美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

ありがとう

2011-12-31 14:10:12 | 沖縄情報
為替を中心とする貨幣経済は全世界的に順調に落ちて来ている様です(笑)

私の周囲でもお金に苦労する人が非常に増えているので、その分何処かが潤っているのでしょうね。

お金の事が先に頭に浮かびビジネス展開を始めると、菌ではないですがそれが居着く環境の媒体は増えすぎると悪玉菌が発生してきますから、それにいずれ追い込まれますね、と言うか追い詰められて行きます。

311で変化したとは言え、被災地でお正月を迎える人々が少しでも穏やかな気持ちでいられる年の瀬とお正月であってほしいです。


今年一年、当ブログを訪問して下さりありがとうございました。

良い年の瀬をお迎え下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種子

2011-12-31 13:31:43 | 沖縄情報

自分自身のルーツを調べ始めてか自分のご先祖様の中には命がけで宮古島の創造に立ち会った人達もいて感心したり感激したりしますが、どうも私は不出来な子孫のようです(笑)

別にそれを選んで?生まれて来たのかも知れずそれは良いのですがやはり誰でも自分自身の魂のストーリーが記されたバイブルの様な物を持って生まれて来ていますよね。
中には記されたイメージが浮かぶ人もいるようです。
もしかしたら人によってはこの時代に自分の魂のストーリーを知るときが近づいている可能性もあるのかも知れません。
時は近づいた?

そのストーリーが読み取れれば抜け落ちて気づかなかったストーリーのリメイク版を完了として重ねるのかな?
そしてまずそのストーリーをジャンプして飛び越えなくては行けないと言うことなのかもしれません。
ストーリーの終演時間の間際は内なる自分の意識を集中して観察せざる得ませんから、この時起こる事は全て道標のサインとなりますから、魔がやってこようとも全ては宇宙からの大きなギフトであると言うことも忘れないでいると弾みがつくかも知れませんね。

ストーリーを読めれば、宇宙図書館と言われるところと繋がる事だと思うのですが、それを超えるくらいの覚悟が在る魂はどれだけいるでしょうか。
もしかしたら、ストーリーの中に沈澱してしまうのかな?
魂が試されるのでしょうね?
もしかしたら宇宙図書館を超える勇気の在る魂が次元上昇と言われる物を体験するのかな?(次元上昇の概念は今ひとつ理解が出来ませんが)

気がつかないうちに用意された新しい道に気が付き後は前を進むだけですね。
混乱真っ直中の現代でも、皆様のご先祖様が命を削って創って下さったありがたい今の日本です(完璧とは言えまえんが)
無駄にしてはいけないですよね、命を削って残してくれたのですから私達も死ぬ気で進化とチェンジへの道を生きましょう。

私の体験と感覚で言えば、徹底的に自分を観察することを薦めて来ましたが、やはり自分の内面を降りてもっと降りて掘り下げて
ダイビングの様に潜ったこともない所まで潜り、それを観察し奥に溜まっている物を判断せず自然消滅させ、それを繰り返していれば
闇の中も、お遊びの深海のダイビングタイムのような物です。

本質的な進化を望まなければ頭で考える進化だけで終わってしまうのかもしれません。
頭だけの進化は変化の種子は育ちにくいです。
当たり前ですが進化というのは、変化の方向性を持たないと泥の中に埋まった腐った種子と一緒で芽を出すことが難しいです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアの変化

2011-12-31 12:50:53 | 沖縄情報
大掃除をしなくてはいけない部分も在るのですが、何だか気が乗らず少し後に回しました。

ここ数日テレビの激変ぶりに驚かされています。
全チャンネルでは在りませんが、論調に変化がある。
つい最近まで東電を庇っているのかと言う論調が、堂々と批判めいたことを言う様になりました。

数日前から脱原発、東電批判を名指しでしているキャスターがいました。
もちろん権力側からの裏が在るとは言え、何だか来年へ向けての視座反転のようです。

テレビという物はコントロールの際物ですが、コロッと変わってしまいまたまたコントロールが始まりましたが、何処へ向けようとしているのか要観察ですね。
でもこんなに早く急展開させるんだ、世界情勢も視野に入れているのでしょう。

