美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

旧暦とたまゆら

2010-03-31 20:38:58 | 沖縄情報
皆さん、知ってますか?

日本政府は先ほどの鳩山首相の臨時会見で来年から世界に先駆けて暦を旧暦に戻す事を発表したそうです。

素晴らしいですよね。

これで日本の旧暦は世界に広がりますね。


月のリズムに合わせて自然とともに生きていけますよね。



それからもうひとつこのブログを良~く目を開いて見つめて凝視して見て下さい。


たまゆらがいっ~ぱい写っているのがご覧になれますよね。100個ほど写っています。

少し見づらいのでよ~く観察して下さいよ。大きく目を開いてね。


見えたでしょ?小さいのとか大きいのとか写っているでしょ?












今日は楽しいエイプリルフールですね。(笑)
良い一日を送って下さい。(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気象変化

2010-03-30 09:24:10 | 沖縄情報
気象変化は随分と前からささやかれていましたが、今年に入り異常さが顕著に表れて来ました。

短期間の内に春、初夏、真冬を体験させられています。

本来の天候の摂理は五風十雨といって、五日に一度風が吹き十日に一度雨が降るのが地球に取って理想だと云われています。

人間や他の生物にもそれが理想なのでしょう。

見渡せば人類は自然の形態から大きくはずれています。

人間が大自然から離れてしまったからです。結局人間は感情のコントロールが利かないと突然怒り出したり泣き出したり究極的に他に暴力をふるったりします。

この私達の日常の思考や普段の行動の不調和が宇宙の創造領域に届き、宇宙に届いた物をそのまま宇宙の摂理通り人類に送り返して来ているだけです。

他への愛のない暴力的な行為が反転して地に戻って来たとき、それを怒り狂ったような爆弾低気圧のなかに見る事も出来るでしょう。


話しは戻りますが、日本では上記の風景(街中の暴力行為)は見ることは中々ありませんでしたが、現在一般的に諍いが起こりやすくなっているといわれています。この原因になる物は散々書かせて頂いているので書きませんが。

近所の一軒家が連なる住宅街では庭の木が少し他家側に出ただけで諍いになったりしています。枝一本で顔を合わせても挨拶がなくなることもあるそうですし。

こんな事が日常的に地球で繰り広げられれば人類が創造した想念を人類は当たり前の様に体験させられます。

だから、気象変動は人類の思いをそのまま表しているに過ぎないのです。
大宇宙は、お届けした物を法則通り送り返してくるだけです。

混沌としてきましたが不調和のなかでも、調和を探し出しそれを感じて実行する事も大事かも知れません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

持って行けない物。

2010-03-27 12:05:52 | 沖縄情報
2013年以降もし全く違う世界になってしまったら、そこへ持って行ける物を少しだけ考えました。

生きる事がたやすい時代、いわゆる助け合いは当たり前。

自ら創造した家庭であっても本質から離れた結婚生活は無理でしょう。一緒に居ても幸福感がまるでないファミリーなど。

お互い素晴らしい恋愛関係だと思っていても少しだけでも不安がある恋は持って行けない。

子供を無視した親が決めたレール。

自分と違う人への不安感。

一般的にきちんとした職業についていても週明けの出勤時に気が重くなる会社勤め。

社会的立場で相手を判断した付き合い。競争型ママとか色々とありますが家庭生活ががらりと変化する事は感覚的に予見出来るような気がします。

食ですが、大きく変化するとは思いますが肉食なしというのはちょっとわかりません。
肉食だから菜食だから、での人間性や意識は分別出来ないので。

これからは自分の趣味を通じて知り合う人達、個であって向こう三軒両隣との付き合いが大事になります。良い意味での古代の村社会です。

良い意味での日本文化型未来になると予見する事ができます。

沖縄の久高島などは非常に良いモデルとなると思われます。古代文化がそのまま残っていますから。



放っておいても類は友を呼ぶ事になると思いますが、やはり共同体へ向かっているのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013以降

