洞窟信仰の御祭りと
非常に良く似ているような
気がします。
魔よけの焚き火など、宮古島の古代の神事とドルイドの信仰体系は
良く似ています

この日は亡くなったご先祖や他の精霊が家に来ると言うことが信じられて
いたようです。
この日の天体の配置はどうなっていたのかな?


そういえば冥王星は格下げになっていましたが、新たな位置に考え直すと言う報道を
見ました。

もしも格上げされるとするならば、人の無意識に何らかの大きな変化があるのだと
思います。

人の無意識と冥王星は関連が非常に強いと言いますから。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミーハー

2014-10-31 08:56:12 | 沖縄情報
さてここ一週間、コレまでにない体験をしています。


まずは法務局に出向き記録を残し(法的効力はないけど)
そして警察署に出向く体験。



何がどう身に起こったかというわけではなくて、集団的な嫌がらせに黙っていては
いけないと言う事で行動したワケです。
紙に文字で法的機関に記録させると言う事は非常に大事な事だと認識しています。

集団で動くことしか出来ない人たちって集団と言う名目に威を借りた人達が
圧倒的に多いですからね。
こういった人達、リーダーに何か起こると簡単に今度はリーダーを攻撃
し始めます(チンピラの絡み)思想が根底にあるようです。

どうも私は集団主義とは相性が悪いようでぶつかる相手も集団主義が
圧倒的に多かった。

苛め的な事をやるリーダー(大体において不幸が好き)も一人では何も出来ない人が圧倒的に多いです。
個人的にどんな小さな集団に属した事も一度もないのですが。






仕掛けてくる相手に
みんな黙っているわけではないと言う事、言いたいことは公の場で言う事などを
含めて行動していきたいと思っているところです。

正直余り相手にしなくてもいいのですが、警察官の役割を偏った思考体系で
行なうママ集団なので生活環境が歪になると言う事なのですが、誰一人
立ち向かうことをしないで黙している(次のターゲットに移るまで黙す)
今回ターゲットが私に移ってきたので
受けて立つと言う事なのですが。

話し合いも喧嘩も人前で第三者をいれ一対一で正々堂々とやる!
(調和と言うのはこういった事も視野に入れないと無理です)
密室で行われてはいけないですね。
三次元ってコソコソやるのが浸透している文化だと思います。
アジアは特にコレが多いらしい。

これはある時期に木っ端微塵に砕け散る思想だとは思うのですが。


人をターゲットにする集団に共通しているのが話すことが出来ても
話し合いが出来ないこと。

その代わり無責任なお喋りは上手で集中力も凄いです。
ただ話し合いになるとダンマリで集中することが難しいようです。
どうやって逃げるのかばかり考えているので無口になるのかな?


生まれて始めての体験なのでかなり面白がっている自分を見つけたりして(笑)
心の中に嘘がないと言う精神状態はかなり自分が強くなりますね。
頭の回転の良さとキレが求められますが、これがちょっと私の場合は微妙(笑)




可能な限り依存をしないと言う事に焦点を当てて生きているので、この辺りが
精神的な強さに繋がっているような気がします。


実はこれはこれまで見てきた神事からも影響を受けているかもしれません。



聖地で行なわれる事はどんな事があっても責任は神事を行ったリーダーが取ると言う掟。


失敗はあっても感情が勝った人の霊的責任は厳しかったような。
自分に負けたのでしょうか?
個人の祈りと自分が生を受けた集落で行なわれる
土地の番人の神事は全く違うものです。

地神は本当に厳しいよ!情け容赦がなくて。
全て人の思いに沿って自動的に動きますから。




話がそれました。


初めての体験(ハードであればあるほど)を
冷静にクリアすると不思議な事にある球体が見えたりしてきます。
可視状態で。

多分何かのスピリットが生まれているのかもしれませんね。



感情が勝るとこういった何処にでも誰にでも起きる
奇跡は目の辺りにする事が出来ないかも
しれません。
特に勝敗に拘ると三次元ドップリになるかな?

