美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

思い込みの危うさ

2009-10-30 09:13:01 | 沖縄情報



思い込みを自分で確認する作業と云うのは
容易ではありません。
自分の気持ちの瞬間、瞬間を常に冷静に観察し続けないと気がつかないと思うんです。
自分でクリア出来たと思っていても姿形を変えて現実に現れ続け、本当ににめげてしまう時もあります。

この思い込みの修正には手こずらされる可能性が大です。

強い思い込みと云うのは、陰陽で云うどちらかに傾き過ぎていると言う事になると思われるのですが
個人的にはこの思い込みが地球を網羅しており場のエネルギーにも影響していると思います。

たとえば亡くなった人達
私達のご先祖様を含め心安らかに息を引き取った人と言うのはそれほど居ないと思うのです。
強い生への執着、残していく者達への強力な未練、許せない人への恨み、自分自身の束縛
死への恐怖感などなどそして動物の殺戮、この気は地球の低波動に強く影響しています。

この低いエネルギーを浄化するために
世界中で火の儀式が行われ日本では火を燃やすお祭りとして残されて居ると思うのですが。

今でも田舎に行くと、火を使った浄化の儀式は多いと聞きます。

沖縄の神人などは大量のお線香で場のエネルギーを清めます。
その場にいるだけで熱くて感性の鋭い人は、場のエネルギーが刻々と変化していくざまを感じ取れます。


大きなうたきでは信じられない束のお線香を使います。
巨大なお香炉一つに束ねたお線香をびっしり置き
香炉を50個以上置いて祈るのですが、近寄るだけでも熱い。
特に宮古島のウハルスでの年に一度のお祭りは信じがたき光景で
地球と宇宙の結びつきを強く感じる事が出来るそうですが、一般人は入れません。

此は沖縄付近の話しなのですが、日本でも各地に残っているそうなのでもし近所で火の儀式があれば近くにいるだけでも、高次元のエネルギーを浴びることが出来かなりの浄化になると思います。此はお勧めです。

嘘のようですが、近くにいるだけでも邪気なんか吹っ飛んでしまいますから。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地球の意識

2009-10-29 08:53:41 | 沖縄情報











地球は宇宙の陰陽の法則でなりたっていますが
人間が独自の周波数を持ち合わせているように地球にも独自の固定周波数があります。
人間にも魂と意識があるように、地球も魂と惑星意識をきちんと持ち合わせているんです。
地球と人間が共同体と云われるのは見えないレベルでは同じシステムの中で働いているからです。

私達が地球を選んで人生を創造していると言う事は
地球の周波数にぴったりの意織だったと言うことになります。

地球のDNAと人類のDNAが、ばっちり合ったという事にもなります。

個人的に思うのですが、地球と云うのはこれまではそれほどい周波数に設定された星ではなかったのだと思います。
矛盾するようですがただ霊各は非常に高いと思われます。

だからこそ限界ぎりぎりまで周波数を、低く設定が出来たのだと思います。


そうでなければこんなやりたい放題の、我が儘っ子の人類を教育出来ない。
たまには厳しく愛を持って叱責もしなくてはいけないし
認めて上げなくてはいけないし成長を見守る立場ですから感情的になって子供達を震え上がらせる事は出来ないし。
たぶん地球は泣いたりかりかりしたりする事もあったと思いますが
泣く泣くみんなを赦して受け入れたのだと思います。

地球の周波数は人類が学ぶ事柄に応じて低く設定されて居るのだと思います。

確かにに地球での学びは人間レベルで云えば、やはりこれまでは本当に厳しかったように思います。
意図して飛び込んで来たのですが貨幣システムから来る厳しい戦いに
今も苦しめられています。崩壊寸前ですが。





もともと高い意識の星であれば、病気で苦しむ人もいないし悲しみで涙を流すと言う事もあり得ないでしょうし
苦しむという事を完璧にクリアしていると思います。

と言う事は宇宙から愛を学びにやってくる人類の意識に合わせて設定されて居るのだと思います。


太古の昔の失敗も人類だけではなく、間違いなく地球自身の意識のあり方も影響していたのだと思われますが、強制的に人類をシフトの方向へ導かなかったのかもしれません。もし強制的にシフトを実行していれば散々たる地球は免れられず今の時代も遙か先に設定されて居たのかもしれません。
人類をここまで待っていてくれたのかも知れません。