山本太郎さんも急にテレビに堂々と登場し、自分の心の内を素直に発言しています。
一ヶ月前までは考えられなかった。

今後に期待したいですが、上に上げては落とすのがメディアコントロールですから何だか心の底から豹変ぶりが信じられない自分もいます。
やっぱり観察しながら最後に決定的に脱原発の方向へ定められれば、私は信じるとしましょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京

2011-12-30 08:58:23 | 沖縄情報
たまにデパートに出かけて色々と視察したりしますが、当たり前ですが食品は安全な物とは程遠いです。
311以降、相当危険な食品になっているんじゃないでしょうか
それでも購入する事もあります、必要に駆られて。
食糧危機の問題が取りざたされていますが、物が無くなることは少し先だと思うのですが汚染が問題になり口にする物が減ることも考えられますよね、ここでも二極化です。
確かにスーパーに行くと大量の生鮮食品や採れ立て野菜がずらりと並んでいますが、西の野菜は一番先に売れてしまうので皆さん早めに買い物へ行くと言う人も増えています。
関東近辺の野菜は激安で売っても大量に残るそうで、これを又束ねてもっと安く売っているのを見かけます。

知人の勤める食品工場に最近素材の出自を問い合わせる消費者が増えているそうですが、やはり売り上げに影響が出る地域の素材も当然格安ですから入っているそうで、この危険な素材に関しては上司から、適当な外国の名前を出すように指示されたそうです。
やはりお総菜は危険ですね、出自が曖昧すぎます。



個人的に特に顕著なのが煌びやかなショップに行こうがデパートに行こうが魅力を感じなくなってきている自分がいます。

狂気の沙汰としか思えない店頭に並んだ多種多様な商品にも愛の一欠片も感じない物も多々ありますが、それで在ってもたまに作り手の気持ちが伝わる不思議なグッズもありこういった商品に出会いたいが為に人混みでごった返すショップなどへで向きます。
例え一流デザイナーのブランド物であっても品質が粗悪で耐久性が抜け落ちて居る物も多々在りますよね、値段を見るとほとんど狂気の世界で、高級ブランドの売り手さんは接客教育が行き届き感じが良いのでこちらの魅力に負けて購入する人もいるんじゃないかと思うことがあります。


さてこの惑星地球自身には問題という物は一切在りませんが、人類が一緒に暮らしているところから色々と問題が起き始めています。
人間もいないと地球も進化しないと言われていますから一心同体なのでしょう。

地球は暮らし方によっては天国ともなりますが未だ天国は建設できずに、進化の途中なれど父の天国へベクトルをやっと向け始めていて、この世を楽園に出来る事に多くの人が気がつき始めているようです。
考えてみれば地獄と呼ばれる所で在っても、そこに住まう人が影響を受けなければ問題なく住めるはずです。

地獄的波動な惑星が在るとすれば逆にそこに住まう人達は相当バイブレーションが高いですよね、地獄的環境を良くするために送られたわけですから振動数が高い人が送られるのが法則です。



惑星地球の魂は宇宙でも希有な高次元な魂だといいます。
次元が高いからこそ人類の想念を受け入れられる訳なんですね。
惑星地球自体、元々天国的な惑星だと言いますから今の人類が持つバイブレーションが必要な為に送られて来た可能性も在ります。

全てのバイブレーションは思いと感情から物事を生ずる場合、大きな反作用を宇宙空間に起きすのは陰陽の法則です。

超古代の人類は人の出す想念が磁気的な物に大きな影響を与えるという事を熟知していたようで、いわゆる想念が磁気的な流れを地球に引き寄せたり反作用を起こしたりする事、特にネガティブな物が磁気的なエネルギーに反発することを良く知っていたそうです。

