美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

すばるの友人?

2008-09-21 17:25:47 | 沖縄情報
こんにちは

台風一過でカラッと晴れ上がるかと思ったのですが、そうでもないようで雨です。

毎日大変なニュースが流れるのですが、最近少々なことでは驚かなくなりましたが

ブッシュ大統領が、時期大統領選を無期延期するというニュース?には

少しだけ驚きました。

公式発表は10月らしいですが。これも飽くまでも海外サイトの憶測ですが

もし本当なら大事ですが、事実でも私は仰天しないかも。

なんでもあり~の世界になってきましたから。


表に出てくるビッグニュースの裏で、何が起きているのかを冷静に考える

自分を発見して、そちらの方で驚いたりする自分を発見したり。


アメリカでのリーマンの破綻よりも、個人的には急ピッチで進められている

宮古島と伊良部島の橋の建設が、気になっています。



誰が考えても今の世界が、このまま続いて行くことは、あり得ないので

何時、何処で、何が、の時期にきていると思っています。{個人的には}


ある国の潜水艦は、表にでないだけでかなりの回数、沖縄近辺に出没

しているそうです。

今回の潜水艦の事件では、国を特定していたのですが、後々の事を考えて

見逃したという話もありました。


この件は、沖縄の事ばかりではないと思うのですが。



来間島の女神様は、いつ目を覚ますのでしょう。






それから前回アップした木村さんのお話に、結構アクセスがありました。


やっぱりみなさん未知の物に、興味があるのですね。



長野に住む私の友人にも、驚きの体験があります。

非常に霊感の強い人で、すべて見え過ぎてしまい友人も限られています。

彼女が睡眠中、夢の中で、家のベランダの方から眩しい明かりが見えるので

外に出て見たところ、庭な小さなUFOが地面すれすれに停止していたそうです。

勇気を出して乗り物に近づいて行くと、中からオレンジ色の制服を着た白人

男性と、見たこともない動物2匹が降りてきたそうです。


恐怖で凍り付いていると男性が、「どうぞ恐れないで、あなたに危害は

あたえません」と話しかけ、自分が来た星と、自分の名前を名乗り

これから地球上に起こって来る出来事などを話し、宇宙船に戻って行った

そうです。


彼女はそこで目を覚まし、随分とリアルな夢だと思い暗闇の中で目を開け

ていると、何か外で気配がしたそうです。


その家は、山の上にあり周囲にも家がありません。


はっとして体を起こした時に、家の上空から強烈な光がくるくると回転して


明かりが窓の隙間から、部屋を光で照らし出していたそうです。









彼女はそれからいろいろと、不思議な事をその家で体験しています。

手狭になり新しい家を探しても、手放すのに勇気がいったようです。


その家は今現在私の所有になっているのですが、やはり不思議な事が多く

起こる場所です。


確かに家の中で写真を撮ると、たまゆらがたくさん写ります。


長野の家も草刈りとベランダのペンキ塗りに、行かなくてはいけないのですが

なかなかいけません。

来週中にいかなくでは。草がボウボウじゃ、すばるの人も着陸しにくいかも。


では、また。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡のりんご

2008-09-09 14:13:54 | 沖縄情報

今日は朝から、心地良い風が吹いています。

理由はわかりませんが、駅前も人がまばらでカフェもゆっくりと読書が

出来ました。いつもは大混雑ですが。

今読んでいる本は、青森で無農薬りんごを育てて居る木村さんのお話

なのですが、無農薬でリンゴを作るのは20年ほど前までは

おかしな人と思われていたようです。


その中でおもしろいお話が、書いてあったので今日は予定を変えて

木村さんの不思議な体験を書かせて頂きます。




木村さんは酔って気分が良くなると、決まってする不思議な話があるそうです。





「あれはさ、まだ軽トラックを売る前だから、無農薬栽培を始めて2年か3年目

くらいのことだ。夕方、何時頃かな、もうあたりは薄暗くなっていた。

畑仕事が終わって、家に帰ろうと思って、軽トラの運転席に座ったの。

そしてら、目の前に人が立っている。 妙な人だった。全身が銀色に光って

いて目も鼻も見えないのな。 その銀色の人が、フロントガラス越しに

じっとこっちを覗き込んでいる。私、動けなくなってしまてな。

目だけ動かして、何をするつもりだろうと見ていたらさ、なんとリンゴ畑に

入っていくんだ。 葉っぱが落ちて、荒れ放題の畑にな。それでさ、もの

凄いスピードで畑の中を走り回っているんだよ。それから、ふっと

消えたのな。いったい今のは何だったんだと、その時は首を傾げるばかりで

あったんだけどな。 しばらくして、今度は夜中に起き出して、布団の横に

座って、考え事をしていたときのことだ。寝床は2階にあるんだけどもな、

