美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

解体

2011-09-30 11:07:00 | 沖縄情報
東京都が汚染瓦礫、受け入れを明日決定するといわれていますよね。
焼却を都内でするわけです、放射能汚染広げたいんでしょうか。


首都解体の方向へ行っていますよね。

人の情報ではなくて、もう自分自身で考えなくてはいけない状況ですね。

何から脱落するか考えるのが手始めですね、根無し草でいいじゃないですか。

星々だって地球だって根無し草のようなもんです、星々は誰とも揉めずにただ存在しているだけで周囲を癒やす。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

何の準備?

2011-09-30 09:42:33 | 沖縄情報
インターネットニュースからの抜粋です、

「都庁停電回避へ東京ガスから電力
都庁、東京ガスから電力購入へ 停電回避へ東電と併用」


着々と移転の準備は水面下で進んでいるような気がします。

新時代への物理的な準備は時間がかかりますから、10年くらいは激動の時代でしょうか。



新時代への準備で思い出しました。

古代人が暮らしていたと言われる地域には世界中で興味深い遺跡などが見られます。
特に私が興味を持っているのがラウンドタワーと呼ばれる物で、ヨーロッパ等でよく見られます。
私はバスク国で見たような気がします。

このバスク国もルーツが分からない不思議な民族ですが、気質からして超古代には日本と関わりがあったと思われます。
日本人に本当によく似ています。

ラウンドタワーは宗教者達によって作られ彼等が作ったようです。
丸筒になっているタワーで窓があり文点が分かるように窓が配置されています。

この要途は謎とされていますが、間違いなく古代で勢力をもっていた種族が秘密として表に出さなかったのだと思います。

不思議なのですがこのラウンドタワーの周りには動物が好んで食べる草が育ち、また野菜なども良く育つと言われています。
これはバスクに限らずアイルランドのランドタワーの周囲も同じようです。

タワーの周囲に生息している樹木、草、野菜などは全て斜めになりタワーに向かっており野菜などが磁石で惹き付けられるように全てタワーの方向へ向かっていると聞きました。

タワーの周囲の緑も色が他の地域と違うようで植物の茂り方もまるで違うようです、聞いてい見るとどうも(星座)と関連しているようです。
古代人は星座と陰と陽を上手く使いこなしていたようですから、磁気として器具を作り出しそれを使い磁気に影響されない岩石などを利用しタワーを設置し、地面からでる出る磁気も利用し星座からのエネルギーも利用したのでしょう、星々からは他種類のエネルギーが放出されていますからそのタワーはその受信体としてアンテナのような役割をしていたと言われています。

このラウンドタワーの高さも正確に計測されアンテナとして共振される対象のバイブレーションなどはメートル波を利用していたとも聞きました。
(古代人は凄いです)

現代の学者はこれに手を出すと先日記事にした(星のDNA)を発表した学者が社会から、意図的に学会から放り出された様な運命になる為、この領域には手を出さないようですが、重要性には着目しているようです。


高さと幅で共振するバイブレーションで思ったのですが、この方法でスカイツリーを観察すると面白いですよね。

古代人が作ったラウンドタワーは周囲の生態系をコントロールするわけですから、スカイツリーの範囲以内はあるレベルで善し悪しも含めてコントロール出来るわけですよね。

古代遺跡が残っている場所には40メートル以上のタワーが残っているそうです。
既に古代人は実験を済ませています、この情報は当然世界権力機構には伝わっており今の世界中の高層ビル、タワー等々が作られたのかも知れません。

考えて見れば高層ビルの周囲は緑が多い地域はあまりありません、高層ビルを取り囲むように小さな家がひしめいて建っています。

これも仕組みなのでしょうね、蔓延する宇宙のエネルギー星々から放射されるエネルギーがそこで遮断されるわけだ。
自然なんて感じられない仕組みに都会は作られているんですね。

スカイツリーは色々と観察しながら考えなくてはいけないものなのかもしれません。

脳波に影響するある周波数をスカイツリーからもし流されたらたまりませんよね。
ロボットみたいになるのかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現状

2011-09-29 11:00:06 | 沖縄情報
あり得ない飛行機の背面飛行ですが、パイロットって食事には気を遣っているようですが白砂糖はどうなんでしょう。

これまでの個人的な経験、又他の方々の砂糖の害から来る物を散々見聞きしてきたのですがパイロットはどうなんでしょう。

白砂糖の取りすぎは完全に思考に影響を与えますからね、未だに摂取すると影響が出るのが分かります。
そうはいっても航空機事故は頻繁に起こりませんから、何とも言いがたいですが。