今の時代、想念が混乱していますから欲と怖れの方が愛よりも強い様な気がしますので磁気は間違いなく弱くなっているはずです。

少しづつ想念が秩序とともに回復されれば磁力線のストレスも緩和されると思いますが、説明はなくとも現状を見ればだいたいの予想はつきます。

現実を直視ななくてはいけない状況ですが、311で逆に現実を見なくなる人が増えているような気がします。
中には安全な食で在れば良いと思っているのか自然栽培の野菜などに異常に執着する人も出て来たようですが、安全な物をほしがりながら心は不信と攻撃性の心を育てていたり、でも不安な気持ちは手に取るように分かります。
これも原因と結果の法則ですから、誰も逃れられませんね、まいた種は刈らなくてはいけないわけでしたので原因が積み重なり今日直面させられているわけですが、それでも私は東京が今でも世界一波動が高い地域で世界を変えられる一歩は東京に在ると思っています。
裏表で一番先にひっくり返される可能性も在りますが、それでも東京に住んでいる人々は大した魂の持ち主達だと思っています。
破壊役ですから(笑)

原因は邪悪で否定的な物から生まれましたが、まだまだ数々の差し迫った危機の直面していることは事実でしょう。
東京の人はそれでも驚かないでしょう、逃げ出す人は凄いと思いますが。

311はそれだけを提示している問題ではないと思うのですが、現実と霊的のものが融合し優れている人ほど場違いな場所にいることはないのですが、汚染地のど真ん中でも既に新しい空間環境の振動数を感じているかも知れませんが、こればかりは一概に言えないです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来の種

2011-12-29 19:11:55 | 沖縄情報
今年までは自分の思う事等を沖縄を通して世界を見ながら問題提起をしてきましたが、究極に言えば結局私の拘りでもありました。

やっぱり問題提起したとは言え問題自体大した事でもないのですが、最後の最後に流されない自立した依存しない自分自身の形が大事で、今は自分自身がいかに宇宙にとって大事な存在でであるかを知る事も大切で、それがまた全世界へのねぎらいへのエネルギーに統合されるのだと思います。

今は過去に個々でやって来た事の原因と結果を全ての人が受けているんじゃないかと感じたり、今まで自分の場合どんな物に気持ちが惹かれて興味を抱いたか、どんな事に強い気持ちで没頭したか?
その思いは本当に本質的な物から来たものだったのか?

その原因と結果が今この瞬間でもエネルギーとして、螺旋を描きながら降りて来ていると思う。

そしてそのエネルギーに今現在の私は自分の思いそれからわき上がる行動などに、磁石の様に導かれそのことに心底から救われているような気がします。

思えば、死を覚悟した入院生活の時、(もし命があるのなら健康がいかに大事かを他の人々に伝え、母親として食の大切さだけは子どもに教えなくては、私は何一つ人生で人の役に立っていない!)と強く思い続け、奇跡としか言えない退院と同時に身体を引きずりながら2年間料理教室に通ったあのとき、自分の事等まるで考えなかったし、ただただどれだけ人の役に立てるかそれしか考えていなかったあの頃の必死さが、激変する地球の浄化作用に巻き込まれる事なく今の私を護っていてくれるような気がします。

一人でも良いから誰かのの役に立ちたい!あの命がけの必死さが実は我が身を捨てた他者への強い思いの祈りであった事にやっと気がついたところです。
生きていられたらどんな事があっても誰かの役に立ちたい!それしか考えなかった!
あの思いがあったからこそ私の思いが宇宙に届き創造主は私を見捨てなかった!
そのことに今頃になって気づかされて、そして過去の強い思いが今の私を助けて力強くサポートしてくれています。
もしあのとき、自分自身を呪って嘆き悲しみ自分の事しか考えなければ、未来に希望の種を撒き続けなければ今の私はここにいなかった。

たまに怠けていると、宇宙から何かを促されているような気になる時も在ります(汗)

ですから、ブログで4年間言い続けた来た(依存しない、自分の目で見て自分で行動する!)が実はそれほどずれていない事だったと、ようやく
深いところで納得しています。
結局自分と宇宙を信じるしかないと言い続けていたので。

やはり、一瞬一瞬の行動が実は祈りその物で在るし、自分の未来へ新しい種子をまいているような物で自分の未来を育てているのだと思います。

行動が祈りであるのならば行動を通してのみ、自分の思いと宇宙の思いが完成するのだと思います。
他者への祈りはテーブルに座り祈ることも出来ますが、自分自身への祈りが創造主へ届くにはやはり本質的な行動その物も必要だと思います。
今何を考えるか?何をやるか?で未来の自分が助けられるんですね。
だとすれば、自分で考えて自分の視点で物事を見て自分で全て責任をとると言う事で未来が決まるんので在れば、やはり今しかないですね、隣の人の顔色を見るよりもまずは行動でしょうか。

