美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

2017-07-16 18:50:30 | 沖縄情報



久しぶりに聞いた「千の風」の詩。
英語であったので日本語とはまた違う感性を感じられました。


日本仏教の死生観への挑戦だと
仏教家の逆鱗に触れたようですが確か国営放送が最初に火をつけましたから
あり得るのかも知れませんが過去の話。



風って横になったり縦になったりしてカタチがあると私は思っています。
神風は先祖からの旋風ですかね?








私のお墓の前で泣かないで。

私はそこにはいないし、死んでもいない。
私は吹き渡る千の風。

雪上のダイアモンドのきらめきになり、豊穣のぬくもりに降り注ぐ陽光に触れながら。
穏やかな秋雨になり。

あなたが目覚め
私は上昇気流に乗り静かに鳥たちと一緒にカーブを描く。

静かな夜よ
私は夜にやさしく輝く星になり。

私のお墓の前で泣かないで
私はそこにはいないし死んでもいない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普遍 | トップ | 違って当然 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先祖崇拝 (ウガミサー)
2017-07-16 21:05:51
こんばんは

こちらの方でも何かと
亡き人への思いから 様々な弊害もありますが・・・

やはり 私もお墓の中な暗闇ではじっとしていたくないですね。
そして私のための余計な行事も削除してほしいですね。
Unknown (churakagi)
2017-07-16 21:16:00
ウガミサーさんコメントありがとうございます。

先祖崇拝も最近は
取りざたされる事が多くなったようですが
繋げられた来たものを簡素化するのは
誰でも勇気がいるようです。

多くの人がこれまで違った方法の
行事を望むそうですが
いざ、そういう時になると個人の意見は
忘れられ生きている人中心になるようです。

再度 (ウガミサー)
2017-07-16 21:43:10
そうなんですね

''沖縄伝統行事しっかりやりました
ウチナーンチュとして立派にやってます''

風な話しを聞くと 後ろ髪引かれる方も少なからずいらっしゃるでしょうが

こちらのブログから発信されてるものを 参考に
様々な意思表示や表現をする方もいらっしゃるかと思います。
Unknown (churakagi)
2017-07-16 22:35:18


確かにウチナワーンチュと言えば
先祖崇拝という物が深く刻印されていますから
親戚の視線が一番怖いし
長男となると気苦労が多いのでは。

個人的な話で恐縮ですが
母が亡くなった時、親族よりも
弟の会社関係が圧倒的に多くてびっくりしたと
妹が言っていました。

葬式で社会的地位を表すそうですから
親の死で計られるというのが
やはり沖縄というかなんというか。

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。