美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

1000年

2016-10-29 11:34:05 | 沖縄情報






始皇帝は中国大陸でアジアの通貨を統一したと言いますが
日本本土はというと
これに追従するまで
様々な渡来系との攻防戦を縄文系は繰り返しながら、そして約千年近くも
お金を中心とする交易を拒み続けていたのは事実としてあったと言います。
この千年の間に、渡来系が着々とお金の仕組みを作り上げたのだと思います。

縄文系は押しに押され、従うしかない事が多かったようですが
抵抗をつづけた縄文系統は
山の中に隠れ、これが何と昭和初期まで続いていたと言いますから本当に驚きです。
沖縄の場合、これらとシンクロするのは貧しい離島。



お金のエネルギーを介入させない時代が
約1000年キープされた稀有な周波数。
金銭を拒んだ時代の周波数は想像を超える凄いものだと思います。
未来の日本を救う古代エネルギーとも言えるのかもしれない。
これが溶け込むと、現実は大混乱が起きるのかもしれませんね。
これは太陽活動のフレア現象で、現実生活の電気に関与し崩壊として起きるのか?
それとも、新星爆発で起きるのか?
想像もできません。

これらの時間軸のギャップが未来のどこで何をターゲットに浸透してくるか?
人間の精神だと思います。
正直に生きる事の大事さ。


お金が入る以前に宗教体系の基礎的な物が
作られている方が早かったと言いますが
これからはお金というものの価値が少しづつ変化して、宗教観に影響を与えるのか?
それとも逆か?




お金が影響力を持たなかった約1000年の間
温存されたエネルギーが
マトリックスの様に溶け込む時代が、何時か日本の未来に到来するのだと感じますが
これを呼び込むには、爆発的要素が必要だと言われます。
東京オリンピックが開催されようが
中止になろうがこれが全てを決めるかもしれません。

生きるシステム
要は生存に安全確保が大前提にあると、適当な便利さを人が選択するという事を
そして人類の欲に対する弱さを、支配層は当然熟知しています。
実験済みなのだと思います。
人は日常で利便性だけは失いたくない。
現在のフクシマ無視もここにあるのかもしれません。


適当な便利さを追求する日常を離れると、違ったエネルギーの流れになると思われ
ここに流れてくるお金は
国によってバラまかれたお金の周波数とは全く違う流れである
お金が良いスタンスを保ちながら流れて来るのではと感じます。
スピリチュアルビジネス、健康ビジネス、癒しビジネスが頭打ちになっているのも
詐欺と騙しが入るのも
既に人がここに心を躍らせる事がないから?
そんな気がします。









さて、沖縄に限らず宮古島でも他の島々でも
飛行機で簡単に行ける時代です。
往復の便数が増えてきた時期の島人の人口の流れを少し見てみました。
便数が増えてきてから
便数増しと島人の流出がシンクロし、島人の人口減少へ繋がっています。

沖縄島の場合、昨今変化がありますが
他の島々は観光客が増えども島人の他の地域への
流れを止める事が出来ないようです。
若者の流出か顕著だと言います。


そしてそれらと引き換えの様に新たな人達が入ってくる。
古代、海洋民族が主に使った交易港界隈もそうであったようです。
交易で人が集中する場所と時期もあったようですが
新たに島を後にする人たちもいて、人口のバランスが取れていたようです。
バランスが余りにも崩れてしまうと、ここで戦いが起きてきてしまった事は伝承が伝えます。
集落であっても、少し距離をもって生活をしていた古代人の流れと言うのは
私が子供の頃
暮らした宮古島の集落がそうであったような気がします。




集合領域を作るため支配層の裏の行動が、ネットを通じて既に表に出始めて来て何年か立ちました。
神格化する人物を計画のうちに入れ
その筋書き通りに事を運んでいる集合体も既にネットで登場,ブログを訪れる人は一日数万と言います。
権力者はこういう事を計画通りに、時間差で押し出してきます。
神格化しようとしている人物に必要なのが神秘体験。
これを前面に出すのはアマテラス時代の延長。
キリストですね。

しかし新たなアマテラスはいまだ見えず。
コピーはいますが。



古き沖縄諸島でいえば、神格化の代表はノロ、司。
これらをまた新たに作るのであれば、沖縄の場合は女性ですが
男性版は本土で良く見られる。
でも、これも縄文と弥生融合とは言いますが現代バージョンの延長。
確かに何処かでシフトするのですから、こういった集合集落を目指すところにも淘汰は当然ありますから
向かう先は同じだと思います。


自分の住む屋内だけを綺麗にする事は一流でも
地域の環境汚染に目をくれずに
スピリチュアルや、不可視の世界に傾倒すればするほど
地域の環境に、無反応、無感覚、無感動な人間性を作り出すのはバランスの偏りだけでなく
やはり、現実逃避があるのだと感じます。
自分の家だけ綺麗に磨き上げるのは当然だとしても
水道水の環境汚染も見て見ぬふりで周囲の目を気にして声を上げず
スピリチュアル云々以前の話です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シフト | トップ |  »

コメントを投稿