今の私の心を覗き込んでみると、怖れがないとか穏やかと言うよりも日々強くなっていく自分の心を感じていて実に頼もしく思っている次第です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花崗岩文明の終了

2011-12-29 09:16:22 | 沖縄情報
精神世界(神世界)に役割がない人が首を突っ込むと(来性の世)で大変な苦労を背負い込む事を自分自身で選ぶことになると神人達が色々な勘違いした人を諭し、現実の世界へ戻すのを目にしてきたこともあり何度も記事にしています。

中には自分の勘の良さから神に呼ばれていると勘違いし神人の真似事をする人もいて、弟子入り志願の人も色々と訪ねて来ましたが
この人達の人生は子供心にも幸せとは遠い物の様に思えました。
勘に良い人ほど、あまり神人の言う事に耳を貸さなかった様な気がします。
勘違いとは本当に良く言った物です。


精神世界へ執着するのと物質世界に執着するのが実は裏表で同じ波長と自分で感じてから、この神人達が言っていることが腑に落ちた訳なのですが、彼女たちが口を酸っぱくして言う事は古代から伝えられている事だと言う事は後で知りました。
同じ執着ということで来性の世で苦労を請け負うのかも知れませんね。


憧れで神人に寄ってくる人を嫌う神人達も大勢見てきましたが、憧れという感情は宇宙にはないのでこれも良く理解出来ます。

現実でも人に憧れるコントロールがありますが、これも紙一重で憧れの裏表は軽蔑と変わらない波長だそうでやはり宇宙には存在せず人間社会にしか存在しません。

崇めると言う事も非常に低次元なエネルギーだそうで、崇められる相手というのは遅かれ早かれこの世を去ってしまうことしか残っていないそうです。

宇宙以上の物はこの世に存在しませんから、宇宙を下に置き人間一人を崇めてしまえば宇宙のシステムがオンになり場のバランスをとる為に作動し始め、崇める対象は宇宙によって消されることになるそうです。
その崇められたエネルギーを消滅させる方向へ宇宙が働くのですから、自分自身の魂の為にも人を崇めてはいけないと言うことですね。
崇めた代償もあるようですから。



さて、日本の神社などには鏡が備えられています。
この鏡の始まりは太古の昔であれば岩鏡と言って、花崗岩の岩が対象でこれから作られていたそうです。
現在の光り輝く様な現代風の鏡は霊力や神通力が衰えてしまった神主が都合良く創り出したものだそうで、少し前までは
銅鏡でしたよね。
現在は鏡が金ぴかで見栄えに固執し、力のある祭祀王が少ないことを表しているという神道家もいます。



エジプトの頃から花崗岩で創られる装飾品が多くていかに大事にされていたか伺われます。
屋久島もこの岩で出来ているそうです。

最近になり、太陽電池パネル、光ファイバー等々進化は目覚ましく情報を発信する為の振動波は日本中の街や村を網羅しどんな家でも見落とすことなく網羅していますから、神社の鏡を祈りと太鼓で振動させる必要性もなくなり、宇宙のバイブレーションに気づくことなくアクセスが可能な時代になりました。

沖縄の御獄も同じ事で鏡はありませんが、祈りと踊りで村々の家に昔から宇宙のバイブレーションを送る続けて来ましたし、これは現在では廃れたとは言え未だに機能し続け散るからこそ神秘の島と呼ばれる所以です。

又携帯電話は少し違う周波数だと言いますから、別の情報が集合エネルギーに上手くサーフしてるのでしょう。
よく考えてみればパソコンや、アイフォン、アイパッド等は現代の岩鏡の役割ですよね。

ここまで人類は進化してきた訳ですから、後は宇宙意識と人の脳系がお互いにサーフするところまで来たと言うことでしょう。

やはり時代は花崗岩より格段にエネルギーが精妙で凝縮された高エネルギーなレアメタルの時代突入だと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大自然からの要請

2011-12-28 08:57:35 | 沖縄情報
記事の内容が飛んでしまう事があるのですが、思いつく事が極から極への時があるのでご了承下さい。
これもそうですね。