完璧に断つことはしなくても良いと思うのですが、やはり白砂糖は間隔を置きながら考えながら取り入れた方が良いと思います。
絶対取るなとは言いませんが、食事を意識的に考えていれば過剰摂取はないでしょう。

今はマクロでも昔風の味付けにすると人は余り口にしません、マクロでも甘みがある料理法に変化してきています、厳しい時代だからこそ甘みを求めるのもよく分かりますので甘味が「良くない」とは決めつけられません。
ストレスから来る身体の緊張を甘味な料理で緩めているような気もします。
個人的にはそれで良いと思っています。



さて、昨夜はどうもふくいちで何事かが起こったようです。
ヘリが飛び交い原発はピカピカ光っていると言うことで何も起きていないと言うことは言えないでしょう。
公で説明するのは後出しですから数値は確認して置いた方が良いかも知れません。

現在○軍空母は横○賀に停泊中なはずですが何かあれば、誰よりも早く外洋に避難するはずです。
厚○基地の艦載機は時間に関係なく飛び立つと言われています。
近所ではないので把握しようがないのですが。

脱原発宣言も何だか遠くなった様に見えていますが、時間稼ぎでいずれはベクトルは向かうと思われますがまだ時間が数年かかるのでしょうか。
日本は一見バイブレーションが全て狂い始めているような感もあります、その文自然災害は頻発すると思われますがふくいちが解決するまでは何が起こるかわかりません。
たまにふくいちに視点を向かせ着々と次の何かを計画しているようにも感じます。


周囲を観察して居ると、福島や大地震の事は忘れてしまっているような気もしますし。

結局、人は外側で何が起きても自分の見たいものだけを見て、自分の物ストーリーのなかでだけ生きようとする存在である事を生涯続けようとする性質があるのかも知れません。

現代は色々な意味で余裕がないように設定させられていますから、当たり前ですが大自然からは必然的に離脱しています
自分のストーリーの中で生きる選択地しか残されていないような気もしますので、色々な物から意図的に脱落していく勇気が必要なのだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木村さんのリンゴ畑、放射能物質検出ゼロ

2011-09-28 15:03:08 | 沖縄情報
木村さんのリンゴ畑ですが放射能物質検査した所、汚染はゼロだそうです。

通り一本隔てたリンゴ農園は放射能物質検出があったそうです。

護られるところは護られると言うことですね、人もそうだと思いますし住居もそうでしょう。

紙一重ですね。


ネットニュースで見つけました。

「ラクトフェリンで放射線を防護?」

これは要注意情報です、惑わされないように。
この汚染されていると言われている時期の国産の牛乳ですが、考えてから摂取した方が良いと思います。

待っても困ることはないと思うので、乳製品は国産は少し子供には控えた方が良いと思います。

危険性がはっきりする間だけですから待ってみて下さい、今の情報は本当に当てになりません。

個人的に子供の乳製品はしばらく控えた方が良いんじゃないかと思っています。


太陽活動が少し弱まりましたが、影響が地球に出始めているのか眠いようなボーッとする症状が続く人が多いそうです。

子供には顕著に表れますので、親の「早くしなさい」コールは子供には大変かも。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

マジック軍団

2011-09-27 14:04:05 | 沖縄情報

昨日、何気なく記事にした(星のDNA)ですが、観覧数が多くて驚きました。

よく考えてみれば地球がこれからどうなるかよりも
自分の本当のDNAの事ですから確かにこちらの方が
気になるかも知れません(笑)

自分のルーツを調べることは誰でも通る道だろうと思っていたのですが
(星のDNA)に関しては知らない人が多かったような気がします。

ただ地球が故郷で(星のDNA)自体が地球生まれもいるようですし。



こうなると原初の地球の創造に関わった神々が気になりますよね。
何処をどういじって今の人間型にしたのか、それとも最初からこうであったか?

太古の文明の事を調べるとどうも何らかの神々が関与しているような気がします。


人間の身体は陰と陽をもった磁石的な宇宙エネルギーのアンテナ装置だと言われますから
生まれ星の(星のDNA)が人それぞれ活性化される時期が違うような気もします。
例えですが、木星で何かが活性化されれば
木星のDNA保持者はオリオン星生まれの人より木星の影響を受けるとかあるのかも知れませんね。

どの神々であっても地球に適応して?(もしかしたら神々に都合良く?)作られています、人類は護られる様に山、川、大地、土壌、植物、動物等々そして地球にとってもっとも重要な火山活動を存在させており自然環境に無駄がないように創造されています。