片方だけのだけ責任と云うのはまずあり得ないのです、陰陽の法則で成り立ってますから。
しかし、私達人類が高次元のサポートを受けながら急速に進化を遂げているように
地球も宇宙や進化した惑星のスピリットから強力なサポートを受けていると思われましたが一旦
この強力なサポートはもしかしたら終了しているかも知れません。

二極化は始まりましたが、新しい現実は出来上がっておりこの周波数にあった方々は
後ほんの少しでここに間違いなく入り込みます。

云われている意識の変化する年、2012より少し前だと思います。
と言うことはもうすぐです。だからといって大勢の人が帰ると言う事とは全然違いますから。
何度か書かせて頂いた通り、天変地異ではありません。

来年あたりから自分や社会のすべてを、天鏡が写し出してくれると言う事です。
私は地球と云うのは、強制的な天変地異は望んでいないのではと思います。

ただ一定の地域をどうしても、病から完治させたい場合の外科的処置はあり得ると思っていますが。


私が大地に潜り込んででも現実を味わおうと云うのは
私達人間の意識はもともとそれほど高く設定されていないのではと感じます。各個人によって違いますが困難が起きたときに何を学び何を浄化するか、この繰り返しで意識はどんどん高くなってくると思っているのですが、個人的に。


ですから、私は人間は急激に覚醒出来ないのではと思っているんです。覚醒に至るまで何十にも学びが用意されている。ただ人によって非常に高い所とアクセスしていると思われますが。今は急激に増えていると云われています。

世界に名をとどろかせる、宗教家でも個人的な感覚として到底覚醒している崇高な宗教家には見えない。人類への愛を唄い続けたマイケルから出て来るバイブレーションとは違う物を感じたりします。比べてはいけませんが個人的感覚です。





そして自分の愛する者を慈しむように、隣人、すべての生命体、地球をも慈しむと言う事が基本になります、当たり前の当たり前なのですが。

中には自分を責めたりする人も多々いらっしゃいますが
人を責めたり責任転換をしていなければ、先へ行ってもまだまだ癒しのエネルギーは降り注いでくれると思われます。
宇宙は徹底的に優しいんです
自分を責め続ける弱い人の手を冷たく手離すことはしません。
人さえ責めなければ、意外にも癒しは深いレベルで起きやすいんです。
人へのカルマがないから。
でもそういう方々の回りには
自分を責め続けている人が多々集まることになりますが。
その方達を見て又自分も苦しむと云う事になっちゃうんですが。




地球が高速回転しながら周波数を上げているから、人間も二極化を始め人間の進化
が信じられない勢いで始まって居るのです。

地球は人類に合わせて周波数を上げているのではなく
自らの意志で人類とは別々に意識を上げてきていると思われます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小さくて大きな命

2009-10-24 10:32:49 | 沖縄情報
13歳のペッとのわんちゃんが、先ほど天国へ行ってしまいました。

命は循環しているけれど、涙が止まりません。

たくさん事を教えてくれた、小さくて大きな命でした。

まだまだ学ぶ事が山ほどあります。

感謝で胸がいっぱいです。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

意識拡大、前夜

2009-10-22 13:23:42 | 沖縄情報








たとえば人間の学校で言えば小学校は小学校レベル、中学は中学レベルという風に
宇宙の進化システムは設定されて居るのだと思います。
うまく説明がしづらいのですが、こんな感じに捉えて下さい。

人類を進化に導くエネルギーもこんな感じで段階的だと思うのですが
陰陽で言うと拡散したり収縮したりですが、実は近々此までの人類の拡散していた学びが一旦
収縮して一つになるのではと思っています。

カレンダーで説明するのであれば、今年位なのかも知れません。
心配しないで下さい、天変地異ではありませんから。(笑)