特に目にする必要もない事かもしれませんが
目にすると不可視の世界の存在を強く認識する事が
出来て改めてしっかり生きようと心に言い聞かせながら
日々を生きる事が出来ます私の場合は。


ここら辺は結構ミーハーな自分を見つけて、些細なことを喜んでいます(笑)
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

方向性の力

2014-10-30 09:02:01 | 沖縄情報
地球の文化のあり方って全て二極的なもので極に向かわせマッタイラにするやり方
のように感じています。
マッタイラにすると後の動きは流動的になります。
太陽信仰は水と太陽は同じものと捉えますから
三次元は川の流れのように動くシステム
なのでしょう。


本来は水は自由自在ですよね。
人も自由自在に流れてこそ地球はスムーズに行き始めるのかもしれません。
地球の現状は見ての通りです。
水を自由自在に自然に任せることなく人が管理している間は表層として現れるのでは。


人が水を管理している間は戦いは終わらないような気がします。
結局、水不足で生活に支障が出てくるし、海外では水を買い占めた大企業が水源を
持つ地域の人々に水を与えない嫌がらせも起きていますから。




確かに二つの世界が融合するためにはベクトルの方向性に力が生まれないと
現実化が意図とは全く違ったものになるのかもしれません。


香港や世界で起きている大きなデモの成り行きを見ているとベクトルの方向性の力を国側が
振り分けているように見えます。
同思想だけの人達の行動には、対面する波も同等の力じゃないと
前に進まないのかもしれません。





さて沖縄に帰るたびに航空券を手配するのですが、値段がまちまちでLOCの登場で
格安も手にする事ができます。
格安が登場してくる気配はまだまだ続いています。
こういったモノにもベクトルの方向性は必須です。
現状の大手航空会社とぶつけているのかと思いきや、どうも違う感じがします。


近未来、裕福層専門のエアラインの登場も
あるような気がします。
日本も航空機を作るようですが確か大型航空機ではなくて小型だと記憶しています。
コレは裕福層がターゲットなような気もするのですが。
国内にファーストクラスが導入された時から何となく直感していました。


LOCが多方面に今より飛ぶようになるには飛行場の駐機料金の見直しが必要だと聞きます。
沖縄って幾らなんだろう?

沖縄のある経営者が鶴マークを救済するくらいなら、格安をもっと飛ばして競争力を
つけさせた方が良いと言った方がいました。
確かに競争力で言えばそうです。


神仕組みでは全く違った見方が出来ます。
古代史も大きく航空会社には絡んでいます。

日本を代表する航空会社の色は赤と青。
赤が(鶴)と青が(全日本)
渡来とネイティブか?
鶴は海を越えて飛んできたのか?

サッカーの日本代表は青に太陽のヤタガラズ(ここでは統合されてます)


赤叩きは金銭的な部分に背後で大きな力の戦いがあったであろうと私は
思っています。
赤字を理由に多くの場所から撤退しました。
撤退と言うのは様々な理由付けもあるようです。

赤、青の飛行機を受け入れる場所も実は古代史では色々とありますから。



太陽信仰の赤、龍宮信仰の青がこういった所で見事に可視化されています。

少し前まで中庸を行く他のエアラインもあったと聞きます。
今その代わりを格安の航空会社が引き受けているのであろうと思っています。


ほとんど私の妄想なので本気にしないでください。


それでも赤と青のバランスから見れば太陽信仰勢力はまだ強い。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄

2014-10-29 14:12:35 | 沖縄情報
様々な沖縄の未来に関することを勝手気ままに書いたりしていますが
さらに突っ込んで書くようメールを頂くときがあります。

このブログはほとんど辺境ブログみたいなものですが
不勉強な私への依頼もドッキリするやら嬉しいやら。


直感と妄想と月一で沖縄へのお里帰りで、様々な情報を耳にしたりする中から色々なことを
書いてきましたしこれからも変わりません。
どうも来年早々から月半分を東京、沖縄、宮古で行き来しそうな事に
なってきました。