又これからの未来の医療は陰と陽(プラスマイナス)に重点が置かれるようですから
中世から続いてきた弾圧されたハーブ治療家(いわゆる魔女軍団)達と
ケミカル軍団の壮絶な戦いはそろそろ完了すると思われますが
大決戦はまだ必要なのようでもう一度ぶつかるかも知れません。

代替医療の医師達は磁気で言うN極よりS極の方が
生体系を、より健康に促進し効果が高い事に既に気がついています。
理由はわからないようです、説明がつかないんだとか。



ただそれらの原因究明には至っていないようです。
一部の勢力(ケミカル軍団)は既に知って居るのかも知れません。

こういった不可視の見えない力を研究するのが現代科学になれば全てはスムーズに行くはずなのですが
道を誤った感があるのでここでの戦いもつじつま合わせまで時間がかかるのかも知れません。

自然系治療家と西洋医学系医者の戦いというのは結局
現代に持ち越されている魔女軍団とケミカル軍団の戦いの延長戦に入っていると言うことなのかもしれませんが
西洋医学もマジック的な劇的治療はあるわけで
一概に善し悪しは決められないところがあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星のDNA

2011-09-27 08:05:51 | 沖縄情報
太陽フレアの活動が活発な時期が続いていますが、リンクしているのか身体の変調も感じられます。

太陽フレアが活発になると地震との影響も関連がありますが、関東は在りがたいことにフレアが活発化してから気温が低く地面が冷やされ大きな地震は来ないだろうと楽観視しています、個人的には。
気温の差が顕著になるとチョット!

又やけに大規模停電が増えており自然現象かまたは何らかの意図的停電かわかりませんが、何か大事に繋げるレースで言うフォーメンションラップな様な気もします。
疑いすぎな感もありますが今はこれくらいで良いかなと思う私もいます(笑)



さて御獄の話ですが、沖縄には色々な御獄があると先日書かせて頂きました。

御獄の管理人(神人)にも色々おり霊体験もゼロの人がある人突然カンダーリ(神降り)が始まり御獄の管理人になる事もあるのですが
場所によっては血筋で脈々と何百年も御獄を護る家柄もあります。

村の創始者の一族である事が多いのですが、地の縁の場合もあるようです。

こういった一族というのは、血族でしか溶けない呪縛的なものを持っておりこれが原因となり管理人を続けている場合もあるようです。

ミクロで言えば親の因果は子の因果と言うことですが、神人達は血を受け継いでいないと先祖の因縁を溶くことは出来ないとも言います。


一家離散的な状況下に追い込まれた人達が又新たにやり直すには、やはり血縁と言う物は必要な事なようで宮古島では儀式的に離散家族と亡くなった先祖を神人が仲介に入り、引き合わせ新たな家族の基盤作りの知恵をあの世から聞く様な事もします。
家族だから因縁が溶けるという事ですし、家族以外では無理なのかも知れません。

でも個人的にはこの血の呪縛をも解き放つ、大きなエネルギーは既に地球上に出来上がっており気がついた人はここからの情報を既に自分の物にしているような気もします。



土地の因果、国の因果、国民の因果大きく言えば地球の因果をも受けついでいますが、個人的には人類を最初に作った神々の全ての因果をも私たちは受け継いでいるような気もします。

彼等が誰だかは分かりませんが、そんな気がします。

今の科学はDNA研究もかなり進化しているようで人それぞれの星の出身地まで調査可能だと言われていますから、時期が来れば自分の持つ星のDNAも
読める時代も遠くないような気がします。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニューアースの女神

2011-09-26 10:47:04 | 沖縄情報
今回の文明は男性性と女性性を学ばなくてはいけなかったようで、古代を振り返れば女神に例えられるほど古代人の心の中心に描かれるほど神的な物は女性であったと歴史が伝えています。

考古学が進めば進むほど色々な物が覆されますが、歴史を覆す重要な部分はやはり隠蔽されたままのようです。
これは日本でもそうですね。
日本は900年ほど前から武家社会が表に出て来てからは母系社会は消滅する方向へ向かったようです。
この頃から男性性が表面化してきました。
でもそれもそろそろ終わりを迎えようとしていますね。

結局一夜で沈んでしまった文明も女神が中心であったと言われていますが、沈む頃は女神よりもラムーと言われる王が有名でその頃は既に男性が権力を持ち始めていたのかも知れません。

沖縄の信仰体系を見ていていつも思うのですが、ヨーロッパの古代文明の残存をも垣間見ることが出来ます。
女神信仰を主体としていた集落はそのまま沖縄に当てはめられます。
縄文系ですよね。