2010-03-26 20:01:33 | 沖縄情報
2012と2013年の間には宇宙的エネルギーと個人的エネルギー双方にかなりのギャップがあると云われて居ます。その瞬間の双方の意識のギャップはかなりのものだと感じています。

この時期が本当かどうかは別として、このエネルギー変換を迎える日は必ずあると思います。

各個人この時に何かを感じる人も居るし、後になってあの時に意識が反転したんだと気づく人も出て来るのかも知れません。自分が旧世代を越えたとその時に気が付く人もいるかも知れません。

1999年~2000年の時も現実では何もなかったように見えましたが、結局あの時に人類の意識は反転して急激に意識が進化し始めました。

意識が進化するときは小さい波、大きな波があります。


この時期は意識的に大激変するわけですから、昨日書いたように何を捨て去り何を持っていくか、今のうちに全てをかけてある執着から解き放つ努力を必要とする人も居るわけです。

その時に過去、現在、未来のことも必然的に考えなくてはいけないのかも知れません。

何が普遍的かについて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013以降

2010-03-25 08:14:06 | 沖縄情報
季節の変わり目で春になったり冬日になったりで朝からストーブを焚いています。


ふと思ったのですが、この世界はコンピュターゲームのような世界で夢の中で生きておりもう一人の自分がリモートコントロールしているのではと。

感覚的にもう一人の自分が少し上で自分の全てを見ている気がするんです。

進化の為にもう一人の自分を忘れるように設定されているのかもしれません。

とすると、夢の方が現実かも知れません。



巷ではスピ系に限らず2012年が映画まで制作されて色々と取りざたされていますが、時々これに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

何かがアンテナに引っかかります。陰謀というおどろおどろしい言葉は使いませんが意図的な茶番も含まれている気がします。

確かに目で何も見る事は出来ませんが、この時に意識的に進化はあるでしょう。

脳の中で何かポールシフトに値することが起きる可能性をも含んでいます。
現実で地球に何かが起こる事とは、少し違うかも知れない。
あくまでも脳内の出来事だと思います。


疑問に思うのが2013年以降の事が何一つ取りざたされないの所に強い違和感を覚えるのです。

ここには何かがある何かがアンテナに強く引っかかる。隠蔽?

どんな素晴らしい事を言って居る精神世界系のリーダー達もこれにはお手上げのようです。

言及なさっている方々も居ますが、いまいちピンときません。

私も分かりませんが、一つはっきりとしているのは2013年以降に何を持って行けるか、何を持って行けないか、良く考えて行動したり思考したりしています。

大きく意識が変化するという時代には、持っていけない意識もあるわけです。
到底、今のエゴ中心の意識は無理という物でまず通用しないと思われます。


思考は大事なのですが口から出て行く言葉にも注意を払い、口にした事が次世代領域で具現化する様に配慮する様にしています。言葉が全体を創造すると言う事に繋げるように。

時間は未来から来るわけですから。

もっといえば過去から未来に時間は流れてくるのですが、これは次回に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サーファー

2010-03-23 08:14:02 | 沖縄情報
昨日は続きがアップ出来ませんでした。

この友人のサーファーですが、長いサーファー生活の中で深く理解したのが時間は未来から来ることに気がついたそうです。

私も色々と学んでいくうちに同じ解釈をするようになりました。

確かに今の時間、そしてこの瞬間目の前にあることは未来軸からやってきます。

彼は海で波乗りに適した波を待っている時に、目乃前に来る波を見たときに閃いたそうです。 この波は未来からやって来た!
これで人生で変わったそうです。

確かにそうですよね、少し先に見えている波は自分の所に来た時はもう過去になっています。

ですから私達が今現在やっていることは未来から流れて来た事です。


未来とは(具現化していない)(その事が認識出来ない)という意味にも捉えられます。

私達の思考はまだ過去からの連続性の中でしか物事を考えられないし、一分先の事も読めません。

目の前のに起きる事は未来から私達乃元へやって来たのです。

まず目乃前の出来事を未来に対する事として姿勢を整えて見て見ましょう。そして現実、現在という形で具現化する(過去からの光の到着)です。

そして現実で未来と出会っているわけですから、その出会いを休まず続けて行く事も大事かなと思います。その出会いを忘れずに通常の意識を見失わずそして現実を見続けるもう一つの意識(エゴ)に取り込まれずに、それをも越えてしまう強靭な意識を持って生きて行きたいと思います。