辺境ブログですが支持してくれる地元の経営者等これから沖縄で起きるであろうと
言われる事など聞く事が多いです。
経営者達の夢もありますが、進化に伴う沖縄の未来の話は本当に楽しいです。
不動産関連は情報が非常に早いですね。



要は、沖縄は琉球国時代の栄華を誇った時代へ回帰しているということです。

以前も書いたと思うのですが21世紀と言うのは新たな医療制度への移行が
あると思われ後10年ほどで今の医療とは全く別物になる気配が
既に可視化されています。

沖縄の宜野湾の未来の医療システム。
琉球王国時代、アジアで重宝された沖縄の薬草は天日に干され薬として
アジアに流通していました。
コレが沖縄の売り物の一つであったと言います。
多くの医師がアジア中から琉球を訪ね薬草を学ぶために
やってきたと史実にも残されています。

コレは又回帰することになりますね、興味のある方は過去記事にもありますし
沖縄の報道関連を検索すると多々引っかかります。
そしてサイエンスの分野でも王国時代恩納村にあったと言われる
アジアの学者の学び舎跡の大学院がそれをコピーしています。
当時はもしかしたら最先端の医療の研究現場であったかもしれませんね
薬草の研究と共に。

コレは霊的なものへの移行も含んでいるのでは?
世界中のエリートは癒しを求めて、アメリカであればネイティブの聖地に押し寄せ
ネイティブと共に様々な経験をするために大都会から訪れます。

沖縄は原初の信仰体系が残されていて宗教には寛大でスピリチュアリズムが
街中で感じられます。
これらも沖縄の魅力ではありますが、沖縄の人が継承したものは少し違った
形になりつつありますが、その心は実生活に反映されていますよね。
良し悪しは別で余り戦わない。

スピリットが健康であると言うことが今世紀最大のモットーになるのだと
感じています。
その点、沖縄はこれからの時代に簡単に適応できます
本土もそうだと思うのですが。

今日も都心部まで出かけ何軒か、本屋に出かけたのですが精神世界の本の売り場は
縮小されています。
スピリチュアルカードは既に過去のものなのかもしれません。

私の住む町の大手の本屋さんから先月で店頭から消え、これから置く予定はないとも。
ブームの一つであったのでしょう。

今現在の流れはもっと奥深いモノへの回帰が求められているように感じています。
余りにも社会の流れが速くて追いつくのに大変ですよね、都会は。

インターネット宗教も盛んなようですが、コレも一時期のブームでしょう。
結局自分に戻るしかないのだと思います。


沖縄のことを書こうと思ったのに少し外れてしまいました。




科学が進めば神秘に惹かれるのは自然の流れなのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄

2014-10-29 08:16:15 | 沖縄情報
先日記事にしたモンゴル王子の領地であったと言われる持ち主のことへの質問に
現在は不明と書きましたが、友人から連絡があり現在はコザの人が土地を管理
していると連絡がありました。
書いてみるものですね。
地主本人は知りませんが、関係している事業のことは聞いています。


