美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

2017-04-16 13:28:48 | 沖縄情報








茶番劇が続いているアジアですが
古代史を少しでも学び通説だけで世界を見る事から目を逸らせれば
世界が少し違った説で動いている事が分かってきます。

これらに気づかせない為に様々な陰謀論が生まれ
視点の鋭い鷹の目をもつ人達が貶められることが多いですが
確かに、陰謀発信者をそのまま信じてしまい
逆にお使いになってしまっている人も多いと思われます。
西洋簡単スピリチュアルと少しひねった考えがいる古典スピリチュアルという物は
全く違いますが
これも人それぞれで良いと思います。


哲学者が良く使う言葉に「差異」という物がありますが
これも分かりそうで、わかりづらい表現。

空間を認識するためには「差異」に気が付く必要性があると言いますが
これはまず、フルーツで言えばフルーツ全体に名前が付けられて私達はそれで種類を認識します。
柑橘系や瓜科でもフルーツに属するものがある。
私達はこれで認識するわけです、これはリンゴ、これは桃とか。
フルーツ全体から各名称への差異。


空間認識もすべての元素のハタラキがあるのですから
命が輝いている空間であり
これらには霊のハタラキがあり人それぞれの認識によって
働きが違ってくるのだと言いますが、これにはやはり勉強がまだまだ必要なのだと
私は思っています。




2012年アセンション説でかなり盛り上がったスピ世界。
個人的にこの説は一切、取りませんでしたが
大声で発信し表に出に出ていた方々は今どうなったでしょう?
大体がグループビジネスであれば喧嘩別れか、どこかへ消えてしまった人も多いし
実はアセンションはあった等々と様々な物を例えている人達もいます。
今思えば、あの時はスタートを言っていたのかもしれません。

この時、どうしてアセンション説を取らなかったかと聞かれると
私などアセンションがあれば、まず地球には残っていなかったでしょうし
また、周囲を見ても生き残れそうな人達は皆無。
2012年説を大声で人前で言う人達が、真っ先に先に消えるだろうと感じていました。
それほど上から目線。
この世界で拡散されたアセンション説は
拡散する仕掛け人がいるだろうと考えていましたし
西洋スピリチュアルから出てきた、ヒーリングビジネスと同じであると直観。

2010年頃に個人的に言えば「人はまだまだ学びが必要でその途中の段階である」
と感じた次第。
という事で2012年はまずないと感じていました。

そしてこの世界の延長上の学びの中には次世代のものはあるとしても
認識方法に間違いがあると直観。
特に宗教、自然信仰、先祖崇拝であれこれらも現代バージョンの延長であると感じました。
確かにこれは必要な人達もいると思われますが
強制されるものではないです。
逆に先祖のカルマ云々の方がおかしい。
ただ感謝だけは在ります、私達が今いるのは先祖がいるから。
似た様な環境と似た思考体系であれば、先祖的なモノを引きつけるでしょうが
視点の変化が生まれ
考察が大きく変われば先祖の残した意識と同じステージにいる事は出来ないと
私は思っています。



これは遺伝子は幾らでも変わると言う学術的な発見からも言える事です。
自分のステージが変わり視点が変わり、考察の変化があれば意識も変わりますから
過去からのステージと差異が生まれている事になりますね。
同じ次元にいてもフルーツと認識出来るからこそ分けられますが
不可視の世界も元素の霊でぴっしりです。

これらの何が自分に関与してきているか
今のところ、ある程度の元素の仕組みを知らないとこれが認識出来ないようです。

まだまだ集合無意識に立ち上がってきていないのでしょう。
やはり感応している人は
ありきたりなスピリチュアルな世界にはいないのではと思っています。
いないと言うより、いられないと言った方がいいのか。









追記15時
ここの所、縁が途絶えていたスピリチュアル関係者からの連絡がかなり増えていて
驚いています。
連日メールに入っています。

ほとんどが同じ内容で
スピビジネス、御神事ビジネスが立ち行きが出来なくなっているそうで
ネットで発信を続けるスピビジネス関係者にセミナーをお願いする事が増えているそうですが
内心は「違う」という感覚があり
敏感な人が多いので違う事を正しいとすり替えて居るだけなので
本人がきつい状態なのでしょう。

どの世界でもそうですが
立ち回りの上手な商魂たくましい人はいますから
発信者を見れば大体が想像がつくと思うのですが。



スピビジネスも死活問題がかかってきて
中には貧困層レベルだと書いてきている旧知人もいます。
あの手この手で発信する様ですが、生活できるレベルではないので
アルバイトをしながら続けていて、到底以前とは違う生活レベルでスピリチュアルに
お金を掛けない人が増えてきたのですね。
スピリチュアルビジネスで家まで購入したのは良いですが
ローンが払えない状況だといいます。

沖縄移住者なので「家を改装して宿泊にしたらどうでしょう」と言ったところ
本人もそれを考えているようですが
沖縄の薬草レシピ料理を聞きたかったようです。
以前であれば無料で教えていましたが、今はちゃんとお金を取ると言ったら
「考えてみます」と言う答えが。
甘いですね。

何処でもそうですが
沖縄でも宮古島でも既にこういう類のビジネスは終わりに近いであろうと
感じています。
突破口が欲しい様で、アドバイスを求めていますが
これから見ても一般の人の視点に大きく変化が出ており、スピ系に興味ある人も
自ら情報にアクセス可能な時代に入っていると思われます。
仲介人を必要としない。

光は表層、裏にうごめくものに気が付かない限り
聖地にいって終わりという事にいつまでも巻き込まれているかも知れません。

日本が無理なので海外に行くと言うビジネスに転換する人も
いるようです。
必ず出て来るイエスとマリア。
ここから見ても、すでに時代はこういう時代ではなく
カンの鋭い人であれば空間に何かを見ているはずなのですが。

スピリチュアルで言う光の剣とか何とかじゃないですよ。
遥かに超えた何か。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一期一会 | トップ | サーダカ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。