美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

癒しもいろいろ

2017-04-21 08:33:38 | 沖縄情報




木村拓哉、久々にテレビ出演で目にしました。
若き日の映像も流れましたが
昔と今の違いは、私から見るとあきらかにこれまでの食ですね。
若き日の映像とインタビューから
この方は自分の美しさに人の目が行く事に反発していた様な気がします
これは余計なお世話ですね。

顔の肉の付き具合は遺伝も人にはありますが、これは食で如何様にも変えれらます。
タレントさんは営業で食の誘いも多いですから、若い時と顔が全く違ってしまう事もあります。
油と塩、特に古塩が身体にたまると見かけに影響を与えます。
古塩って断食くらいでは抜けないんです。

身体は細いのに、むくんでいる顔の人は腎臓系の弱さもあるようですが
古塩は顔の形に影響を与えると習いました。

美しくなりたければ古塩に向ける様にと言ったのは大森 英櫻先生。
この先生は徹底した菜食主義でしたが
古塩を抜くのに何年も断食を繰り返した時期があったようですが、それでも抜けず
亡くなる数年ほど前まで取り組んでいたはずです。
最後に塩が抜けるのは脳ですから、ここから古塩が溶け出すときは
頭が熱くて畳の部屋を転がっていたそうです。
先生の場合は古塩が魚介のものであったので冷凍ミカンが特効薬。
これはマクロビオティックから見た視点ですから賛否両論。
こういう説もあると言う事でお読みください。





さて第二次世界大戦より前から
突然新興宗教団体が増えて来た事実が不思議でしょうがなかったのですが
これは戦争への世論作りの為のモノだと気が付いたのは古代史を始めてからでした。
これで理由がわかりましたが神道系の宗教団体からはじまっているのですね。
神道と宗教団体の出自がわかりやすいと言えばわかりやすい。


大本系の神事が他の宗教団体に影響を与えていた事もあり
中にはこれを引き継いだのでは思われる団体もある様ですが
これも時代の流れで
スピリチュアルと同じで営利が最優先になっているようです。
明治維新の時代というのは
神々も入り乱れて日本改造で盛り上がった勢力がいると言う見方も可能。

時代霊の変化間際で、この明治維新のツケを取らされる集団もいる様に感じますがします。
お願いですから国民を巻き込まずに
自分達だけで決着をつけてほしいと切なる思いがありますがこれは無理でしょう。
明治維新を起こした人間達より
国民の方がはるかに洗脳されてしまったのは事実な様な気がします。。

理論的にとこれらの証拠を集めて事実を証明できたとしても
日本に暮らす人達の心に奥深く浸透した神社、仏閣の影響は計り知れないものがあるはずです。
ここでも感情というのは登場してきます。
頭で理解は出来ても、遺伝子で繋げられてきたものはそう簡単には
断ち切れないと思われます。

仏教渡来、神道渡来の事を調べると税金の事がどうしても出てきます。
基本的に宗教団体は税金で優遇されていますが、宗教団体の施設を見ればどれだけのお金が
落ちているか分かりやすい。
古代史を続けるうち、戸籍を持たない人達が世界中で動いていると言う話にたどり着いた時に
隠されたお金はこの集団に回されていると言う直観が降りました。


人間の五感である種の感情(信仰ではなく郷愁にちかいもの)を視覚で操作し
神社、仏閣を見てこれらに何らかの感情を覚える様に操作が
長く続いて来たように感じています。

これらにあまり影響を受けなかったのが、戦争前の沖縄諸島全体であった様です。
これらも鳥居が島に出来てから
鳥居を見ると特別な感情が湧く様に心を操作されてしまいました。
ただ日本ほど強くはないようです。
鳥居に限りませんが、これが日本人の心を癒す事もしているのは事実。
山に抱かれたお寺を見ると癒される人が多いのも事実。
これはどうして?
そう思わせる信仰体系が長く続いたからなのでは。

個人的に数年前に直感として感じたのが、沖縄の霊能者たちが
本土の神社で磁場調整と言いながら、御神事で行く事を横で見ながら
日本を支配する渡来系達は霊的な物では勝利したと感じました。
この時の気持ちは暗澹たるもので、沖縄で戦死した島人の気持ちを強く感じたのも事実。

ここから見ても結局、今の世界を延々と繋げてきたのは人間の意識。
これらを上手に使う一般人をはるかに超える頭脳を持つ人達が操作したのでしょう。

今現在も着々と集団でご神事を表に出しながら、人を上手く取り込もうとする集団は
多く出てきています。
これも好き好きですからいい悪いは決められません。
人それぞれ選択自由。
日本人の原風景まで宗教施設を見るだけで視覚で操作されるのですから支配は文化にまで落とされている。
潜在意識まで操作なのですから奥深いものがあるのかもしれません。
そう簡単に解けないと思いますが、私もまだまだ騙されている所が多いと思います。

騙されている部分はあるとしても
戦争へ引っ張れないので、ある種の集団を作り始めてここへパラサイトする手法を見抜ける
様にはなりました。

聞き心地が良い日本文化への郷愁などを連帯感に繋げる集団の手法は変わりません。
必ず罠が仕掛けてあります。
これらを隅々まで見抜けるまで日々精進です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緩和の力 | トップ | 宮古島イベント »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。