あの植物園は一時期中部の大観光地として有名な時期があったようです。
ある時から人の流れが減り台湾企業が撤退したのでしょう。

ここら辺、色々と言われている地域ですがエネルギーの移動がコザに
向けば一気に花開く地域ではないかと考えています。

沖縄太古の国際都市の記憶があるのですから。


個人的に感じるのですが、この植物園は太古に馬を置く場所で今で言えば駐車場的な
モノではなかったかと思っています。
馬の伝承が多いです。

又モンゴル王との関連が伝承として残されるこどもの国の山の頂点は
「鳥」と呼ばれていた事も教えていただきました。

モンゴル王国の紋章が馬だったと思うのですが鷹匠で有名な王家でもあり
鷹がオブジェとして残されていたと記憶しています。

もしかしたら琉球王国初期の頃の話ですが
馬のレース「ンマハラセー」に琉球王国の貴族を招待した時
鷹匠と鷹が芸としてモンゴル側から登場したのかもしれないですね。


「こどもの国」の山頂の鳥「トゥイ」と呼ばせたのはどういったことがあるのでしょうね。
少し調べたいと思います。

鳥が多かったからではないかと言う方もいますが、古代の記憶を持つ場をいうのは
意外に人物に関連するものを意図的に残したりする場合も多いです。

個人的に古代史において余りロマンを感じないのですが、この場合は別です。
遥か昔にモンゴルの王子がこどもの国辺りで王族を招待し
そこで馬術芸を披露しながら
鷹を山に飛ばすシーンは平和的なイメージがあります。



東京のモンゴル展、行っておけばよかった。





さて
台湾から沖縄への投資が急激に増えています。
コザ近辺まで活発に活動する台湾企業の事を耳にすることが
増えています。
良い土地ばかりに目をつけているようですが。

5年ほど前から投資がジリジリ上がっていたと聞きましたが、311でグンと沖縄へ目が
さらに向き3年ほど前から国際どおり近辺の土地の売買が台湾企業によって
買われていると聞いていました。
本土資本より活発と言う不動産関係もいます。
台湾と沖縄は近しいですね、隣人と言う感覚が本土より強く感じます。


5年前から巨大テーマパークやカジノ進出の話はありましたし。
凄いですね、客家族(世界の勝者ですから)
沖縄のマカオ化でしょうか。

確かに那覇に行くとヨーロッパの観光客を多く見かけるようになりました。
余りの暮らしやすさにそのまま住んでしまう人もいて何名が紹介して
頂きました。
益々、アジアや本土共々移住が増えいつか
琉球民族として証明できる何かが必要になるかも
知れません。


貿易の要であった琉球国に螺旋の回転で戻るだけですのでコレは普通のことなのかも
しれません。

カジノ進出の噂ももある側面から見たら貨幣漢字に貝が入っている通り
貝貨幣発祥の地ですから
収束へ向かう仕組みの一つかなと考えたり。
何かが始まったところは発祥した場所で終わる記憶の場を持っていますし。
カジノと言うのがこの文明もある意味、表しているとも考えられますが
やっぱり反対です。
ラスベガスって一種独特のムードがあり良い感じはしません。
ギャンブルって非常に場を悪くする低いエネルギーじゃないかな。
と言う事で大反対。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姿勢

2014-10-28 10:15:42 | 沖縄情報
一気に秋めいて日が暮れる寸前にグッとと気温が下がり体感的に寒く
感じるようになりました。



昨日、色々な事を考えすぎてしまいチリチリバラバラになった精神の断片を
拾い集め組み建て直しを終えたところです(笑)


さて、知人やメールに読者さんから震度9が東京を襲うと言う本について
情報を頂くことが続きました。

本を読んでいないし買う気もないので実は良く分かりません。

それにしても売り切れと言うのが世相を現しているというか何と言うか。
人目を引く新たな手法が組み込まれているようで、新手法のやり方も見え隠れ
します。

それでもNASAの職員が「2016年8月19日」に地球の磁場逆転が急激に起きると
言って大騒ぎになりましたよね。
「地球のN極とS極は、数十万年ごとに逆転する 」とも言っていたような。



そういえば、2016年には天体の配置で太陽系がスキャンされるという事も
書きました。
うーむ、関連があるのか?





