美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

コピーだけでは

2017-05-18 08:38:00 | 沖縄情報



一昨年だったか宮古島で突然、携帯から警報が流れ後で誤報とされましたが
先日の沖縄の未明の大雨で警報が鳴ったそうですが
結局はいつかどこかでこれをやるのですね。
少し注視してみたいと思います。


また皇族の女性の結婚が大騒ぎですが
相手の男性はどう見ても
日本に古くからいる人達の遺伝子を持っている様にしか見えないですが。
地球は混血かしていますから何とも言えませんが、渡来系の風貌ではないような...




さてセコイア繋がりの話ですがサンフランシスコに住んでいる頃、郊外のミュアウッズと言う国立公園に
出かけて行きました。
ハイキングコースがあり不思議な場所。
ミュアウッズには樹齢1000年以上のレッドウッドが生い茂る公園。
高さが100メートル以上の大木に囲ま圧倒された思い出があります。
何度も出かけました。
生活の音が全く無いんですね、聞こえるのは鳥のさえずり。
不思議な静寂がありました。
サンフランシスコ郊外と言うのは観光地が目白押しですが、ここは余り人がいないのですが
夏休みは世界中から人がやってきてかなり賑わいます。



ここもネイティブアメリカンの大聖地でした。
何れベイエリアは海に沈むと言う伝承があり、ネイティブは一人残らずオレゴンに移動しています。
不思議な事にセコイアが棲息する場所を好むネイティブ。

セコイアのある所は磁場が狂う所が多いのも事実で
これはガイドの人が太古と
関係がありセコイアが影響していると
自説を紹介してくれたことを覚えています。
ネイティブ伝承でしょうか。
ハイキングコースがあり大木の横を歩きながら森に入ります。


オレゴンボーテックスも有名で
ネイティブはここを重要視していますが、英語版をググっても研究調査をした人がいないようです。
いないと言うより、調査をさせてくれないのだと私は思っています。
地球は本当に面白い、こんな面白い惑星は宇宙中を探してもないに違いない。
宇宙人云々も楽しいかもしれませんが
まずは地球に生まれているのですから地球の生活を楽しみたいと思います。
オレゴンボーテックスもネイティブアメリカンが特殊な場所だと伝えています。
特殊な感覚になり気持ちが悪くなりますが
祭儀には不向きである意味、自然界が立ち入りを拒んでいると言う見方もできますが
地球は人の目に触れる事も好んでいる気がするので、これはわからない所です。


学者に聞くより、ネイティブの伝承を伝えるシャーマンに聞くといいかもしれませんが
ネイティブも観光地にいる人達は俗化されている人が多いと感じました。
お金はシャーマンをも狂わし古代地球の伝承さえ忘れてしまう、ネイティブハワイアンもそう言う人が増えました。
お金が決して悪と言うつもりはありませんが、軸がお金となってしまう傾向を持つ現代文化です。

この社会は自らの思いと他者の思いのせめぎあいですから
自分の思いに巻き込まれてしまうと、思い込みになり精神が転落してしまう小さな罠があちらこちらに
仕掛けられていて、いつか大きな罠にドッポンと落ちてしまう世界。
と言う事で現在、情報を整理していたところです。
結局は自分で考えるしかない世界。
自分が正しいと思う道から少し外れて緩さに流れると、滝の様に流れ滝つぼに落ちて
罪悪感が友となる。
罪悪感と言うのは人と落とす所まで落とすと思っています。


人間が地球を見て感じるものと
地球が人間を見て感じるとでは、根底から全く違う気がします。
もしかしたら地球から人間世界を見ると
ただの幻想の中で生きている様にしか見えないのかもしれません。

人間の思想で地球を捉えると視点がずれてしまうのではないかと
昨今、強く感じる次第。
地球側からの思いも結局、人間が伝えます。
自然界ってそのままコピーしてもまた違う様な気がします。
ドラッグの力を借りれば別かもしれませんが
私は常に素のままで世界を感じたいと思っているので私には向かない。
常に素のままで勝負。
だから霊視、ヒーリングは既に卒業。
目を開けたまま世界を感じたい。


地球からのメッセージを伝える方も多いですが
これは長きにわたる先人達が思う世界にアクセスしてるのではと感じます。
地球ってそう簡単にアクセス可能なブレインではないと感じています。
人間は自分の事でさえ知らないのに、どうして地球を知っているのか?
これが可能だと言う人がいれば、普通の一般人の生活など無理な様な気もします。




追記14時03分
地球の変容と言えばキリスト神話の物語に語られる
ゴルゴダの事があるのではと言います。
キリスト磔刑。
人類のエゴの発展的な出来事だと言いますが、これは語られ続ける事で今に至っているのかもしれません。
惑星地球に降り立った際、天の記憶がまだ残っていた人類はこの時代から意識が朦朧とし
今に繋がっている。
地上に降りた自分の肉体を感じる仕組みが物質文明
人間の世界が物質とお金が引き替えになった時、死者の世界は恐怖の対象となった気がします。

ゴルゴタの時代はまだ死者の世界との繋がりが感じられた世界。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セコイア | トップ | 天主大御神(うてぃんうやが... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。