美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

高江

2016-09-18 08:48:53 | 沖縄情報



さて辺野古裁判ですが沖縄県と国の争いは最高裁まで
持ち越されました。

裁判が起こされた時
すぐに遥かな古代伝承で伝わる、古代九州と古代沖縄の連合国家の
戦い(九州側の反乱)を思い出し、これらのコピーだと直感しました。
当時の連合国家は親は沖縄であったわけで
そして裁判を下したのが福岡。
どう見ても、古代の戦いの再燃。
勝利したのは、確か九州側ですが沖縄はどうしたかと言うと
切り捨てられたわけです。
これが「シヌグ」の時代。
シヌグとは凌ぐと言う琉球語。
つらいシヌグ時代は長かったという伝承があります。
名護に伝わる神歌でも残されています。
数千年前の出来事が神歌として残されているのですから
当時の、沖縄の政権の驚愕はいまだに続いていると
感じます。
弥生系の裏切りでしょう。


次の裁判でも、切り捨てられる事が最高裁でも
コピーとして再燃させられるかの瀬戸際です。
沖縄はこの時代から、これらを引きずっている気がします。
琉球王府でさえ渡来系の創造です。
沖縄中部に伝わるモンゴルの王子伝承がこれを語ります。
モンゴルの王子は騎馬民族ですから
馬舎跡地、住宅跡地、いまだに語られるのですから
もしかしたら、モンゴル人の末裔も中部にいるかもしれませんね。
自分で知らなくても、祖の事は延々と語り継がれることが多い。
モンゴルの末裔はハルサーとして、一度メディアで紹介されたことを
記憶しています。


私の中の超古代史から見れば 、再び九州と沖縄の連合国家同士の戦いが
再燃したと思っています。
再燃させられたのですが、正直言えば
弥生側の縄文側の戦いだと思うのですが、そう簡単に分けられない
事もあるかもしれません。
既に弥生系思想に影響されていた
武人達はいたような気がします。
縄文側に武人がいたのは当然で
沖縄中部の女性政治家達の警護で
多くの武人がいたと言われています。

この武人には宮古島を経由した人達も多く含まれていると
伝承は語ります。


もしかしたら当時の連合国家琉球側のトップの何名かは
高江出身?
もちろん女性ですが。
今回の裁判の沖縄敗訴は
女性を男性が裁いている様にも感じていて、これから来る時代変容の
時代霊降臨と関係があるのか。


古代より現実の戦いが、という人の方が多々ですが
この戦いの伝承が、今の今まで残されている沖縄ですから
影響がないとはいえない。
アラハバキと言えばそうなのですが。
過去の縄文と弥生側の戦いで伏せられた縄文が
出てくるのを防いでいるつもりが、実はこれが力をつけて
飛び出す事も狙いに入っているのかもしれません。
オカルトって、こういうこともします。
九州政権、沖縄政権のトップはどこかの結社に習合されたであろうとも
感じています。
こういう大きな政権のトップと言うのは
現代でも生き残っている。
九州側が弥生でしょうか。
山口の古墳から出た若い兵士らしき人骨が
沖縄産の貝をブレスレッドにして、腕に巻いてあったのが発見されています。
太陽のごぼうらといわれるもの。
奈良県の古墳からも多々出土しています。


高江ヘリパッドの問題は圧力ですが
個人的な古代史の調査と地元の人の聞き取り取材も
中断したままですが、最高裁の判決が出る前に
今一度、連合国家の伝承を異説で調べなおしてみます。
まあ、通説も伏せれているのですが。

沖縄が連合国家から切り捨てられたあと
沖縄ではつらいシヌグ時代を耐えていますが
本土では戦乱と天変地異が襲い、人々を逃げ惑い
飢餓が蔓延したと
伝承では残っています。

未来は過去からやってくる。
過去の流れは現在にも刻印されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 見続ける作業 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試されている様にも感じています (ラム)
2016-09-18 16:29:29
裁判の行方気になりますね。

理不尽な事が
当たり前になり
またか、、、、
と言う展開が多いです。

希望を見いだせない社会風潮ですが
これもこれで意味があることなのでしょうね。

ふと、、、、
「本土では戦乱と天変地異が襲い、人々を逃げ惑い
飢餓が蔓延したと
伝承では残っています。」

の記事に反応してしまいました。
昨夜の赤とんぼの訪問、思い出しています。

築地市場の問題や台風の被害で野菜が高騰しています。
宮古島で玉ねぎが3個400円と聞いて
ビックリしています。
横浜では、まだそこまでの値上がりはありませんが
確実に上がっていますね。他の野菜が。

初の女性知事の社会の流れが大きく変わりましたね。

Unknown (churakagi)
2016-09-18 19:39:54
ラムさん、コメントありがとうございます。
夕方、外に出たら懐かしい風を感じてしまい
アレッと思ったら
沖縄の台風前の風を思い出していました。



雨とともに、作物の収穫が減り
色々と食卓にも影響が出できますね

不思議と弥生系が農作物を育てたと
言われる場所が
狙い撃ちにあっているようで
伏せられた蝦夷のエネルギーが水の
流れの勢いとともに
浮上しているとも見えますが。

お米の収穫と台風が重なると
大変ですね。

報道の仕組みを見ていると
災害に向けての
マニュアルが既に出来上がっているかの
様です。

何が起きるかわからないですね。

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。