個人的に感じるのですが人気のある精神世界系ブログはある思想に引っ張り込む
役割の管理人もいるのではと感じています。
これ書いたかな?
どちらにしろ
何処そこへ集団避難とか集合体云々は本当に個人であるかどうか分かりません。
誰も知りようがない。
人をひきつける術を良く知っているやり方です。


一昔前の駅下の一部の情報収集易者集団じゃないですが様々な思惑を感じたり。

インターネットが復旧していない時代は庶民生活の情報を収集するのに
こういったことをやったそうです。
今現在はないようですが。



何かが違うとアンテナが働く。
奇抜な商法は方向性のベクトルに力を注ぎ込むやり方で、トップの神秘体系などを
売り物にしていたりで。
コレも事実かもしれませんが。
ベクトルに力を与える手法です。
方向性に力を与えるて方と言うのは実に巧妙です、特に精神世界系の場合。




既に支配層の枠組みは興味が失せていますが、様々に張り巡らされた
ネットワークは昔の薬売りの情報収集団がカタチを変えただけのような気がして
近づく気になりません。
自給自足を一つに集めようと啓発する集団でも結局何処かに
繋がる情報元があるのでしょう。

啓発と言えば私もその類かもしれない。
「集団に警戒せよ」と言っているのですから。



それでも私は中庸を貫きたいと思っています。
様々なことが起きる出来事の中で中庸を貫く姿勢。
かなり難しいですが姿勢だけでも。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節

2014-10-27 20:44:10 | 沖縄情報
そろそろ木枯らし一号が吹きますね。
近畿地方では既に吹いたようです。

木枯らし一号の発表があるのは近畿と東京だけ。
陰陽なのかしら。


そして羽田でエボラ検査第一号。
又、マスク人間で溢れかえるのかしら?
マスクの陰謀だったりして(爆笑)

余り嬉しくないニュースですが報道を通じて騒がれますね。
冷静に報道内容を観察したいと思っているところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイク

2014-10-27 12:48:00 | 沖縄情報
ハワイ島が大変なことになっているのですね。


ハワイ島に移住を考えている時期がありコナへ何度も出かけ家の物件探しもしました。
様々な理由で取りやめましたが、縁がなかったのでしょう。
それ以来、ハワイへピタリと行くのを辞めました。

その代わり、色々な用事で沖縄や宮古島へ仕事で行き始めた時期とリンクします。
最近、自分の産土神の不思議を感じています。





昨日、テレビでマヤの事を放映していましたね。
洞窟から貝が沢山見つかりました。
何に使われたか理解が出来ていないようです。
間違いなく太陽信仰の神具の一つとして信仰のシンボルとして使われた
のでしょう。
又地下トンネルにもカメラが入っていましたが、私から見ると洞窟のコピーと関連も
あるような気もします。

同じようなこ事は沖縄でも見つかりますし本土でも見つかります。
同じ信仰体系を持つ人達であったのでしょう。
今と同じ地形ではないでしょうし。


貝は太陽の象徴ですから太陽信仰の人達ですよね。
生贄も当然でしたし、これはマヤは有名です。
太陽信仰は全てそうですね。

今の文化に奥深く反映されています。

必ず犠牲を強いる文明と見せしめが平然と行なわれます。
和を持つ文化もブレてしまえば
馴れ馴れしい馴れ合いになり
相手に対して敬いもない文化に落ちてしまいます。

日本の良さが、最近この集団と言うフェイクで文化を貶めているような気もしています。


日本を文化を異常に強調する集団って目的は何でしょう。

日本の文化は偏りがなく
バランスを大事にする文化のような気がします。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神事から見えるもの

2014-10-27 11:14:01 | 沖縄情報
マクロビオティックを始めた頃、陰陽五行が必須であったので必死で学んだ時期が
ありました。
今現在はマクロ思想から距離を置いています。
したがって料理法も全く違います。

陰陽五行を
例として書くと( 木兄キノエ(甲ー大樹)と言う感じで覚えていきます。


食でも干支を例える事も個人的にはしていました。
干支でも食の好みをみることも一部では可能です(生まれ育った場所を離れても干支の好みがあるような)


最近はコレを周期表とかね合せて考える事もします。
ものすごく面白い事に気がつかされます。
土質と土地の神々とか。

コレは人間が始めたものですが土地の神も石と植物とレイライン、または山、海などと
結び付けてますよね。
天体配置は人側から見ると鏡像になるように
作られた神社も多々あってライン通りに捉えるとブレるようでもあり。