此までの各個人のエネルギー(想念)を、一旦一つの場所に集めてある時期から
此の想念を各自の目の前に現実化させ、まざまざと見せつける時期が近づいているのではと感じています。
集合意識の各個人での確認という事になるのかも知れません。

これまで時間は加速的に過ぎていましたが、今現在は非常に揺るやかになっています。
1日が24時間以上に感じたりします。

陰陽で言えばエネルギーが交じり合い、
螺旋状に回転が起こっている最中でもうすぐ物質化して現実界に表れる一歩手間でです。

いわゆる宇宙の停滞期です。
宇宙は進化していますが、停滞もあります。人間でいえば何をやっても物事が何も前に進まない時期と言うか。

今この時期は地べたに這いつくばる覚悟で現実を生き抜いた方が、現実で見せられる物が少ないと思われます。
あんまりいろいろな情報を入れたりすると、個人の想念が拡散して現実に現れた時に、得体の知れない物まで引き受けた物を見せられます。

今の時期は目の前に起きる出来事を、何も考えず淡々と受け入れて解決していく方が
想念ダイナマイトの爆発を最小限に出来るのかも知れません。

現実からぶれないと、言う事になるんですが。そして人のせいにしない、絶対に。


情報をたくさん取る事を仕事としている、いわゆる妖しい(精神世界)のグループなどなどと、
常に一緒に行動を取っていると、彼らの持つ磁場の想念を近々目の前で違う役者によって実演されてしまいます。役者の一人になってしまうかも知れま
せん。


精神世界でも言葉で人を集めてお仕事をされて居る方々が、
最近体調を崩される方々が増えて来ているそうです。
私が知って居るかぎりでも、何人かいらっしゃいます。
この方々は物事の実現化は早いと思われますので、一般より実現化は早いかもしれません。
ただ、カンは鋭いので情報発信の違いに気が付くのも早いと思われます。
読みが鋭い人もいらっしゃるので中には、かなりの高次元の情報を発信し始める方々も居ると思います。ここで勘違いをするとまた停滞してしまうと思われますが。


それから、これからは意識的、無意識的にでも誰かを排除したり無視したりも、
これからは想像出来ない厳しさで宇宙は学ばせてくれます。
人を排除、敵視、無視するなどは自分自身を排除、無視しているのと一緒です。
排除、無視、敵視などはは自分自身も宇宙から無視されてしまいますから。
宇宙に敵視はありませんが。

この逆もあるんです。

目の前に現れる人に思いやりを持って、愛を持って、相手を尊重して、
結果は相手に与えた事はあなたが受け取ると言うことにますよね。
まず最初に与えることから始まるのかもしれません。。

みなさんご存じの事ばかりで言う事もないと思うのですが、
目の前に現れる人をどんな人でも愛を持ってと言うことですが、此がなかなか出来ないですよね。
その時の気分もありますし。

ただ、高い意識ももちろん現実化されますが、この高い意識はあなた自身と一緒に
未来の高次元意識のなかに置かれる事になります。
意識が高ければ高いほど、どんどん未来に引っ張られて行くことになります。
そして、一段階上からの情報を直感として受け取ることになると思います。
個人の高い意識が未来の地球の集合意識にセットされるんです。



もう今は苦手なお隣さんにも、口うるさい近所のおばさん達にも会釈だけでもしたほうが良いのかな~。(笑)

とにかく今年は、みなさん地面に潜り込むくらいの気持ちで現実で一生懸命生きましょう。





この時期、少々体調が乱れることがあります。

スパイスは控えめに。

テンプレートもスパイスです。(笑)

この時期には、キノコ類を食べてリンパ管の大掃除をして貰いましょう。
キノコはアルカリ成分や分解酵素が多く含まれています。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

