美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

天主大御神(うてぃんうやがなしぃ)

2017-05-18 18:59:54 | 沖縄情報




沖縄の伝承として残る
泥から最初の人間を作った神様の事を記事にしましたが、場所を聞くメールが来ています。
特に伏せられている場所ではないので書きますね。


沖縄護国神社のご神体。
神名(天主大御神=うてぃんうやがなしぃ)



最初の世界と最初の人を創った地上の生みの親だといわれ
全てを守護し(ヤシネーウヤ=養親)を天から降臨させ
地中の神々とのネットワーク網を創造し,後世の人々にこれを残した沖縄のお父さん神。
地を明るく照らし、万物を慈しむ守護神。

天と地を統一し最初の沖縄をスタートさせた神様。


同じ敷地内に宇天良長老(龍宮金宮観音)=地頭火の神
巻物と杖を持っており、長いひげを蓄えた神として銅像があります。
改祖の碑がありましたから
後から来た人が太古の最初の神である天主大御神が土地を開拓したように
ここの神様の力を借りたのかもしれません。

この宇宙の創造神としての(天主大御神=うてぃんうやがなしぃ)


遥か昔の地球文明を最後まで見届け、目撃した神様とも言われています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コピーだけでは | トップ | リズム感 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。