美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

続き。

2009-01-26 16:56:44 | 沖縄情報
 

 先程の続きです。  

私が伝えたいと言う事は、彼等を恐れるべきではないという事です。

彼等は悪霊とか、悪魔とか、闇とか言われることが多いですが、結局

愛が形を変えたもので、愛を忘れているだけなんだと思います。


もちろん中には、これは近づいてはまずいという存在に体を奪われて

いる人達もなかにはいますが。



私はこれをエゴで押さえ込んでいるときがありました。



私のセンサーが発している、信号をいろいろと弁護してしてしまうのです。


この人は、本当はこれだけの体験をしてきたのだから本物に違いないとか、

これだけの人に慕われるのだから、私のセンサーが故障しているのに

違いないとか。他の人に取っては必要なリーダーであっても最終的には

私の心が発信するセンサーが、私にとっては正しい事が証明されるのです。


裏を返せば、自分の直感を信じ切れなかったのですが。


ずーっとあった違和感が、ある日突然子供の時感じ取った得体の知れない

存在達が、そのリーダーと呼ばれる人達の体を出入りしているのを

感じ取ってしまい、その場所には二度と行けなくなってしまいました。


そうじゃない方達もいらっしゃるかもしれませんが、なかなか会えないと

言うのが本音ですが、もしかしたらいらっしゃるかも知れません。


個人的に思うに、私の周りには教師しかおらずわざわざ出かけて行くのを

辞めただけなのですが。

もしかしたら判断なのかも知れませんが、センサーを信じたいというのが

本音です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法則

2009-01-12 17:20:37 | 沖縄情報




宮古島の新城さんと仲良くなり色々と話すうちに、新城さんに下りた神託などを

紹介したいとお尋ねしたところ、快く良い返事を頂きメッセージなどを

書かせて頂いています。


ただ伝えるときに、私情を入れないことと、完璧に伝えたいと思い

そのまま編集せず書かせて頂いています。





個人的には、かなり高度なメッセージではないかと思っているのですが。

新城さんは、どれだけ頼まれても講演会や営利目的の仕事は引き受けないようで

す。

私はここを重視しています。すべてではありませんが神事をお金儲けには

してはいけないと、思っている事も事実としてあります。


個人的に思うのですが、一部の精神世界のリーダー達は非常に巧妙に立ち回り

本当に驚くほど頭が良く回転します。もちろん全員ではありませんが。

先の先まで考えて、色々な事をいいます。


結局、ビジネスですから当たり前なのですが。

純粋な人達は簡単に騙されて、パーツ分けされながらお金を使っていきます。


その方達を信頼する方々の、学びとして役割があるのかも知れませんが。


私はブログの影響力も考えて、個人的な感覚でおかしな磁場ではないかと

思う方々の話などは、あまり載せないようにしています。

個人的には日月神示なども、正直言って感覚的に受け入れる事が出来ません。


読んではいましたが{笑}。


ただ多くの人には、必要とされていた書であったと思います。




体の中に入って自分が書かせたと言う方もおりましたが、果たして?