残る人の続き

2009-10-16 09:59:17 | 沖縄情報


貨幣システムの崩壊が急激に起これば、中間にいる方々の変化もあるし今のままお金や物質にしがみついていれば、その方のまわりは同類に囲まれる事になるんだと思います。

個人的に思うのは、地球の未来は以前からお伝えしているようにやはり貨幣システムの終焉にかかっているのだと思います。

貨幣の関しての考えは、木村さんも同意見でした。やはりお金で大変な苦労したわけですから。

ですから、私は一度に災害が来るとはあまり思っていないのです。

世界中の緑がある時期から枯れると説にも、ニュートラルな立場をとっています。

宇宙は循環していますから、望みは大いにあるでしょう。

緑がもし枯れ果てたとすれば、陰陽の法則で水が浄化にやってきます。
その後は、緑が急激にもどりますし。完璧にできているんです。

それでも地球自体は大丈夫だと思います。大昔から地球だけは大丈夫でしたから。

一変に大変化もないと思いますが、小出しに世界中で浄化はあると思います。

先日都心へ出かけたのですが、驚きました。

数ヶ月前と場のエネルギーが、全然違うんです。少し前までの東京は怖くて寄りつかないようにしていたのですが、今は別次元。
東京は未来都市として残るんだと思います。全部ではないでしょうが東京の崩壊はないのではないでしょうか。

断片的に何か浄化のような事は起こるかも知れませんが、もしかしたら地球上で一番安心な都市のような気がします。
ある時期に見えないレベルで設定されたのかも知れません。


未来都市として、世界中が手本にする地下都市だと思います。東京人の心の浄化と
ともにもっと変化していき、本当に素晴らしい人間主体の都市に必ずやなると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残る人達

2009-10-15 10:06:30 | 沖縄情報







地球が次のステージに移行していくには
人類の意識がある臨界まで達した時に始めて
すでに出来上がっている新次元の中で生きていけるのだと思います。

中には今現在でも、次のステージに移行し未来の領域で生きておられる方も多々おり
そういう方々は今、現実の世界で自分の仕事に頑張っている方々に多いように思います。
そしてもうすでに目に見えないレベルの力に、気が付いて居るのではと思います。
口に出さないだけで。口に出す必要もないと思っているのかも知れません。

その未来を現実に迎えて生きている方々を見ていて思うのは
色々な要素がありますが、個人的に思うのですが排他的でないと言う事につきます。
人種、宗教、文化、などなどを完全に完璧にクリアしているように見えます。

自分が何をやっているか
自分の口から何が出るかを良く考えて行動しているのではと思います。
まず周りの人間を不愉快にする事はまずあり得ません。 

言葉に生命がある事を知っているのでしょう。言葉だけではないのですが
自分の意識の中でも周りの誰かを意識的に排除する人達も、ある段階に来た時自分の発した意識と
倍返しで引き合わされることになります。
常に天の鏡と向き合わせられる状態と言うことですね。






私見ですが、世間を見ていて思うのは高次元の未来で生きて行く人間はもう選ばれているのではと妄想してます。
その間にいる方々も居るとは思いますが。
自分も何処にいるか分からない。

マヤ歴など色々と言われていることもありますが
私は近未来は人類が一時期、意識レベルで
完全に二極化し一緒に社会生活を送るのではと思っています。

二極化した人間は、同じ物を消費し、同じ生活用品などをを使い
子供達は同じ学校へ行く思いますが、見た目は同じでも意識はまるで違います。

かたや、高次元から瞬時に情報を取りながら現実化しながら生きていますし
かたや三次元のまま生きて居ますが、想念は瞬時に現実化し、頻繁にトラブルの絶えな
い厳しい生活環境の中で生きて行くと思います。

高次元と生きて居る方達は、3次元で生きて居る人達と情報が違いますから
普段の付き合いも変化していき会話もちぐはぐな感じになると思いますが
どんなに低い意識で生きて居る人が大騒ぎしようが、高次元意識で生きて居る人は彼らに引っ張られたりしません。
トラブルが絶えない人達の中で、ここで多くの事を学び次の段階のエネルギー変化で
高次元意識に引き上げられる方もいるとは思いますが。
このエネルギー変化ですが、陰陽の変化です。シフト的な物とは違います。