日本の本物のゼロポイントと呼ばれる場所は
ごく一部の人だけに知らされていると言いますが鏡像反転があるわけですから
確かに有名な場所ではないでしょうし、人が行くようになると
また不都合な場合もあると感じています。
閉じられていて正解ですし、行く必要もないと思います。




神様が鎮座する場所というのは多くの植物が生い茂っています。
大木が神木とされるのがほとんどです。
共通しているのが神木が護りとされている場所は木の根っこが周囲を取り巻き奥深く
根を下ろしているところ。
人がふらふらすると気の根っこ例えて『足を地に着けて』とか言いますが
植物は地に足を着ける所ではないんですね。

人の場合、地に足をつけるのもバランスだと感じるのですが。


そういえば植物は発芽の時期「トキの流れ」をきちんと読んで発芽しますよね。
種にとって生涯光が当たり続けるかを選択して思いっきり成長するような
気がします。
花が咲いた跡は子孫を残すために種を残す大仕事へ移りますし。

又植物の中にも人と同じで『人より先に事を進めれば有利な立場に立つ」という
事をやる植物もいるそうです。

林檎の木村さんが仰っていたのですが「花のなかには相当目立ちたがりもいるのよ」
寒い中、どんな花よりも虫を寄せ付けたいために、雪解けの頃
太陽が当たり湿度が上がると大きく派手に花びらを開く花もあるそうです。
うろ覚えですが「フクジュウソウ」がそうだったような。
木村さんの林檎農園、春になると様々な花を咲かせます。


虫を誘い込むために激烈な競争を春まで待たないとも。
花の色は競い合いもあるそうで
春になると派手に咲いて自分に有利な虫を誘い込むんだそうです。
まるで人間の「婚活」だわ。









さて古い知人であれば私が何年も海底地図を
調べているのは知っていると思うのですが。
伝承と龍宮神話をモチーフにして龍宮のラインをこれらからチャレンジしています。
海底もそうで全て鏡像反転で太古は捉えていたような気がします。
どうも星もそのまま見ると少し違うような気がしています。

古代の星の伝承は龍宮とも繋がり個人的には人の顕在意識と無意識と
関連性があるのではとも思っています。
人と宇宙の意識の交差の状態は全て現実化し私達に可視化されていますね。

ただ宇宙と龍宮(深海)に繋がるモノはまだ伏せられているような気もします。
コレは人の内なる部分でしか到達することが出来ないと、古代の神女達は
知っていて様々な神事にこれが残されています。

そういえば昨今、神事をしたいと言うことで相談を受けることが多くなりました。
何で私に?と思い聞いてみたら
神事を良く知っていそうだという事らしいですが、私は神事の内容から様々な
事を考えたりしているだけの話です。



神事と言うのは誰にでも出来ますが。現在はまだまだ蛇の力は強力です。
間違いなくほとんどが蛇の力を繋がっているのは間違いないでしょう。
一部コレを認識している方々もいるようです。
ここからどう外れるか、色々と考えているようです。


三輪山で古代に行なわれた巫女の裏儀式は恐ろしくて日記にも書けません。
神道家からこの話を聞いたとき、一晩中寝ることが出来ませんでした。
太陽信仰ですから、当然なのですが。


と言う事で私には神女へのサポートは出来ません。
神女を頼っていくと教えてくれる可能性はあります。

宮古島など現在は移住者を中心に教えてくれる神女が増えています。
こういった地元の人と一緒だと御獄も自由に出入り出来ますよ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原初の音

2014-10-26 08:53:32 | 沖縄情報
昨日の日記への問い合わせに『あの植物園の経営者は何処の企業?」と言う
問い合わせがありました。

以前は台湾系の会社でした。
不思議なことに余り表に出て来ないと耳にした事がありますが。
現在はどうでしょうね。
最近、支配層の動きには全く興味がなくなりました。
何れ等しくされると認識する出来事が不祥事を通して知らされていますし。


現在の植物園の経営者は分かりません。


ただあの土地はそう簡単に手放さないと思います。
と言うより手放せない?

