美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

宇宙開闢の音

2017-08-13 20:27:16 | 沖縄情報


頻繁に取り上げる嘉手納のムルチ沼の人類発祥伝説。
シリウス繋がりで答えを探しても見つからずお手上げ状態でした。



現在は沼と言われています
元々はコンコンと水が湧き出る小さな泉。
沖縄中部の水源と繋がっていた。
これらの記憶が地名としての水釜。

ムルチ伝承は白蛇ですがここは白龍としてお祈りがあります。
超古代、嘉手納は白龍を神とした人々が住んでいたところ。




そして屋良ムルチの神名
(アキミウハリ ミウヌ神)

古代琉球語の訳では友人の訳意です

〇〇を開けてください(開けてくださいませ)
美世の神さま


そして他の友人からのヒント。
これが答えに近いのでは。

宇宙開闢の音が最初に転写された場所。
宇宙開闢の音を記憶しているのでは?と言う示唆。
だから嘉手納がシリウスナンバーなのね。
北谷グスクから開闢の音の管轄になるのか?
宇宙は地球から始まったという説がありますから地球の音の記憶でしょうか。
だから戦闘機の爆音が必要になるのかしらね?

軍神が手放せないわけだ。
宇宙開闢の音の記憶があるのですから、これからも手放せないはず。
ご存知の様にこれまで他国の戦争が起きる場合
米軍は沖縄から兵を送りました。


と言う事で
嘉手納は宇宙開闢の音の記憶を持つ場所として洞察を続けます。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追記 | トップ | 思い出す事 »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。