ただ、一気に大災害で人がいなくなると言う事とは少し違うと思います。
日本でも数年で高齢者社会が来ると言われていますが
彼らが天命を終えれば人口は減ります。

後進国と言われている場での人口は増えていますが
意図して生まれて来ているとは言え長生きは本当に難しい国です。

大国でも貧富の差は激しく
医者にかかれず子供のうちに命を落とす割合もかなり高いです
本当にアメリカではひどい、日本人が知らないだけです。

あるレベルまで達するのにまだ時間はかかりますが
地球的に心を痛める事が頻発したときに若い世代を勇気ずけ助けてくれるのが40代、50代以上の方々です。

もし急激にシフトがあるとすれば
間違いなく40歳、50代以上の方々は残る割合が高いと私は思っています。
昔のトラウマや体験した物を完璧に浄化していた場合だと思いますが。
彼らにはこれまで体験し経験した事などを伝えられる知恵があります。
だてに年を重ねていないんですね。

逆に人をいじめ、いじめの現場を黙殺していた傍観者は
特に若者などは意識が臨界点に達した時、被害を受けた人々の苦しみを思いっきり味わうことになります。
ただ若者ではなくてもこういった体験をした人も同じだと思います。
いじめを繰り返した人間よりも、傍観者はもっと大変なのではと思います。
傍観者というのはだいたいにおいて
物事を見ないふりをして生きていると思われるので自分の心の中を問い正す事はあまりしないかも知れません。

良くインディゴだ、クリスタルチルドレンだという方々もいますが
彼らが特別であるわけではなく
大昔から時代を変化に導く魂は常に生まれて来ています。

中には、うちの子はインディゴなので育てにくいんです
と言う親もいますが、昔から育てるのが難しい子供は山ほどいます。

自分の子供が特別だと言いたいのかもしれませんが
宇宙から見たら人間一人一人が特別な存在です。
神様の計画を実行してくれるわけですから。


そうでなければ、石器時代からここまで進化するわけがない。
大自然からの情報をキャッチしてきた魂は
その時その時を選んで生まれて来ます。そして役割としての仕事をきちんとした形で残していきます。

人間社会には学校など学びの期間を、小学校、中学、、高校と分けていますが
地球の進化もそういう風になっているのだと思います。

ある期間、この期間はこれだけの学び
ある期間はこれだけの学び、と意図的に脳は封印されているという見方もできます。
 簡単に覚醒できないようなシステムになっているのではと
思ったりします。
太陽のエネルギー変化が大きく作用しているのではと思っていますが。






















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

木村さんの話と意識拡大へ

2009-10-10 14:03:01 | 沖縄情報








地球が進化していく課程でいろいろな出来事が起き始めていますが
最近思うのは予言めいた事を書いてある本とか
ブログ系などが全部とは言えませんが外れて来ているような気がします。かなりの確率で。
ある時期から、果たして信頼性はどうなのかと考えた事もあります。





以前はスピリット系の本などを読んだり
ブログも見ていた時期がありますが、最近は見なくなりました。
本屋さんも精神世界系の場所は、意識しないと通りすぎてしまいます。





木村さんは龍神や宇宙人?のような存在から地球が変化していく事を聞かされていますが
それは木村さんにとっては大変化があるかも知れませんが
すべての人類が体験する事がどうかは天のみぞ知るでしょう。


木村さんには、あのような神秘体験が必要だったのかも知れません。
天の采配でしょう。もしかしたらあの体験がなければ今の木村さんは?と
考える事もあります。

木村さんは数日前まで、韓国からの自然栽培視察団とのセミナーがあったそうですが
今、韓国では7月に発売された(奇跡のリンゴ)が、17万部も売れる大ベストセラーで、一躍時の人だそうです。
11月には韓国で特番も組まれているそうです。
リンゴだけではなく、彼の体験した神秘体験の事も一気に広まり
メディアが持ち上げれば、日本以上に彼の人気は上がっていくと思われます。

木村さんは、本当の意味でのクリエーターだと思います。
木村さんは世界の筆頭に立ち農の世界をクリエートして行くと思われます。
日本のクリエーターは農に限らず
色々な分野で世界に拡がる予感があります。


 

ただ気になるのは、木村さんが(おれ、一人になりたい)と仰っていたようで、疲労困憊しているようです。
深夜にピンポンと、木村さん訪ねて来る人もいるわけですからそりゃあ疲れるでしょう。

