美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

飛翔したい神々

2017-03-13 08:58:09 | 沖縄情報






権力に固執する社会と、お金でも人にでも執着する人達を見ていると
感じられるのが、執着の向こうに不足感を一杯抱えています。
確かに私欲が少ない人もいますが
その反面負の不足感から強い権力へ憧れ、歪んだ野望を持っている場合もあると感じています。

最近、離婚や別居が周囲で増えていますが、どちらにしろ上手く行っているカップルの方が少ない。
夫婦で仕事をしている人達と仕事をしたりしましたが
不正を行うカップルというのは、まずお互いが愛情が足りないと感じていました。
愛情が何かにすり替えられています。

一見、仲良くてもお金が絆になっている事にも気が付かない鈍感な人達が多く
この鈍感さんの向こう側に野生があるのですが
これが整合されていればバランス良しですが、野性的な心の統合への努力が欠けているのでキャパがなくなり
顔色だけをお互い探り合う事になっているようです。
夫婦は色々なカタチがあると思いますが、こうなったら私から見れば夫婦ではないですね。
何れライバルになり戦う戦士のカップルになる様な気がします。


執着というのは頑固な面として表れると感じられるので
これを徹底して見る作業を繰り返さないとバランスが偏るのでは?
深い人間性を持つ人の世界とは反対の世界に住むと感じています。
間の良い人は頑固さを溶かし絶妙なバランス感で
自分の心を徹底して見て思考しながら行動しているのだと感じます。

宇宙にも国々にも島々にも「間=ま」という物があると思われるのですが
バランスの良い「間が良い」と魔が差す」は裏表なので
その人のバランスが良く分かります。
宮古島の自衛隊問題は魔がさした状態につけこんでくると思われるので
島人の間の良さが試されるのかもしれないと感じていますが、魔は報道の力となっています。
歴史は確かに繰り返すのは事実ですが、違った形にはいくらでも創造可能です。
間の良いところに魔はさせないのでゆらぎを報道に置き換えられて捏造情報が満載。
魔が差す事があってもバランス的な配合が良い様な気がします。
沖縄というのは何となく日本の「間」ではないかと感じるのですが
ここへ魔が差す仕組みがある。

受け取りは人それぞれなのですが、間の良い人は他の干渉から影響が少なく見えます。
それでも間の良い所には魔が差すのが宇宙の仕組みですが
これも今は間が良ければ魔が流れて差し込みの力も減っている気もします。
他に流れている?




間の良さと魔が差す事に同時可視可能な空間認識が立ち上がってきていないので
時間差となって現れる世界で暮らしている私達。
まだまだ遠い螺旋回帰への世界で螺旋の原因が見えていない私達。

タイムワープで近未来を見る方法で見る人達も多くいますが
私欲は少なくても
霊的権力に執着があり危険極まりない人もおりこれが一見
やさしく親切に見える人物がそれらくし仕立てられる事が可能な世界。
どの世界でもそうで、バランスが偏った世界にはまり込むと周囲の人の日常生活を
脅かす存在になると思っています。
特に霊的な世界。
栄華を誇ったエジプト文明は時代霊の変化が来る前に
すでに霊的立場にいる人達によって神様のラインが破壊されました。
これが起きている現代社会。
消えゆく神々を魔術でこの世界へ戻しこれを式神としたエジプト神官たち。
引き寄せも少し間違えば似た世界を個人で創造してしまう可能性はあるようです。
これまでお世話になった去りゆく神々を追ってはいけないと思います。

古代日本では天皇の崩御において、霊的な仕事する人達が呪術として
意図的に崩御寸前にいる天皇に呪術を行い
自分たちの都合の為に崩御をずらした可能性もある節があります。
去りゆく魂まで人の都合に合わせる世界。
子午線のラインを陰陽五行で使ってまで命を操る世界。
古代日本の死者が再生する方向は東方の常世。
これに逆らう事があったようですし、極秘で改葬も行った形跡があるそうです。
顕在意識と無意識領域を捉えて動かし全てが人の都合で行われた。



聖地に刻印を繰り返す歴史を知る故もない
知ろうともしない人達も多いですがこれも人それぞれなのでしょう。
いずれ聖地から去ってゆく神々を強く感じていたユタ達もいました。
人の幸せだけを願った沖縄の純粋な霊能者達はもうこの世界から消え去ろうとしています。

歴史を知らない口ばかりで高額有料霊能者がどうしてこんなに増えたのでしょう。

飛翔を願う神々を聖地に刻印し続ける人達が多い世界になっているようです。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黙っていても引き寄せる世界 | トップ | 方向性が見えなくなると »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。