美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

現実

2017-05-14 08:32:41 | 沖縄情報







嘉手納のパラシュート降下訓練は着地するには場所的にどうなのかと思うのですが
軍ですから風を読んでの訓練でしょうか。
映像を見た時、天孫物語かと思ってしまいました。
軍隊は古代の軍神や自然神の物語を部隊名にする事もあります。
以前、沖縄に駐留している戦闘機の部隊の一つに「「13日の金曜日部隊」がありました。
相手に取っては不吉を意味するものですから
男達の幼稚さに失笑してしまった事があります。

これも情報伝達ですよね。
13日の金曜日の迷信を現実化しています。
これは古代から伝えられてきたものかどうかはわかりませんが、キリスト教にとっては
拡散すべき戦術の一つであったのかもしれません。
キリストと13としての迷信ですが、これには一理ありますから今の今まで残っているのかもしれません。




さて時代の波はヒシヒシと押し寄せますが
周囲に対して感謝の心という物を忘れ去った人達の精神的転落が目に見えて
顕著になってきた気がします。
バレなければ何をやっても良いが日常化している気がします。
表装の天照の世界にどっぷりだとこれが平気です。
人を裏切る事に対して罪悪感がないのかもしれません。



目に見えるやり方の神事は人間が作ったものであり
不可視の世界でのイメージが重要だと言う人達とあった事があります。
一理ありますが、現実化していないものは刻印がありませんから何らかの西洋スピのものが
入っている気がします。
現実が見えていない。

これは世界を物質として見ている人達の視点でしょう。
見えない世界のイメージとして二つに分離させて色々と考えて
しまうのかもしれません。
現代は物質世界ですが物質の中にある高次元。
元素たちが作り上げる世界。
曇りなき目を持っていれば目を向けるものすべてのものは光となりますが
まだこれが人の世界に
立ち上がってきていない気がします。

現在の文明は視覚が主でバランス的に触覚が重視されていません。
見た目の文化ですから
触覚が後手になり日常の衣服の素材がおざなりなり、見た目重視の化学品が出回りトップブランドも
格安企業も天と地で似た様のモノです。
格安で伸びた企業はトップブランドを追い落とす勢いですが
価格破壊に影響をされない人達も存在します。
こういう人が世界の経済のトップに君臨し一般を操作する。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄 | トップ | 予見 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。