木村さん畑には、以前はなかった(立ち入り禁止)の看板が出ていました。
勝手に入り込む人達が、増えたんですね。

早くゆっくりと
家族と団らんを囲む時が来ればいいですね。



私は意識拡大は必ず来ると思って居ますが
各個人、すべての人が同じ体験をすると言う事ではないというスタンスをとっています。

同じ物を見ても人それぞれ感じ方が違うように
生き方もそれぞれ違うしたとえ
親子として地球に存在していても、目的はまるで違うのではと思います。

この意識拡大を体験するのはあるパーセンテージだけで
同じ地球にいても高いところとつながり生きて行く方、3次元の中でこのまま生きて行く方々がいると思います。

同じ地球に暮らしながら?と、思われる方々も居ると思いますが
現在でもそうだと思います。
これが二極化し高次元で生きる方々の意識が今とは想像も出来ないところに移行するのだと思います。


同じ空間に暮らしながらも
意識は違う領域で存在していると言った方が正しいのかも知れません。

個人の目的や役割はその人しか出来ないわけで
誰も身代わりになることは出来ません。

木村さんに憧れて自然栽培を始められる方々も増えましが
自然栽培ではなく木村さん個人に意識のチャンネルを合わせる方々も非常に増えて来ています。
確かに木村さんが経験させられた苦労は、私達の想像を超えています。

地球には次世代を担う農法がたくさんあり
自然栽培もその一つだと思います。

木村さんの農法は彼のリンゴへの愛情と
諦めなかった事が支持されているのだと
思います。


確かに、すべては宇宙の采配、という本は出版されましたが
だからと言って信奉する対象になってしまうと少しブレがあるかも知れない。

私も個人的には木村さんが好きですが
先輩として尊敬はしていますが、信奉の対象にはなりません。
誰であれ、一人の人間の意識を集中して向けると、これまでの体験であまり良い事はないからです。

確かに精神世界のリーダー的な人達は高次元から情報をとって居たのだと思います。
ただ、全員ではないにしろ現実での生活態度を見ていると
果たして意識が高いのかどうかは分かりませんでした。
上から目線というか、散漫というか。

放っておいても大変化は来るわけですから
現実で自分を見つめながらゆっくりと暮らした方が
そのポイントに向けての怖れは小さくなって行くと思います。
巷で言われているアセンションというのは、
孤独な内面と向き合う方法とそれで得た学びをどう体現するかにかかっていると思います。

先ほど書いたように、ひとりひとりのアセンションはぜんぜん違います。
人の数ほど違うアセンションがある。












コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

陰陽で見るリセット

2009-10-09 08:24:09 | 沖縄情報










以前のブログにも書かせせて頂いた通り、現在は一瞬にして情報を摂ることが出来ます。
大宇宙のスーパーコンピューターから情報末端の人間に瞬時に回答が来る気もします。

しかしパソコンから情報を取る為に
パソコンの機能を上回る情報をあまりにも多くダウンロードすると、故障するか壊れてしまったりします。
リセットする事で作動します。

自分をより進化させたい向上したい!そういう気持ちは誰にでもあります
膨大な精神世界の本を読んだり精神世界のセミナーなどに
頻繁に出入りしたりしていると、依存してしまう低次元のエネルギー同化する事になり
向上どころか学び直しにまで戻されたりします。
これもリセットのひとつでだと思われます。


宇宙の法則に依存と言う物は存在しないのです。

現在は情報が氾濫しており自分の外側に目を向けるのは賢明ではありません。

潜在意識の中に入り込んでいる旧世代の
ネガティブな物を中和する作業、いわゆるニュートラルにする事に集中した方が、間違いなく進化が促されます。

20世紀に幅広く闊歩していたそれが当然のように
(他人に責任を押しつけると仕組みが)創り上げられていました。
そこから来る、憎悪、怒り、妬み、などなどで、本当に多くの人が苦しみました。
もちろん、貨幣システムの中で暮らしていく苦しみもありましたが。

新時代の基本は、すべての責任を自分自身で引き受けると言うことに集約されます。
旧世代の進化を遅らせたのは、責任を逃れると言うことでした。
誰も責任を取りたくない、学ばないということですから進化するわけがない。

