美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

祝日って

2017-05-15 15:26:33 | 沖縄情報
 




沖縄は今日は祝日。
本土復帰45年を迎えています。
本土化されて得たものもの多いですが、同時に失った面も多い。



通説の歴史、閉じられた伝承から見て(復帰?)と思いますが裏は何の復帰?
裏表融合の事がありますから
今の文化は閉じられている文化なのでこれらも一理あるでしょうが
足を引っ張る堕天使の様な位置付けにある
沖縄は何だか違った元々の閉ざされていた光が差し込んできた感があります。

プラスマイナスの世界、光と闇の関係性は位置がひっくり返っているので
自分にとっての光は相手には闇となり、ひっくり返っています。
あなたにとっての光は目の前にいるのが大事な人であれ闇。
向かい合っていても闇と光の関係性。



現代文化がこれで成り立つので
本土にとっての光は沖縄にとって闇。
沖縄にとっての光は本土にとって闇。
沖縄にある日本国の国防の詳細もこれで成り立っています。

基地を闇として見れば本土にとって沖縄にある基地は光。
先日の嘉手納のパラシュート降下訓練と
今日の自衛隊機不明の事がどうもシンクロしている
気がします。


これはいつか現実版でひっくり返す目的が青写真であるでしょうが
統合されるのが今文明のピラミッドの仕組みですから
沖縄はこれから統合される時どうなるか?

沖縄の古い月が注目を浴びてくるはずです。
コザ(古座)胡屋の古い月。
時間的には最後なのでまだ気配は見えませんが
私の説に少しでも賛同してくれている人は注目し続けているようです。
ディープな情報も送ってくれます。


ここにはまだ目が覚めない沖縄をひっくり返す月の神様がまだ爆睡している状態。
薄目を開けただけで大どんでん返しの可能性を含んでいます。
ここにも超古代の水を使った羅針盤がありますが
ここは現在、軍が使用中。


面白い事に胡屋に向かう国体通りは
陰謀系で言えばシリウスナンバー23が散りばめられていますが
コザの公園で切り替わり、道路がナンバー85となります。
8+5=13で、これまた不思議ナンバー。




追記17時27分
私は癒しや霊的なモノに私が思う注意を書く事が多いですが先ほど書いた
光と闇は反転していると言う事を書いています。
癒しの場所へ出かけるのは誰でも自由です。

鑑定側にとって闇だから排除しましょうとあなたが言われてしまえば
あなたの光を取り外している事になります、代わりに闇と入れ替えが行われている事もある。
こちらの方が多いと思います。
これを認識している人がどれだけいるか?
多分、知らない方が多いと思う。
見る側と見られる側の立場が逆転するとどうなるか?
見られるものが見る者の意識を暴く。

客体と主体の関係性の反転と言っても良いかもしれません。
人は見たいものだけを他に見ます。
独りよがりになりがちな世界。


ある話なのですが
聖地ツァーに参加した人に「あなたに取り憑く霊を取ってあげます」と
言った霊能者がいたそうです。
相手に自分に憑いた霊を見ている事にも気が付かない。
鏡が見えていないのか?こういう人が多くなりました。

言葉から相手を感じ取る
霊的なセラピー相談が増えてきているのは
これに気が付いているのだと思われます。
既に10年前からこれだけに専念する元ユタさんも存在します。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予見 | トップ | 追記 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。