美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

記憶

2017-07-17 21:51:02 | 沖縄情報




長い時間をかけて
粘土に触っていますが、いつの間にか無意識層に働きかけているという気がしています。


カタチや色や絵が浮上してきている気もします。
イデアに触れている。




ヨハネの黙示録の最終章
「わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり
最後の者である。初めであり、終りである。」

「いのちの木にあずかる特権を与えられ
また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである」


いのちの木というと
縄文のみじゃぐじ=塞の神(サイノカミ)が想起されます。
日本先住民の信仰体系。

先住民の信仰体系はまず自分の精神の位置と周囲の環境を理解していたのかもしれないと
考えたりします。

今現代、自分の周辺で起きる事が自分が創造したものとは考えず
そして地獄に落ちても、今いる場所が地獄だとは気が付かないかもしれない。

光を外だけに探してしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットワーク | トップ | 追っかけない時代 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。