美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

見えざる世界の技

2017-05-17 09:05:45 | 沖縄情報




普天間神宮の倒れた神木は以前から駐車場側に傾いていて
何時かこうなると感じた人が多かったです。
神木ですから下手に手が出なかったのでしょう。
ここは洞窟があります。



東京ディズニーリゾートが、沖縄中部のキャンプ瑞慶覧のインダストリアルコリドー地区に
リゾートホテルを検討すると政府関係者に伝えているそうですが、政府は支援策について調整している。
2015年12月に佐喜真淳宜野湾市長が跡地利用策として政府へ誘致を求めていた
報道では市長が跡地政策として誘致を求めた書き方ですが問答無用で当然行われています。
沖縄ではこれが普通。


ディズニーホテルが出来るのと普天間神木倒壊がシンクロしていて
不可視の世界の不思議さに驚くばかり。
この地域の管轄は普天間神宮。
それにしてもキャンプの中の高級アパートはどうなるの・
部屋の面積が広くて中はカルフォルニア系のアパートです。

ホテルばかり建ててどうするの?と思いますが
何となく沖縄の近未来の向こう側が見えてきます。
この文明を終わらせるスタートの地点にしないでほしいですが
これはもう宇宙の歳差運動の時、いかように地球神が判断するかでしょうね。
人間を超えたところで判断が進む気がします。
先島も同様で創造と名のつく破壊が進んでいます。





瑞慶覧ですが普天間神社からすぐで車でも10分ほどで凄く良い場所です。
沖縄中部にあるフリーメイソン沖縄支部からくるまでも5分
(関係ないか!と思いますが関係があります御先の跡地ある支部)

いよいよコザに近づいて来ましたが、古い月の反映である胡屋の商店街はマウイの小規模店舗の様な個性あふれる
街に変容する予感があります。
コザは昔から古典琉球音楽が盛んでアーティスト達が多くいる街。

ただ空間プロデューサーの話として
日本人はまずは売り上げ重視でここがハワイの小店舗の経営者と違うそうで、マウイの場合まず個性を先に
考えるオーナーが圧倒的に多いそうです。
要はお土産やではないと言うスタンスだそうですから、アーティストのものが多い。
確かに木彫りの器が多いですが、気の文様が生かされてアート性の高いものに仕上がり
高価ですが私も一つだけ持っています。


これはホノルルでもそうで小店舗のお店のセンスの良さは
パリ顔負けのアート性を見たりすることがある。
売り上げ重視で山の様にお菓子の箱が積み上げられているお店とは一味違う要素をもっています。
アーティスト系オーナーのお店が増えると良いと思っています。
胡屋は駐車場が常に問題になりますが
ここは嘉手納基地とシンクロするので基地側が或る程度,或る面積を退く可能性があると思います。
どういった神仕組みが取られるか興味津々。
古地図を見るのが好きで見る事が多いですが
むやみやたらの様に見えて実は大聖地には触らない仕組みが見えたりします。
国土交通省は開発の時に意外に神経質だと言うのは事実だと思う。
沖縄の聖地の在り方を見ていて、昨今、特に注意をはらっているのが理解出来ます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きらきら光る | トップ | スピード »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。