美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

創造と破壊

2009-04-25 19:45:42 | 沖縄情報
      


      先日、沖縄へ行ってきました。今回は自然栽培のプロ達と
一緒に行って来ました。天気予報は雨でしたが空港に着いた時から太陽が顔を
出してくれてみなさん大喜びでした。

色々な生産者さん達との出会いがあり、沖縄の農業も少しずつですが変化して
行くと思います。ただ他県より少し時間がかかるかも知れません。

自然栽培セミナーなどもあり35人ほどの生産者さん達が集まってくれました。
今回は実習がなかったので、次回色々な先駆者達を沖縄のほうへお呼びしなくては
話しが始まらないかも知れません。

これから農業はビジネスとしては良いと言われていますが、やはりブローカー
達もおり、農業ビジネスというものを少し考えさせられました。
農業はまだまだ男の力が強いですし、自然栽培生産者とオーガニック生産者達
との間にはかなり溝があり、セミナーの質疑応答でもかなり感情が入り私は
少し震え上がりました。

オーガニック生産者さん達も色々と、苦労が多いようです。
全ては貨幣システムからくる害なのではと、個人的には思いましたが。

あれだけの生産者さん達が来てくれたのですが、家族がいる方達は恐くて
自然栽培には自信がないようです。
今の生活を絶対に落とすことは出来ないのです。子供を大学まで行かせたい
思いで必死に高額な化学肥料を使い野菜を作っています。
環境汚染だと知ってはいても、家族を思えば辞めることが出来ないのでしょう。

それでも今の農業では未来に無理があると考えている、三人の農家の方が
自然栽培に転向する事になりました。

貧乏は覚悟の上でしょう。こういう方達から世界は変わって行くのだと思います。

関東でももうすぐ自然栽培のマンゴーが、手に入る様になるでしょう。

マンゴーの栽培はかなりの農薬を使いますからね、楽しみですね。




私はスピリチュアルに生きたいと思い、なるべくその法則を忘れないように
日々を生きる様にしているのですが、頻繁に忘れたりします。

今回の沖縄のセミナーの時もそうでしたが、感情的に攻撃的に意見を言う人
とやりとりがある時、まるでプロレスの始まりの時のように戦闘開始のゴング
が、頭の中で響き渡るような感覚があり、一瞬に戦闘モード体制に入り込み
さあ来い、とばかりに身構えます。

此は長い間に培われて来た心の癖なのだと、自分自身で自覚しています。

これが日常的になっていた時期があり、そう簡単には抜けません。これでも
かなり温和になった自分を発見するときもあります。

色々な事で自分自身を縛りつけ心が、自由をなくしてしまう何かが潜在意識に
刻み込まれているのかもしれません。


それから以前にも日記で書いたと思うのですが、何かを始める前にスピリチュアルな法則を完璧に忘れてしまい、まだ何事も起こっていないと錯覚してしまい
自分の頭で考えてしまい物事の実現化を、遅らせてしまうことも多々あります。

頭に浮かんだ計画は自分の計画ではなくて、天の計画であるときもあります。

頭で浮かんだ計画は天では完成しているからこそ、インスピレーションで
浮かぶのですが、まだ目に見えていないと待つ事を忘れてしまいます。
待っていれば、天が計画した通りに事が動くのに待てないのです。
ここで余計な事をしてしまうのです。計画を最初から何度もやり直したり
違う事を始めたり、結局最初の計画に戻されたりします。

これも心の癖かも知れません。此を常に繰り返したりしていると潜在意識に
組み込まれて、最後まで物事をやり抜くことが出来ない習慣を作り出して
しまうのかも知れません。

物事を完了させることが出来ない、心の癖に入り込んでいるのでしょう。

私はどんな小さな事もやり遂げる様にしています。忘れることもありますが。

個人的にこれが大変な時も有りますが、やりかけの物を最後まで根気強く
やり遂げ、そして完成させる事は潜在意識のあり方を根本的に変えると思い
ます。物事を完了させる事は物事の現実化を非常に早くなり、私達が何かを
願ったりすると、必ず受け取ることになるのではと思っています。

天がその道を作ってくれるからです。今は特に速い。

物事を完了させていく事を習慣にしていくと、自分の天職に導かれていきます。

トレーニングも何にも入りません、天職ですから。もう自分自身に備わって
います。

自分の才能に気がつくと躊躇や恐れはありません。私もそうでした。

失敗もしましたが、それでも教室を完了させました。

いまでは、50人以上の教室でもアシスタントなしで一人で問題なく終わらせる
事が出来ます。

天職について迷いの有る方は、洗い物でも掃除でも完了させる事を癖ずけ
すれば自分の天職に間違いなく導かれて行きます。













コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

原因と結果

2009-04-03 12:48:46 | 沖縄情報












当たり前の話なのですが、結果のあるところには必ず原因があるといいます。

偶然の出来事という物はあり得ないと、個人的には思っています。

自分自身の今の人生を見て見ると、やはり過去生もからんでいるのかなと
思ったりします。
よ~く自分を見つめていると、色々な疑問が輪廻転生を通して見るとその
疑問から解放されるような感覚になるからです。