今日誰かに良いことをすると、宇宙からの感謝は明日かも知れないし一週間後かもしれない。でも明日起こる良いことは今日の出来事からだとすると、明日の良いことは未来から来て現実で具現化するわけです。

また続きます。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サーファー

2010-03-22 08:18:27 | 沖縄情報
サーファーの友人から聞いたのですが、波が一分間砂浜に寄せる回数と心臓の心拍数は一緒なんだそうです。一寸の狂いもないそうです。

結局、人間と地球は一心同体と言う事です。

この友人はスピリチュアルな事は全て海から学んだようです。彼曰く海は止められないと言って居ましたが、理由は地球と一つであることが感覚として理解出来て波に乗ったときは地球の手のひらに乗せられているようで安心感で一杯だと言っていました。


続きは後で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリカ様

2010-03-19 10:56:39 | 沖縄情報
今話題の女優さんですが、彼女も色々と云われる事が多いですが観察していると生意気なように捉えられていますが、かなり繊細な人の様に感じており時折霊性の高さが立ち振る舞いに現れたりします。


思って居る以上に精神的な苦労が多かったのだと思いますが、弱さを見せない為のカムフラージュであのような立ち振る舞いなのでしょう。
意外に突っ込まれると言い返せないくらい繊細な所もあると思います。

何故彼女の事を書いたかというと、彼女も役割的に大きな物を持って居るように感じています。朝青龍と一緒で憎まれ役を引き受けてくれているだけです。

一見不躾な内容の約束事をメディアに突きつけていますが、内容を読んでみるとこれまで日本の芸能界ではあり得なかった事です。

長男が俳優の卵と言う事もあり色々な話しを聞きますが、非常に保守的で猜疑心、裏切りが頻繁にあると聞いています。新人は人間扱いされないと冗談めかして言っていましたが個人的には事実だろうと思っています。

子供に言わせると彼女は相当自信があるか、おかしいかのどちらかだろうと言って居ました。(笑)

彼女がこれから芸能界で御法度と云われて居た芸能人のプライバシーに関してのこと、悪意ある噂などの禁止を訴えています。

ハリウッドの俳優達に取ってこれは当たり前で日本のメディアも受け入れているのですが、日本人だと許さないというのがこれまでの習慣だったようです。

神様はいろんな人を送り込んで色々な所で浄化を始めています。


こう言ったことが出来るというのは内面から突き動かされている事と、これが使命であれば躊躇せず前に突き進んでいくでしょう。
彼女の表情を観察していると、可愛い以上に何か霊性が非常に高く感じられます。

彼女が言っていることは当たり前の事なのですが、メディア関係の人に取っては彼女の言う事が通ると死活問題なのでしょう。コメンテーターは間違いなく職も失うしもしかしたらタレントの事も好き放題テレビなどで話せなくなる可能性もあり得ます。
彼女が意思を全うすれば、彼女を笑えるのも今のうちだけかも知れません。

彼女の言う事が具現化し始めると芸能界は激変します。上から目線のタレント達も下に降りてくるしか生きる道がなくなり陶太が始まる思います。

役割的に世界を引っ張る北野さんみたいな人もいますが。



芸能界が特別ではありませんからね、普通に戻されるだけでしょう。

自分に嘘をつかない人はまだまだ周囲とぶつかり合います。
芸能界にけんかを売ったと言われていますが、是非最後までやり通して欲しいと思います。

色々な理由をつけてけちを付けている芸能界の人達も最終的に彼女に救われます。

色々な見方がありますが、これからもある時期までバッシングされ続けると思いますが役割を全う出来るようエールを送りたいと思います。

若者の道筋をも身体を張って教えてくれていますから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の神様登場