そして、人と自分を比べないと言う事も重要なんです。

女の人は全員ではなくても、頭ではいけないと分かって居ても外見を非常に気にします。
信じがたいのですが、中には外見で自分が勝ったと思う人もいたりします。
着ている洋服のブランドで自分を判断している、旧旧世紀型の人もたくさんいます。
年齢に関係はありません。


どういう事でも、何かと自分自身、生活環境などを比べて不安になったりしないことです。

この比べると言う事は、実はみなさんが思って居る以上に重要な事なんです。

陰陽のシステムで、未来とのつながりが閉じられてしまう可能性があり得るんです。

新しい現実に置いてきぼりにされてしまうんです。



おさらいになりますが、陰陽のお話をすこしだけ。

陰陽の陰とは拡がっていく遠心的なエネルギーをいいます。そういった状況をいいます。
陽とは収縮していく求心的なエネルギーを言います。そういった状況を言います。
二つのエネルギーが混じり合い、螺旋状の回転が生じる事によってエネルギーが
凝縮して物質化して現実に現れてきます。

宇宙が停止するという事はありえません。
常に進化しています。

そして、凝縮した物質は時間とともに広がりをみせて宇宙に、還っていきます。

宇宙万物は循環していると言う事なんです。絶えず新陳代謝を繰り返しながら変化しているんですね。
その変化の一瞬を捉えたのが、陰陽です。
ですから、絶対的陰とか、絶対的陽とかというものはなくて絶えず変化をしていると捉えて下さい。
陰は陽へ、陽は陰へと変化しているんです。
少しは理解出来たでしょうか。

実はこのシステムで、言われている未来の意識拡大に繋がっていくんです。

一瞬の陰陽の変化で、未来に起こるであろうと言われるリセットが決まるのではと個人的には思っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたも自転して公転している

2009-10-08 09:23:13 | 沖縄情報
大自然の中心には、ダイナミックなエネルギーの循環があります。

水が太陽の熱で蒸発すると雲が出来、雲が発達すると雨を降らせて、雨は干からびた大地を潤し、地球上すべての植物は水分を根っこに蓄えて、葉っぱから水を空気中に放出するというように、水も絶えず地球上で絶えず循環しています。