星の話です。

星は人の生命を作り上げることはありませんが、いわゆる星占いなどから人が読み取る色々な情報など、金持ちになれるか?
権力者になるには?良い結婚相手に何時巡り会えるか?
人との出会いなどは星の影響もあるようですが、人の幸せとか不幸せとかの問題はその人の育ってきた環境がその人自身の才能を伸ばせる環境であったかどうかがあり、ひとえに才能と思考が上手く一体化したかどうかではないかと一人で思っています。

人それぞれの相違性も占星術の議論にはなり得ず、又そういったことは星によって強いられる物でもありませんし、それは又それぞれ意味を持っています。

いわゆる今の時代に合いうる為のこれまでの2000年間と言われる暗黒の時代を学び続けて来たわけで、その全てがDNAに組み込まれており
今の時代にどうしても必要な思考の持ち主がこの時期に向け創造されたわけですから、その人達の思考や他の物がこの世界を覆い尽くしたときに新しい創造はやってくると思います。

その時は既に過去にあった人々が再生してこなければならず、聖書で言えば新しい肉体が復活してくると言う事になるのかも知れません。

確かに移り変わる時代ではありますが、生命は持続しその保持者は永遠なのでしょう。

聖書で最後の審判とか言われる物が在りますが、これは必然的に人間のこれまでの歴史からの原因と結果なのですが
新時代は信仰の問題とかで起こる訳ではないので、大自然からの創造主への要請として原因がありそれに応える結果が起きて来るのだと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮想世界

2011-12-28 08:53:16 | 沖縄情報
パソコンが登場して来て私達の生活は激変しました。

色々な情報が手に入り本島に困ることなく疑問に答えが出たりします。
情報網としては非常に重要なツールですが、いわゆる現実と言う物が存在しません。

現実や現場のない所には太陽も光を照らせないのか、インターネットの情報世界はくぐもっているような感じもしますが
何億の人の意識が集中しているところなので仮想現実だとも言われています。

考えて見たら全て神様はお見通しだと言いますから仮想現実であれ、良い意味で何らかの力が発揮出来る世界であれば良いなと思います。

仮想現実はエネルギーですからやはり何事かで一つになれば集合意識に働きかけて物質化することも可能性としては大いにありますが、まだまだ現実や現場へのサポートの方が太陽からは強い様な気もします。

人間が作り出したインターネットの仮想世界は大日如来の力は届いていないかも知れません。

311でこの国の人達は二極化が顕著に見られるような気もします、物事の真偽を真実として見極められる人間と、現実から目を背けていわゆる見て見ぬ振り。

見て見ぬ振りを自分で認識していても、自分で現実を決定する自信がないので、ふるい落とされるかも知れないと言う怖れが常に心にあり怯えながら暮らす人は精神世界で学んだ人に多いと聞きます。
頭だけで学んだのかな?

私も人の事は言えないかも。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

未来からの挑戦

2011-12-27 10:39:32 | 沖縄情報
今現在、沢山の人達が自分で考えて行動すると言う事を止めてしまっているような気配を感じます。
特に精神世界に没頭しがちな人ほど、スピリチュアルに逃げ込み自分自身を生きるのを止めてしまっているような気がします。

こういった方々は立ち上がろうなんてしませんし、声を上げると言う事もしません。
見せかけの声上げというのは現在氾濫しています、また見せかけの集会なども相も変わらずあるようですが
もしかした中には本物にシフトするかも知れませんが、これも分かりませんね。

意味のない集まりなどないかも知れませんが、これではただただ無意味に時間が過ぎるのを待っているだけです。
お茶会等の方が活発な意見が出て遥かに有意義かも知れません。

以前お茶会に誘われて参加した時、スピ系でも何でもない女性が(苦しい毎日でこんな地球いっそ吹っ飛べば良い)と口にして驚きましたが、この人は正直だなと思いました。
今でも自分に正直に嘘をつかず生きていて実に魅力的な人です、その代わり正直なぶん周囲とぶつかりますがこういった人は地球はまず見捨てないでしょうね。