女神とされた神々を継承する物は、ユタやノロ達に受け継がれ彼女たちの力で旧暦の神事に従い祈りのお時間も全て決められ、祈りの時間も古代から脈々と現代まで伝えられ、現在に至っています。

ヨーロッパの先住民達の古代史を見ても、母系制度社会で沖縄と同じで大地と常に密接に結びつく神事なども姿は多少違いますが同じような物です。


古代ヨーロッパでも水も女神に例えられています、(ポセイドン)も有名です。

来間島の下に未だに眠る続ける地球の大母神も水の女神です。
これを起こすには人間の意識がある程度レベルが向上した時点での、宮古島での神人達の神事とリンクしてくるようです。
結局は最終的に来間大母神を眠りから覚ますのは人間だと言うことなのでしょう。

人って男、女とか全然関係なく母神(女神)に恋い焦がれますよね。

地球起原の神は女神ですから、人の根底の無意識でそれを理解していますから女神を慕うのでしょう。
しかし、またまだ女神は埋没されたままです。

女神を人類が起こさなくては地球の女神は、悲しみの女神のままです。

心の底から男性が女性を求めそれが自分自身と繋がり、心の底から傲慢さを心から謝ったとき女性性の女神は解放されるのかな?
個人的に思うのはそれがないと大母神は目を覚まさないでしょうし、地球で暮らしている女性達も自分の女神としての価値に気がつかないのかもしれません。


三次元で暮らしながらも男性は女性の価値をもう一度見直した方が楽ですし、見直すことで女性の愛し方も変化してくるのだと思います。

結局女の人を陰で助けながら大きな視点で羽ばたかせる事が出来るのは男性しかいません。
でもこれまでの現実を見れば女性は恐怖で羽ばたくのを躊躇します、ここからが男の力で恐怖を祓い落とす力が試されます。

結局、男性にも祈りが必要になるのかも知れませんね。


女性が飛び立てなかった過去の呪縛の鎖を断ち切る事も、これからの男性は役割の一つとしてあるのかも知れません。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

首都解体?

2011-09-25 15:45:52 | 沖縄情報
9月1日に防災訓練である地域の信号を停止し、人の流出を調べる実験と思われる訓練がありました。

考えすぎかも知れませんが、何事かが起こったときに人を流出させない事に繋げる実験だったのではないかと個人的には思っています。

今日のニュースで何気なくキャスターが口にしていたのですが、直下型地震が30年?以内に起こる確率は98パーセントだと何処かの学者さんの説を言っていました、これは事実か脅しか何処かへの誘導的な情報かよく分かりませんがベクトルを在る方向へ向かわせているような気もします。




首都転居説等も大阪説が出ていますが、場が特定されている情報が流出している時点でまず大阪と言うことはないでしょう。
視点を情報操作しているだけだと思っています。
まだコロコロと情報を操作しながら本命に辿りつかせるはずです。

色々な封じ込めを行ったり、放射能汚染で恐怖させたり安心させたりしていずれ東京は首都とは呼べなくなるような状況にさせられるだろうと思っています。

陰陽論で私なりに見てみると、封じ込めを行った場合男性性の力を利用しますから例えると棒にグルグル巻きした輪ゴムを解き放つと拡散して吹っ飛びます。

同じ原理ですね、封じ込めた後は人は思いもしない行動に出るか(食料がない場合は暴動)、冷静な人であれば先を見て都会から離脱するでしょう。

こういったことは自然に起こるのではなくて、起こす物です。
機会を狙っている勢力はいるはずです。

首都を速やかに解体するには都民の意見など聞かないでしょう、ある日突然ムーが沈没したように解体させられるのかも知れません。

一大勢力は文明の解体のノウハウは過去から学んでいるでしょう、古文書などもありますし。
これまで世界権力機構として頂点にいたグループも色々な勢力を巻き込みながら、否応なしに融合されて行くのかも知れません。
主役が交代となってしまうと同じルーチン廻りが始まり、又宇宙の螺旋に飲み込まれて行きます。
今回は是非種族に拘らずに融合と言うことで権力者側には、お手打ち三三拍子でお願いしたいものです。

と言うことで、今回の文明の終焉は意図的に段階的に勢力側によって仕掛けられて行くのかもしれません。
しかし、陰陽裏表一体ですから破壊と創造で新しい時代にも突入して行くんでしょう。

その先は素晴らしい世界だと信じています。
たまに不安になるときもあります。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陽フレア

2011-09-25 15:37:41 | 沖縄情報
太陽フレアですがXクラス爆発連発で相当怖い状況になってきているような気がします。
地球に到達すれば大地震の可能性がありますよね、これまでの経過で言えばですが。

非常に気になっている事があります、福島ですね。
あれだけの暴風雨で直撃だったわけです、雨が凄かった分けですが地下水は増水しているはずです。
第一原発の地下部分の核燃料(メルトアアアアウトした燃料)が爆発しないんでしょうか?