この中に先日、日記に書かせて頂いた四季があります。

地球は自転しながら太陽の周りを回っていますし、太陽系自体も自転しながら銀河系の中で公転しています。

宇宙も循環しています。

人間も家族で、社会生活も経済も、すべて循環しています。

宇宙にある物すべては循環しているんです。私達は個人も惑星もすべて生命ある物は自転して公転して生きているんです。

そしてエネルギーも滞ると大きくバランスを崩しますし、水は滞ると腐ってしまいます。

昨日書いたように、人間も血に滞りがあると病気なってしまいます。

今回の台風も起きるべきしておき、循環するエネルギーの中で夏の気の滞りを浄化してくれました。

大地は陰陽で見ると陽性になります。
風は陰に属します。台風は表面だけを浄化するのではありません。

台風は地球の中のエネルギーをも引き上げながら消えて行くんです、だから台風の後は地球の中が良く動くんですね、地震が起きるんです。

大きな台風でしたから、日本だけではなくて広範囲の地域での浄化があり地面が動く可能性があります。



実は台風は人間をも浄化してくれているんです。

お昼頃あたりから気分が良くなってくるはずです。外に出ればきれいに浄化された
外の空気は清々しい物があります。

風が止んだら浄化して頂いた自分を感じながら外でも出かけて見て下さい。
気分爽快ですから。

感受性の鋭いスピリチュアルな人の中には、台風の時、目に見えない物をきれいにして貰っている人達もいます。









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お酢とちょっと怖い話

2009-10-07 08:47:31 | 沖縄情報








あまねく宇宙は法則として陰陽の力で、規則正しく動いています。

今日は陰について、人間の肉体にたとえて少しお話しを書かせて頂きます。

陰陽の陰とは広がりを見せる遠心力的なものを指します。名前のとおり陰気、冷たいというイメージ道理のものです。
身体で言えば冷えを表します。

陰性の性質は、冷やす、ゆるめる、溶かす、こんな感じで捉えてみて下さい。

人間の体質で言えば、冷え性、低血圧、貧血タイプ、顔色が青白い、などなど。

食べるもので言えば、例えれば匂いが拡散していくものであればお酢があります。

小皿に注いだだけで匂いが部屋中に拡がります。拡散するんですね。
ですからお酢は陰性が強い食品の部類に入ります。

お酢はだいたい夏の暑い時に食べるのであれば、毛穴が開いて身体の熱を逃がしてくれます。
冷やしてくれるんです。

ところがこの時期や冬にたくさんと摂ってしまうと、逆に身体の熱を外に逃がしてしまいます。
身体が冷え、万年冷え性になってしまいます。

また血管や、毛穴、胃腸が緩みすぎるので、低血圧、脱毛、腸の緩みからくる便秘になってしまいます。

みなさん、酢卵ってご存じですか?
卵を殻ごとお酢に漬けておくと、殻も身も溶けてしいます。

お酢を春夏秋冬、摂取しすぎると血液や血管が溶けてしまい貧血、内出血を、おこしやすくなります。

肉食、昨日書いた肉食過剰で顔がまっ赤で汗を良くかき暑がりな人が摂る分にはさほど問題はありません。
彼らはだいたい筋肉質で血が濃いですから、お酢の溶かすという力必要になります。

ただ、顔が青白くて手足が冷たくてやせ衰えていて血圧の低い人がお酢を摂ると問題が出てきます。
人によっては生死を分ける場合もあります。

お酢を使うときは、血の塊でる肉や赤い魚などの動物性酵素として使用して下さい。
酢豚、酢蛸、お寿司、タンパク質が硬くて消化の悪い食品にお酢を合わせて
使うと消化が促進されます。
ただ、白い砂糖や果物に使う場合、拡散する力がもっと強くなるのでこの時期は要注意です。

お酢は、本物のお酢を使いもましょう。
本物のお酢はスーパーーなどでたたき売りはしませんからよくよく選びましょう。







この時期や春先、山道などに爬虫類などの轢死体を見かける場合があります。

ある友人の家の前の道で、まむしが車に轢かれて放置されていました。
ほっておいたのですが、どうも気になり掃除を始めました。

物体は簡単に処分できましたが、血がこびりついてどうやっても取れません。
いろいろな物を使いましたが、無理でした。

マクロの先生なので陰陽で解釈しました。
血液はかなり陽性寄りの部類に入ります。そこで陰の強いお酢を原液でふりかけ
道路にこびりついた血液を溶かそうしました。

しかし爬虫類の血はなかなか溶けないんです。

蛇の持つ性質がこれに表れているんですね。執念深い人間は良く爬虫類に例えられます。
執念が強いんですね。
 人間の血液はこびりついてもお酢で簡単に取れるんです。
血液にすべてが現れているんです。
血の持つ力は、又別の機会に。

良く血筋ってありますよね。

人間も執念の強い人は血が濃くなるんです執着から。
たとえ菜食主義者でもです。
良く、自分は菜食だから血がきれいと仰る方もいますが、想念もきれいであればの話しです。
菜食で、他の人の食事内容の揚げ足を取って中傷する人の血は
肉食過多の人より汚れている可能性だってあるわけです。
たとえ肉食過多であっても、気持ちの清々しい方は山ほどいます。
食事の仕方を知らないだけなのかも知れません。
他の人の食事内容へのアドバイスもほどほどに。
何事にもですが。

血が濃いといろいろな病気を引き起こします。
同類で邪のエネルギーを呼び寄せます。
食は本当に大事です。邪も払う事が出来るんです。
もちろん自分の潜在意識を観察する事が、重要になります。

常識から外れるくらい食にこだわり過ぎる人は、目がつりあがっている人が多いといいます。
だいたい陰性過多が多く見られるのですが。
自分であう物を引きつけているんですね。
マクロを厳しくやっている方々に多々見られるような気がします。
食に限らず何でもほどほどの方が良いですよ。

食がすべてというわけではありません。
バランスです。
何でもニュートラルで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加