これだけ思ったことがすかさず現実化すれば、精神世界に興味がない人達も

色々と気づきが深まっているようです。


主人がそうなのですが、少し前に「何か大変な時代が近づいているかも、

昔は商品開発のアイディアは時間がかかったけど、今はアイディアの方から

自分に近づいてくる」と言っていました。

開発エンジニアは、ほとんどが直感勝負なので直感が鋭いとは思うのですが。



その向こう側から来るアイディアのおかげで、この大変な時代に仕事に

影響があまりありません。今の所ですが。

ありがたいと思います。


もう個人的に色々な物を受け取る時空間に入って来ているのだと思います。


私も大変な遠回りをしていたのですが、結局は子供の頃聞いたり見たりし

ていたことに戻って来てしまいました。


結局、一つの事にバカになったおかげで色々な物が見えて来ました。


やはり、人から見たらおかしな事でもバカになるほど夢中になると

法則が見えてくると、木村さんが仰っていたのですが異論はありません。


私自身、宇宙の法則がわかったとは到底言えませんが、自分からの問いかけに

はっとするような、思いもかけない答えが返ってきます。

















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球ご飯

2009-01-09 13:40:09 | 沖縄情報
こんにちは。

今日は真冬を味わうには、かなり良い日ですがやはり寒くて用事を済ませると

さっさと、帰宅いたしました。

どんな雨風の日でも感謝した方が良いのですが、やはり人間は天気に左右

されると思います。



昨今、食への信頼が失われると同時に、安全な食への関心の高まりは尋常では

ないと思います。当たり前のことなのですが、此が質よりも安価に買える

食品に目がいっていたのでしょう。

とはいっても、今のこのご時代に高い食品にはなかなか手が出ないでしょう。


あるブログで椎茸の偽造とすり替えの事が、書いてあったのですが疑問に

思っていたことが、個人的に理解出来たような気がしました。


原木の菌に何かあるのではと、前々から疑惑を持っていましたが。

やはりというか、中国産がからんでおり日本の業者もここまでやるのかと

思いましたが、やはり食に関心のある人は自分で信頼できる業者を選んで

購入した方が安心でしょうね。


中国だけを悪者にせず、もう地球全体で地球食のあり方を考えたほうが

建設的だと思うのですが。

中国は法的に規制が緩いので、日本企業も進出した経過もあるようですし

20年前の日本の生産現場だという関係者もいますし。




気にしない人は一般のもので大丈夫でしょうが、農薬まみれ以上に放射能の

危険がある事も、頭のどこかに置いて選んだ方が良いかもしれませんね。



農薬まみれの農産物と、オーガニックをうたっている農産物の危険性なども

書きたいのですが、バッシングになるかもしれず書くのは辞めました。


農家の方も今の時代、やはりある程度の現金は必要ですから。



食の問題に話しを戻せば、国を超えて今の時代、地球の食のデザインが必要

な時代かも知れません。

気候変動のことなどもあり、食料危機の足音が聞こえるようになって来ました。


大国が巨大穀倉倉庫を持ち、世界が依存するという状態からの脱皮が必要かも

知れません。

地域での自給率を上げて、地元への流れを確実にするとシステムも必要かも

知れません。

やはり穀物を最優先させ、水と穀物を無駄に大量消費する肉食中心からの

食生活が、どこかで見直しが不可欠ですよね。


何でも食べるという時代から、質的な次元へのシフトも必要かもしれません。


何処で誰がどのような環境で育てた、作物、生命を頂くか、生産現場との

交流も大事になってきますよね。


地元農業の生産者や生産現場との、距離が縮めば食材の生命をそだてるプロセス

を、自分自身の目で確かめられます。

何年か先には、間違いなく実行されると思いますが、やはり早めに本質的な

食の安全保障や、子供達の未来のために地球食が必要だと思います。


それによって非人間的な食肉生産、労働環境も改善されていきます。


日本発のマクロ食は、日本より欧米の方がかなりの勢いで広がりを見せています。

此は、私が年一度海外リサーチで大いに感じているところでもあります。


それも穀物菜食を中心にした、身土不二と陰陽原理、そして食を扱う作法

など、欧米の人々の方がここに感覚的に未来の地球食の基本をそこに

見いだしているのではないかと、思っています。


こうした食や人間がいのちと関わる分野においても、日本人はますます

重要な役割を担って行くのではないかと思います。


身土不二とは、自分の住んでいる地域で生産された食物を食べようと

言う事なのですが、これは自給率が100パーセントで言える事で

