美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

消耗する力

2017-04-04 14:52:32 | 沖縄情報





既に次なる時代の器に向けて種子を吹き込む時代に突入。
支配層が凌ぎを削っているの様相が社会に表層として表れている気がします。
表も裏も結局は表層に表れますから
分かる人には分かるという時代。

新しい種子を吹き込むのは各自それぞれ。
それを束ねる為に
報道操作がありますから、金融から少しでも離れようと独自で努力をしている人達には
見えている世界があるようです。
どうも金融関係者にすがりつく人にだけ見えていないような気がします。

変化する時代というのは意識が変化を求めていますが
人それぞれに情報は違いますから、変化する為のヒントを受け取れない人もいるようです。
矛盾していますが
世界トップに君臨する企業家はこれが読めるのではないかと感じています。

結局、国がばらまくお金を当てにする中途半端な人には見えない世界でしょう。


利己的な物に使われた資金というのは使った者を消耗させると
私には感じられます。
特にバラまかれた助成金に群がりそれを当てにしている人達も多いですが
どうも一般社会にいながら一般社会から
アタックされ始めこれが精神を消耗している様に見えたり。

こういう類は神仏に頼る事が多い。
自分の心ではマズイと知っているのでしょう。
どんな神様でしょうね?
税金で贅沢する人達をサポートする神様。

こういう世界には魔術師が顔を変えて好んで住むようですが
魔術師と言えばエジプトの海を二つに分けたモーゼもそう。
強力な反重力を出現させ海を割ったと言います。

軍に追われた民を助けるために行われた魔術の物語。
海に沈めれたのは軍人だけでなく民の税金に群がる
見た目は善人を顔をしている人達をも海に沈めました。
どの時代でも国の利権を消耗し、これに群がった人達の最後は浄化で終わる。



自分で自分の環境を好んで破壊している様に見えますが
破壊を生んでいるのは自ら選択をしているのだと思います。
一般社会にいる様に見えて、一般から引きはがされ、引き離すのは自分ですから
利己的な物から生まれた自分の行いを諫める為、奥深いものが登場し破壊したいのだと思います。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見方を変えれば | トップ | 清明祭 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。