美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

逆行すると見えて来る世界

2017-04-19 06:37:24 | 沖縄情報


 


沖縄タイムス社では2018年度の社員採用試験を実施するそうですが
学歴不問で面接で社員を決める事にしたそうです。

これは数年前に新聞社の人から直接お聞きしたのですが
大卒にも優秀な人は多くいるようですが、本土化した考察で記事がマンネリ化。
安全な情報を求める事が多いと聞きました。
とにかく行動的で考察に突破口を持つ自由な発想な人が切実に欲しいと言っていたのを
思い出しました。

破天荒な移住者も増えましたが、頭脳明晰より行動力があり上から目線ではない
若者が欲しいのかもしれません。

蓋を開けてみないとわからないですが、最終学歴の卒業証書が必要だと言いますから
これは賛否両論でしょうが
一歩だけだとしても何かが進んだ気がします。
エリートと呼ばれる人達自身が、自分達の立場に疲れを感じ始めている気がしています。







さて、世界は軍神が強く浮上してきたと感じています。
沖縄の空が騒がしいと
戦闘機の爆音がいつもよりひどいと多数のメール在り。

戦争の影に女ありという話も古代からありこれに関してメールが届いたのですが
確かに韓国大統領から始まった女性占い師との関連性。
日本では首相と夫人、アメリカでは大統領と娘、そして北朝鮮では妹さんが浮上しているのですね。

琉球国王と聞得大君の世界の展開の様な話です。
王様と親族から選ばれた守護女神「聞得大君」
宗教上の固有名詞となる神名は「しませんこ あけしの」「てだしろ」

女性達が如何に守護結界を張るかですが、男の力が強い気がまだまだします。
それにしてもアメリカの副大統領不気味な存在。
世界のトップクラスになると必ず守護神を新しくすると聞きます。
副大統領勢力から大統領が囲みこまれているとすれば、これを女性達が護らなくては。
これは娘さんの力と奥さんの力が必須だと思われます。
副大統領ですが軍神というより、全く違う物の力を感じます。

トランプさんの場合は奥さんが控え目な立場に不満がなく感情的ではないと言う所に
結界が張られているのでまだ救いを感じています。
何度も書いていますが
感情的な人ほど結界が常に崩れると思われ、他の干渉がはいりますから
余り平和な日常生活を送れないと感じています。



家庭内外で感情に揺さぶられる妻の場合、夫が現実でも不可視の世界でも
妻に翻弄される事があるので運気が下がるという事が
ありますからこれはある意味では救いだと思います。
それにしても軍神を守りとする勢力は武器を捨てきれない。
軍神は最前線では旗に降臨すると言います。

ウイキでは
「上杉朝定は父が死別してから百か日にもならないのに
もっぱら合戦に明け暮れていた。
神は清浄な所に身を宿し汚濁から姿を消す。
一体、穢れに染まった旗の上に、どうして守護の軍神も姿を宿そうか」と記述があり
軍神といえども喪中の穢れを嫌うという主張がなされている。

現代文明は軍神が強いですが
軍神とされる神が祭られる神社の神様は、縄文の後から来た人たちによって
大体において縄文系が名を変えられて軍神として奉られています。
全部ではないにしろ、古代縄文の王的立場の人の出生場所が聖地としてまつられている。
封じこめられ動けない様にしているのが今の世界の結界です。
軍神独裁という偏った国があって当然な現代世界。

世界を裏で支配する人達から見ると
韓国の女性大統領、日本の首相夫人、トランプ娘、北朝鮮の女性親族。

支配者から見ると、上記の女性達の誰を王様として聞得大君を誰として見ているのでしょう。
琉球王国の離島神女システムからみて大女君の中、聞得大君は誰としているのでしょう?


王国の場合、軍神のトップは聞得大君、その下に来るものが伊平屋の阿母加那志。
その下が久米島の君南風キミハエ。
琉球王国は宮古島の勢力と共に八重山征伐がありましたが
王国の旗を持ち琉球王国軍隊の先頭に立ったのは久米島の君南風加那志。

ここから見ると王国は独裁的な体制を作るための八重山出征となりますが
王国時代から既に地球を支配する人達の中に司令官がいますから
現代バージョンに置き換えても司令塔がいると言う事になります。
時代を逆行させてみれば
表向きアメリカを王国版として見れば
出征した場所は八重山として例えれば、アジアの一体化へ向かわせる計画があると言う事になり
青写真は既に完成していると言う事にもなります。
過去のデーターがあるわけですから、進化した武器を使って同じことを繰り返している。。
階級制度の権力とその体制の中で偽装された演出には
目を開けていないとまんまと思うつぼで騙されてしまいます。
事実を認識するには報道とは違う視点が必要。

私の視点が全て正しいとは思いませんが
軸はブレていないと自分自身のこれまでの古代史の学びから感じています。
という事で青写真は古代史のコピー。
古代、海洋貿易で頂点に立っていた琉球王国の完成型を現代バージョン進化系にしていると
私は見ています。
現代の戦いの構図は古代に戻れば読み取れる事が多々。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えないハタラキ | トップ | もてなす事にも色々とあった古代 »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。