美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

朽ち果てる預言

2017-01-30 17:42:05 | 沖縄情報







スピ系で有名な預言書の「お筆先」
ある人の説明を聞きながら思った事。
結局これらは宗教にすがればこその話で
宗教コントロールのポテンシャル周波数を延々と使い続ければ、結局は宇宙の理で何れ必ず弾けます。
バブリーな宇宙の仕組み。
予言書が自ら朽ち果てていく道を選択するのだと思う。


予言書をいくつか集めてこれらの視点から世界を映し見れば
外交を間違えてしまうと
かなり厳しくなる日本の近未来が見えてきます。
衣食住が満遍なく行わたり文明が栄華を誇っていますが
文明というのは心もとない所もあり、常に人口激増から文明崩壊を危惧します。
そして国の自給率で国の強さが決まりますが、日本は既に自給率で出遅れています。
これらのテーマをないがしろにすると結局、滅びる方向へしか道が残されていません。



大神島の現代まで残る奇跡的な在り方と、現代文明のトップに君臨する東京をみていると
太陽の自転と公転まで考察が進みます。

太陽の自転と公転というのは潜在意識です。
潜在意識の力を強めるのも弱めるのも本人の気づき次第ですが、これは良く書いている事ですが
日常で潜在力を自覚しこれを磨く事に尽きると思われます。
日常の行動が無意識層に刻印され、普段の生活に反映されます。
これらの自覚を研ぎ澄ますには自らが日常で作り上げる磁場が途切れれることなく
連続していると気が付けば、宇宙はリサイクルシステムであり
物質というのはリサイクルシステムでコピーが可能です。
ペットボトルなどなんでリサイクルしても、スタートの素の部分は変化なし。
性質は変わらないのですね。

人間も不正がなければ素のままで
宇宙の変化に対してもそれほど影響は受けないのかもしれません。
人の場合、心が素になりますから不正があれば宇宙は躊躇なくこれに対し作用し
反作用で不正が淘汰される仕組み。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大神島 | トップ | 干渉とシンクロ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。