あって、今の時代こんな事はそうそう言っていられないのが現実です。


本当の意味で地球を良くする地球食は、やはり日本においては和食

欧米に関して言えば、和食風が地球食のデザインではないかと思っています。


伝統的な食生活や日本の田園風景の中に、地球食のヒントが隠されていると

個人的には思っています。


私達は今、日本食のあり方をしっかりと自分で足元から見直す必要が

あるのではないかとも思っています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素直な気持ち

2009-01-05 19:32:55 | 沖縄情報


やりたい事を断念するのはちょっと、と頭をよぎったのですがこれまでに

直感で入ってきたものを無視すれば、だいたい良いことはないとかなり学んで

きているので、今回は素直に従う事にします。


春まで遠方でマクロの仕事があるのですが、それが終われば大きく自然農に

シフトいたします。

いろいろな縁で自然農の先駆けの方達との出会いがあり、ちゃんと意味があった

出会いだったんだと腑に落ちました。


この事を潜在意識にすばやく簡単な方法で、刻み込んで行こうと思っています。

大宇宙の動きも単なる知識にとどまっているだけでは結果が生まれないからです。


木村農園の木村さんは、大自然の法則を知らず知らずのうちに身につけて

植物と対話が出来るようになり、林檎の木の語りかけを瞬時に受け取れるように

なったと仰っていました。


と言う事は自分の問いかけを瞬時に、宇宙から受け取っているのでしょう。


自然農にシフトすると言う事は、私にとって肉体レベルで限界への挑戦であり

何処まで出来るか心配もありますが、{腰の問題などがあり}キリストのいう

最も簡単な方法で、{すべてのことを私に委ねなさい}、重荷を委ねてみようと

思っています。


大宇宙は人間の要求をそれがどんなに、小さい事であろうとどんなに大きかろうと

いつでも実現する用意が出来ているといいます。

あらゆる望みは大宇宙への要求だと思います。皆さんもそうだと思うのですが

私は突然望んでいたことが現実化して驚く事があります。


人と持つ高い理想や心の底からの望みなどに、立ちはだかる物は疑いと恐れ

以外にはないと思います。


何一つ疑う事なく、心配することなく何かを望めばどのような望みも瞬時に

現実化すると思います。


潜在意識はジョークを理解しないそうです。

人間はついネガティブな事を考えてしまい、それが大自然の法則通りに

現実化いたします。そして今は本当に早く現実化いたします。


欠乏、病気、仕事、失うことなど様々な恐怖感など漠然と感じる不安感など

人間の一番の敵だといいます。


キリストがいいました。 「なぜ怖がるのか、信仰の薄い者達よ」


私達は良いことを信じる代わりに、悪いことを信じてしまう傾向にるかも

しれません。


成功を願っていながら失敗の準備をしたなら、その人は自分が準備をした

状況を得る事になると思います。


私達は何かを願ったら、現実化する様子がみじんもなくてたとえ暗闇の中で生きて

いても、受け取る準備をしなくてはいけないといいます。


私達は今の状況から抜け出す為には、あらゆる不幸な状況もふくめキリストは

  あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にするだろう


といいました。つまり大自然の法則{スピリチュアルの法則}をしらなければ

この時代、非常に厳しいことになるのではと思っています。



先程も書いたように今現在、私は願い事の現実化が本当に早く忘れていた

小さな願い事も現実化する事が多くなって来ました。


どきっとする事もありますが、こんな願い事したっけ?と言うようなことも

しっかりと現実化いたします。


最近はネガティブなことを考えだしたりすると、すぐにそれを中和する

方法を覚えました。

此も必要に迫られて学んだことなのですが、やはり悪い願いの現実化は

嫌なので。意図して願っているのではないのですが無意識なのでしょう。


私はいま素直に誰でも、大自然に助けを求めるべきだと思っています。


最初はなかなか大自然からの答えが分かりませんが、個人的な体験なのですが

大自然に助けを求めたときに、私に対する大自然からの答えは心が不思議な

暖かい煙のような癒しが胸一杯にあふれます。


言葉では伝わらないかもしれませんが、体験したことのない次元にいて

強力な安心感を覚えます。何かと触れている感覚があります。


今年に入ってから体験したことですが。


是非皆さんも、素直に大自然に助けを求めて下さい。

私達は大自然の一部なのですから。


では、また。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加