逃避気味の人は人生からの挑戦を自分自身で受けて立とうとしませんから、こういった方々へは新しい人生からの呼びかけと挑戦は来ないかも知れない。
未来から挑戦が来ないと言うことほど、この世に生きていて淋しい事はありません。
自分の心の中は穏やかで生活も毎日静かと言う人は、一度考えた方が良いかもしれません(私の体験からですが)
未来から挑戦を受けてないだけなのかも知れません。

精神世界ほど逃避しやすい場所はありません。
私も現実で生きようとしますが、たまに自分を観察していて精神世界に逃避している自分を発見して驚く事があります。
それでも随分と現実的な人間には変化してきました、シビアなくらい現実的に物を見る私もいて自分を褒めたくなるときがあります(笑)
良くぞここまで降りてきたなと(笑)

自分や周囲を観察を続けると現実で生きることが結局大自然へ繋がる近道だと認識できます。
判断は止めた方が良いです、ジャッジ(審判)がはいりますから。

今だから新しい人生に挑戦ですよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2012年

2011-12-27 09:01:59 | 沖縄情報
数年前から社会やインターネットの情報では貨幣主義経済の崩壊が根強く伝えられています。
経済が崩壊すれば世の中激変も想像することしか出来ませんし、自分が果たして今日と同じ気持ちでいられるかどうかも私の場合わかりません。

この貨幣主義経済が崩壊した時、人一人一人の心の中で何が起きるかを詳しく説明出来る人はきっとあまりいないと思います。


人間の世界は大自然の仕組みの環の中の一部分ですから自然の法則に乗っ取って仕組みが常に発動しそれの沿って運営されています。


電車一駅乗るにも必ずお金が必要で、全て隅々まで貨幣が主導権を握り、そして多くの人が貨幣の欲に取り憑かれてしまいビジネスを始めるとしてもお互いの信頼関係が重要になるのですが、契約時点で「あなたを信用していません」が軸になりここで始めて契約書が取り交わされています。
これも仕組みと言えばそれまでですが日本の場合、昔は約束を反故にすると言う事は恥としていた節があるのでやはり大きく変化してしまいました
(契約のあり方も進化する為にはこれまではどうしても必要なシステムだったと今は思いますし、文章になっていた契約書は契約者同士の心を写し取った物です)
貨幣など、今は幻の電子マネーまでも組み込まれてしまっていますが、電子マネーなる物が登場して来た時確かに操作ではありますが、個人的に貨幣の終了が間近いことを直感として強く感じました。
目に見えないと言う事を見ようとすれば現実で起こる事が実に良く理解出来ます。


世界権力機構はエネルギー、、食品、製薬等々で貨幣を巡る争奪戦を人類に演じさせ利権を手にした少数の羊の顔をした魔人は、我が世の春を謳歌しましたが、大自然のシステムは風呂敷を広げたように全て細分化された文化は大自然の力で元に戻す方向へシフトしています。
大自然という物はお互いの関係性を命ある物同士の交流でその中での体験から来る周波数を大前提に重きを置きますから、結局幻影であった貨幣エネルギーそのもので人類を惑わしたことになります。

現在未来に希望を抱きにくい世の中ではありますが、やはり福島の事が大前提になると思います。
沖縄など何千人の受け入れを無料で開始し始めていますがもちろん避難と言う事はあるでしょうが、これも個人的に実はまだ意図が読めていません(安全だけが目的ではないはずです、何かの利権?)

何かがあるか、日本が危機的状況が起こるかよく分かりませんが何かあるのでしょう。

結局グローバルと言う言葉にコントロールされてきましたが、やはり自分の住む地域との関係性が重要になり絆を深めることが重要になるのでしょう、遠方まで出かけわざわざ気の合う人を探すのは時代遅れかも知れませんし旧世代のシステムになり得るのかもしれません。



私の場合、住んでいる地域が埋め立て地で土壌が作物を育てられないので、ベランダ農園を始めなくてはいけませんがこれも地域の人抜きには出来ませんから協力を仰ぎながら軸立てを開始していきたいと思います。


2012年は間違いなく自分の暮らす地域での助け合いを軸にした生き方へシフトすると私は思っています。
お隣さんと仲良くしましょう、 それが出来てこそ人生レベルでは、気の合う仲間たちと楽しみを共有できると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加