色々な出来事の中に輪廻転生の法則が隠されており、その中に答えが
あったりするのも事実としてあるのでしょう。

今の自分は過去において生と死を、何度も体験していて現在があります。
私達は体現されなかった理想や夢や望みなどを、因果応報の法則に
よって地球に戻って来るのではとも思います。
もしかしたら過去の借りを返したり自分自身の運命を完璧に体現するために
天に戻されているのかも知れません。

何不自由なく富と健康を手にして生きている人達は、前世で潜在意識に
豊かさと健康と繁栄を描き、貧困で病苦の中で苦しんでいる人は貧困と
病苦を描いていたのかも知れない。
特に生命を終える間際の感情は未来の自分に、かなり影響を与えると言います。

どんな人間も潜在意識に描き続けている何かを、自分に引き寄せ現実化
させます。

  そして人間が常に悩まされる生と死も人間が作り出した物です。
   巨大宗教が意図的に生み出した死への恐れもあるといいます。

此は生と死の二つのパワーを信じることによって、死の恐れから来る低い
意識レベルまで落ちてしまった故に、作り出されたしまったと思います。

本物のスピリチュアルな人達は、生まれる事も死ぬこともないと知っています。

人は生まれた事も死ぬこともないのです。ず~っとこのままです。
   人には初めも終わりもないのだと思います。

    私は個人的に、この真実しかないと思っています。
この真実を通して因果応報から解放され大自然のあるがままの御姿に
  象られた人としての一生を現実化して行くのだと思います。
   「すみません、感覚的な物なのでなかなか文章に出来ません。」

私達の真理とともにある自由は、自由によって個人の運命を達成して人生の
計画を天とともに実現化することによって、体験出来るのではと思います。

簡単に言えば、自分の奥にあるハートを感じる事だとは思うのですが。

わかりやすく言えば愛とはハートであり、何物かでありそして実在していて
生きている精神であり此が目覚めると私達は、幸福やすべての物を
もたらしてくれる何か、それを感じるにはあるがままでいると言う事
としか言いようがないのですが、いつも自由で居ると言う事は私達が
思う以上に大事な事だと思います。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

張水御獄

2009-04-01 18:38:32 | 沖縄情報
   










まだまだ寒くて震えてしまいますが、春はもう来ていますね。

   今月から自然栽培のセミナーのため、沖縄へ行きます。

旅行だけの予定でしたが、トントン拍子に話が進み開催にこぎつけました。

宮古島は地下ダムのことがあり、前々から農薬が気になっていました。

今回セミナーでお話をして下さる方は自然栽培で林檎の木村さん達と一緒に

全国を回って居る方なので、内心非常に喜んでいます。

自然栽培は自給自足で個人でやっておられる方々は、たくさんいますが

やはり生産性になるといろいろと、以前は問題があったようですが木村さんが

林檎を成功させたおかげで、生産が随分と楽になったようです。

木村さんが、「おらの農園は箱船だよ」と仰っていたのですが本当にその通り

で、自然栽培の生産者が非常に増え成功される生産者さんが多くでている

そうで、本当に嬉しく思います。

身土不二が原則ですからね、その土地に違う土地の土や水を入れないと言う事で

す。


宮古島の創世したと言われる神様の神社が、おかしな事になっています。

コイツノとコイタマを祭ってあるのですが、この神社が実はリニューアル

したのですが、神木のがじゅまるの木をばっさりと切ってしまったのです。

この木はかなり大きくて神社の屋根を、超えて道路に枝がはみ出していたのですが

見た目が非常に神秘的で何とも言えない雰囲気でした。

少し見た目が古い神社ではありましたが、今は真っ白に塗り替えられています。

見た目は素晴らしいですが、新しければ良いって物でもないと思うのですが。



ここには霊力の高い神人がいるので、神様から許可は下りたと思うのですが。

実は去年この神社に行ったとき、ちょうど伐採の真っ最中で内心えっと思い

ましたが、伐採を始めたばかりで枝を少々切ってあっただけなので全部では

ないだろうと思ってはいましたが、まさか全てを切ってしうとは夢にも

思っていませんでした。

島の人は何も言わないとおもいますが、内心はどう思っているでしょう。


写真を見て愕然としました。

宮古島のひとにとっては、日本の伊勢神宮のような場所です。


あれだけの神人が許可を取ったのすから、神様からは許可が下りたんでしょうね。


もしかしたら、道路を歩く人の安全性を最優先にしたのかもしれませんね。
















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加