美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

聖地

2017-09-23 20:31:34 | 沖縄情報






沖縄の聖地ツアーに出かけた人からSOSの連絡。

現地で募集された聖地ツアーに東京から参加し某聖地で神がかり。
当然、このツアーを企画したスピリチュアルビジネスの人が祓えるだろうと
思っていたらこれが出来ずに私に連絡が来ました。
全体で15名ほどの人数で友人二人で参加。

考えられます?
お金を支払い聖地に行くツアーを企画すれば何かあれば
祓えて当然だと思って参加者は参加するのでは?

それも洞窟とあれば企画側は最善の対処を考えていると思うはずです。

ポーズだけの背中さすりはあったようですが
私が聞いても
洞窟で神がかりって背中さすりで消える様な物ではないはず。
目の奥にあるものも読めない人達のスピリチュアルビジネス。

しかもお塩は参加者が持っていて
お神酒、水も参加者がたまたま持っていたと言います。
主催者が忘れたらしい。

信じられます?
聖地に塩ももたず米ももたず水ももたずお酒ももたないで
出掛ける集団。
魔界に護符なしの裸で入る様な物です。

神事をやるなら
聖地に入れば参加者を霊視で相手を常に確かめる事が普通なのでは?
もしかして感を取るだけで霊視が出来ない?

皆さん注意しましょう。
聖地で参加者一人一人を霊視も出来ない人が
ツアーを企画し神事を行っている事もあるようです。

神人に対処してもらおうと思いましたが
私が知りうる限りの事をまずやって貰ったらこれが功を発したようです。
何もなくて良かった。
霊視が出来ない人達の神事というのは事故が多いです。
オートバイ転倒や衝突事故、死に至らないまでも何らかのことが起きる事がある。
ここで神人の霊視の力量が試されます。
感は別。
霊視と呼ばれるものですね。
宮古島の神世界を見てきた私には考えられない話です。
宮古島の神事への姿勢はやはり縄文の気を感じています。

神事は命がけといつも祖母が言っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感性を磨く | トップ | シリウス »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。