この地震は色々と言われていますが、もし人工説だとして起こした側の勢力はこれも狙っていた?
想定内なのでしょうか?


首都解体の事を先ほど書きましたが、私たちが思っている以上に早く進ませるのでしょうか?

都会の中心はとても住める環境じゃなくなるかも知れません。

祖母が語る、太陽の色の変化を良く聞いて置けば良かったと思うこの頃です(汗)

11月に宮古島へ帰るのですが、神人のおばあさん達に太陽の色のこと聞いてこようと思っていますが、たぶん神人は太陽の色を音にしてその音から来る直感で異変を感じ取るはずですから聞いても私では分からないかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーと沖縄

2011-09-25 09:03:26 | 沖縄情報
他県産の米袋がある時期売れ行きが良かったようです。
福島県での袋の入れ行きが良かったそうです。
と言うことは、偽装される可能性も捨てきれないですよね。


この情報もはっきり言って少しだけ疑いを持っています、自然にそうなったか意図的に誰かが指示したか分かりませんが、他県産の袋に汚染米を入れて全国で販売し終わりしばらくしてから「汚染米は全国に回りました」と情報を流せば、海外からの輸入米は格段に増えます。
権力側の後出しジャンケンです。

やはり汚染米はその場所から外に出さない事が私たちの安全を守りますが、守る気はまるでないと思います。



しばらくお米の産地には拘りを持ち、場所を選び現地から特別に配送して貰ってはどうでしょうか?

原発汚染後「50歳以上は福島の物を食え」とか言う方々もいるようでですが、「ハイ、そうですか」と言いなりになっては、簡単に情報操作にひっかかってしまいますね、こんな情報は姥捨て山理論の様な物です。
今は50才以上の人を対象にしていますが、いつ「40才以上は云々」と言い出す可能性もあります。

ドルがいよいよ怪しくなってきているようですが、私はプロではないので貨幣は分かりませんが、スイスフランが上限目標を超えた場合、制限を設けず介入するという発表をしたのですが、これってスイス銀行に預金している大金持ちに対する何らかのメーッセージではないでしょうか、「心配ご無用」とか。


さて沖縄と言う所は非常に光も強いし闇の濃い所だと何度も書いて来ていますが、ムーが一夜にして沈む時に自分たちの傲慢さに気がついたムー人達の後悔と懺悔と悲しみとともに海底に没し、その意識が強く琉球列島地域に刻印されたからだと神人達は言います。

何千万という魂が牢獄の中に閉じ込められたように島の真下にいると言いますが、その辺はよく分かりませんがやはり強い想念は刻印されたのではないかと、個人的には感じています。

アメリ○軍に封印されている基地の在る聖地などを開放して貰えば、バイブレーションは変化する可能性もあります。

本物の沖縄の聖地は全てこの国の軍隊が基地を作り封印しています。

きっとこれは超古代に、天で起こった事が地に転写されそれが仕組みとなってしまった結果の顛末だと思うのですが、結局輪廻と同類で歴史はルーチンで繰り返されています。

人間がこれまでの原初の神々の転写であったわけで、善し悪しは別にして人類は皆その血を持っています。
三次元を良く観察すれば種族、多種の混血、血が濃い血族等々昔はありましたが、因縁、呪縛、原初の神仕組み自体が野放しになり野放しを修復するが為の沖縄では古代から神事が多方面で色濃く行われてきたと言います。
これは沖縄だけではないと思うのですが、古代文明を紐解いて見てみると女神信仰であった文明が多く沖縄でも神女達が聖地を守ると言う事と関連があるんでしょう。

ニューヨークの自由の女神の事はつい先日書かせて頂いたので、今日は省きます。

古代の女神信仰が強かった文明を調べると、太古から今に伝わる呪縛の意味も何だか良く理解出来ます。
古代では女神は全て破壊され尽くされています。

陽性(男性)の力で陰(女性)を封じ込めたと言うことです。


沖縄の海底には男性性が封じ込められているからこそ、神女が琉球列島を守っているのかもしれません。
私は沖縄の人間ですが沖縄を知れば知るほど、沖縄の闇は本当に濃いです。
琉球古代史を紐解けば紐解こうとするほど、呪縛の重さを再認識させられています。



と言うことで、簡単に沖縄の御獄に旅行気分で訪れない方が良いかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加