2010-03-18 20:16:30 | 沖縄情報
沖縄の神様登場と先日書かせて頂きましたが、勘は当たっていました。

実は今現在、那覇へ向かう飛行機は全て嘉手納飛行場の管制下にあります。
これは目に見えないレベルで、ある次元の支配下にある事になります。沖縄ではどうしてもアトランティスとムーの統合が必要なんです。

沖縄周辺は全て米軍の許可がなければ那覇へは着陸できなかったんです。

民間機も全てそうです。

その管制権が日本へ返還されることになりました。基地の島沖縄は過去の事になる日が近づいて来ました。

と言う事は封印されて沖縄の神様が表へ出て来ると言う事です。沖縄は米軍の基地がなくなる方向へ少しずつですが向かっています。

いずれ嘉手納基地も返還され、寂れきっていた沖縄市は活気を取り戻します。
沖縄市の事は皆さんご存じないと思いますが、嘉手納基地と隣接している地域なのですが
個人的にここには非常の注目しています。見えないレベルでですが。


ある時期からバタバタと返還され始めると思います。ただ完全にいなくなると言う事はないでしょうが。

基地が消えていくとき、米軍も占領という呪縛から解き放たれて沖縄には素晴らしいバイブレーションが残されます。以前も書かせて頂きましたが米軍は好きで沖縄に居るのではありません。間違いなくある勢力から頼まれているのでしょう。

何度も言いますが、少しの間沖縄はいろんな事が起こります。
聖地であるため、色々な国から狙われますが問題はないでしょう。

あんまりにも狙われるために大国同士の話し合いで独立という形になるかもしれません。
これも勘ですがまだ少し先の事だと思います。

混乱を抜けきった沖縄が手に取るように見えて来ます。誰もが住みたいと思う素晴らしい島に変わって行きます。



春分の日は浄化の嵐が吹き荒れそうです。

浄化の嵐に吹き飛ばされないようにしっかりと現実で足を踏ん張って下さいね。

空間が生き生きとしていて地球ってこんなにきれいだったのかと、毎日キョロキョロと周囲を見回しています。時代の変化は日一日と深くなっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

声の響き

2010-03-16 15:41:48 | 沖縄情報
声は最古の楽器と言われたりします。

その人が持つ精神性の次元を表していたりします。電話は特に顕著で姿が見えないだけに人の精神性全てを現していたりする事があり、声の使い方も意識していないと一心同体とは行かないと思うことがありました。

声色で人を惑わせるビジネスもあるようですから、最初の直感という物は重要になりますよね。

個人的に声の響きにも自意識は必要だと思っています。

声一つでその人が暮らしてきた長い時間を読み取れる時もあります。笑い声一つでも回りを癒したり、笑い声一つで暴力に近い気持ちを味合わされたりします。

これはその人達の暮らす次元を現して居るんだと思うんです。確かに声には3次元以上の何かを含んでいます。内面、外面に何かを同時に響き渡らせます。


仏教では世界を色法、心法にたとえ立て分けて色心不二までおとします。

言ってしまえば色法とは目に見える世界の物質にあたり、心法は目に見えない精神世界を表します。

声は目に見えず心を表していて仏教的には色法に分類されています。身体と同じ物質と同じ目に見える物質して見るんですね。

目を閉じて聴覚に集中すれば見た目、すなわち視覚に惑わされないその響きが生命を見せてくれます。

声もその人を表します。

笑顔と同じく心も笑顔でいないと良い声は出ません。

テレビなどを見ているときれいな女優さんが不機嫌な声で話しをしていると、こちらの気分まで台無しになったりします。

何が言いたいかと言うと、声も生命で声一つで自分にも相手にも影響を与え、声一つで全てを台無しにする事もあると言う事です。

声は声帯模写のように物まねで真似ることは出来ても、その人の持つ響きまでは真似することは出来ません。

素晴らしい声の持ち主になるまで一緒に精進しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加