カーテンが揺れて窓が開いたのな。そこから人が二人入ってきた。

小さくて、影のように真っ黒な人であった。

その二人が私の両腕をつかんでさ、その開いた窓から外に出るの。

気がついたら、空中に浮かんでいるのよ。

下を見たら、家の屋根が見えた。黒い人達は何も云わない。

私は二人に腕をつかまれたまま、どんどん上昇していった。空のかなり高い

ところに、ものすごく大きな宇宙船のようなものが浮かんでいてな、私は

その中に連れ込まれたの。連れ込まれたのは私だけじゃなかった。

先客が二人いたのな。

一人は若い白人の女の人、もう一人は白人の男だった。

頭は角刈りでさ、なんか軍人のような感じであったな。しばらくそこに

座らされていたんだけど、そのうち一人ずつどこかへ連れていかれた。

最初は女の人、それから軍人風の男、最後が私であった。歩いていくと

二人は平らな台のようなものにそれぞれ寝かされているのな。裸にされてよ。

どういうわけか、逃げようとか、抵抗しようという気は起きなかった。

ただ、私も裸にされるんだなと思いながら歩いて行ったの。

ところが私は服を脱がされなかった。

宇宙船の操縦室のようなところに連れていかれたの。

操縦室といっても、計器のようなものは見あたらなかったな。そこで、

どういう風にこの宇宙船が飛んでいるかを教えてくれてな。

宇宙船の動力源だという、黒っぽい物質を見せてくれた。これで、空中に

浮かぶんだとな。それから別の部屋に連れていかれた。そこには黒い人

ではなくて、昔のギリシヤの哲学者のソクラテスみたいな人がいた。

大きな板が何枚もあってさ、それをこっちからこっちへ移動させろと言うんだ。

よく見たら、、地球のカレンダーなのな。

一枚が一年。過去のカレンダーではないよ、地球の未来のカレンダー。

何枚あるんだろうと思って、数えてみたんだけどもよ。」


何枚あったかは、木村さんは言わないそうですが、そうたくさんは

なかったと仰っているそうです。



自然を一緒に生きている人は、勘が鋭い人が多いそうですが、この方も

神様の仕事をしている人だと、本を読んでいて思いました。



地球のカレンダーが残り少ないのは、気になりますが、それでも

出来ることから始めて、今を生きて行きましょう。


この話には後がああります。

「何年か経ってから、家でテレビをみていたの。よくあるでしょう、

{空飛ぶ円盤は実在する}みたいなのよ、UFOの特集番組だ。

その中に、宇宙人に連れ去られたという人が出て来た。それがさ、

あの白人の女の人だったの。女房も一緒に見ていたんだけど、驚いていたよ。

私と同じ話をするんだもの。円盤の中には自分以外にも二人の地球人がいた

一人は軍人のような男で、もう一人は眼鏡をかけた東洋人だったって。

それ、私のことでないかってな。あははは、あのときはさすがの私も

びっくりしたよ」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変化。

2008-09-06 19:17:23 | 沖縄情報







地球はやはり激変中のようで、なかなか受け入れられない人達も、これは

少し考えを改めた方がいいかも知れないと、思い始めているようです。

私の周りだけかも知れませんが。




経済も大変な状況なようで、隣の国では来週の夜、大統領が何か重大な

発表がある予定だそうです。

良いことであれば良いのですが。




それに太陽の無黒点状態が、長く続いており、やはり地球は温暖化では

なく、冷えているとも言われております。

陰陽で見ると、陽が極まった状態だと思われるので個人的には、地球は

これから、少しずつ冷えて行くと思っています。


何か、大きな出来事があれば別かもしれませんが。


情報がいろいろと溢れており、本物と偽物の区別がつかず困ってしまう

事も、多いような。




こういう時は、何が自然で何が不自然なものか、見分けられれば良いのですが

コントロールはなかなか巧妙で、あの手この手で仕掛けて来ますよね。


ゴアさんは、最近になって原発推進派とばらされてしまいましたね。

後になって解ってしまう事も多いですから、何でもかんでも信じてしまう

のは、やはり危険ですよね。

ゴアさんの見た目の良さに、けっこう惑わされた人も多いそうです。




食べるものも、工業米を一般の流通に流した会社もありましたが、おせんべい

や、お菓子、焼酎になってしまったようですし。


明日は、いったい何が起こるのやら。


このブログを読んで下さっている方には、是非、口に入れる物だけは

本当に、気を付けて頂きたいと思っています。


今は、不安が世の中を支配しているように見えますが、良く見てみると

本物もたくさん出て来ました。


いろんなセミナーなどに行って、学ぶのも素晴らしいのですが

云っている事が自然か不自然か、良く見極めてほしいと思います。


合法的に見えても、ぎりぎりのラインでうまく立ち回るグループもありますから。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加