あの周辺は土地的に完全閉鎖も難しいと思います。
古代キリスト教との関連性を指摘する方も多くいますが、私的にはドルイドまで
行き着くのではないかと感じています。

要は場所的に神に成り代わる番人が必要な場所なのだと思います。



沖縄はアメリカに27年間支配され台湾も38年間厳戒令の名の下、色々なことを
体験させられているように感じています。
この時間差は今現在の台湾の進化と沖縄の劇的進化は大いに関連があると思います。
この時間差がなければ急激な進化は難しかったでしょう。
波のように押し寄せている都会化は時間差のマジックだと私は思います。

大琉球、小琉球と呼ばれた両国は太古の昔、地続きであり同じ種であったのかも
しれません。

どちらにしろ龍宮と関連性が非常に強い場所は必ず弾圧されていますから。
龍宮信仰民族の事があるのでしょうか。
海洋民族への残存エネルギーの浄化と言えばそうなのですが。

綺麗にしないと次なる文化を創造するのに様々な事も起こるのか?


そういえば、インドネシアが海洋国復帰を宣言しました。

どちらにしろ流血で浄化を押し進める文化と言うのは本当に野蛮で遅れていると
思います。


国への愛、神への愛、誰それへの愛、モノへの愛と色々ありますが
愛と言う言葉が連発される文化の言うのは愛がないので連呼されるかも
しれない。
言葉で語る愛は嘘っぽいですし。

個人的体験から言うと
愛と祈りという言う言葉を簡単に口にする人達ほど信頼が出来ないです。
自分の愛と祈りのためなら人を踏み台にしても気がつかない鈍感な人も多い。

父の厳しさとか母の優しさが語られる文化は遅れた文化なの
だと思います。
調和が取れない文化はこういった事が堂々と語られるのかもしれません。




地球って深い部分で原初の文化の音が秘められているのだと思います。
沖縄で言えば超古代御先世信仰の時代。
縄文も同じでしょうが、御先世信仰と
言うのは動物を非常に敬う時代でもありました。
ヤギを主食とした時代は川で命を捌きました。
ジャーが付く川はほとんど信仰の元になっていたのです。

命を捌くことに畏怖があったと記録が残されています。

後に様々な人達の経由で龍宮と太陽が統合された信仰体系から、太陽信仰に
変換せざる得なかった時代を体験し
原初の音に戻るまでこの反復の激流を体験させられるとも言われています。
でも時代は龍宮と太陽が統合されていた時代に戻る気配です。
そしてこの統合されたものは次世代に新たなエネルギーとして送られるに
違いないと感じています。
次の時代の変換は全て人の意識次第で何を選択するか。

古代の星図に回帰する前に回帰へ向け、天体全体が太陽系を
スキャンする事が必ずあると思います。

現代医療であれば
人の体に隠れている病を発見する時、全身をくまなくスキャンします。
地球だって全く同じことだと思います。
ホールアーススキャンを太陽系全体の星が行なうのだと思います。


体に何か重篤なものが見つかれば、それなりの対処(今現在の医療は不自然)
が必要だし強制治癒の場合であれば
反動は厳しい。

地球も同じ。
皮肉なことに人体の細胞に異変があれば放射能で対処。
惑星地球を滅ぼすと言われているのも放射能。
全く同じ。

私は目の前にある空間にこそ尊い命を育むシステムが詰まっていると確信しています。
その空間はフクイチで汚染が続いています、
私たちは魂を徹底的に痛めつけられているのかもしれません。



天体(太陽)と地球と人意識が一体化がないと物事は前に進まないと思います。

太陽系文化はコレまでの地球を全て記憶しています。
地球と太陽は二つは同じもの(太陽系の記憶)が反転しているだけだと言う事も出来ます。
そしてこの二つはいつか原初に反転する。




原初の音に戻るまで様々なことが起きて来そうな気配です。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加