美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

名前も変わる

2017-08-17 20:59:35 | 沖縄情報




様々な神秘体験を聞く事も多いですが
これって古代から存在するもので、形を名称を変えて時代に合った名前が
つけられるようです。

仏陀は様々悪魔に誘惑された事があるようですが
その後、輝くエネルギーに出会ったようです。
魔と真ですね、裏表一体。

確かイエスは自らの光明の源は語っていない記憶があります。
マホメッドは天使系の訪問を受けていると言います。

分かりやすいのがモーゼ。
超簡単「神を見た」

時代を得ながら超常体験は名前を変えています。
断言はできませんが
過去のスーパースターたちは同じ体験をしたのでは?

現在はスピリチュアルと語られますが
100年後はスピリチュアルも名称を変えて存在するのかもしれません。
現代版文化の延長だとこうなりますが
どうも時代はこれまでとは違うようです。

時代において認識される精霊への理解は
その時代霊に合わせて理解されるものが少し形を変えるのかもしれません。

人魂なんてもう見る事がないと言いますが
50年ほど前までは多くの人が恐れていたと言います。

今は人魂と言ってもピンと来ない人が多いようです。





追記21時37分
先ほど聞いた話をすこし。
ヒーラー依存症のモデルさんから
やっとこの世界から抜ける事が出来ましたと言うメールが。

この方は巻き込みがない那覇のユタさんに助けてもらったようです。
毎年、ヒーラーさんから頂くお札をもって
沖縄へ出かけこのお札を見てもらったそうです。
毎年、恒例で「悪霊払い」と言う名目のお札。
ここの言葉の巻き込みがありますね、悪霊の恐怖でヒーラーからの解放が難しい。
ユタさんの判断「これが呪い!」と言うセジ。

全て捨てて、一人で生きて行くように!
(私の所もこれが最後にしてください)と言われたそうです。
理由を聞いたら
既に一人の時代に入っていると言ったそうです。
そして余り群れない様にと言う言葉も言われたそうでこれの意味を
聞く為に私に連絡をくれたようです。

個人と精神の独立がないと次の時代に入る時、恐怖で立ちすくむと言う言葉を頂いたと
メールが来ました。
こういうユタさんも多いのですが
中々会う事が出来ないほど営利に傾く人が増えました。

鑑定料金、一時間で3千円。
これが沖縄では普通でした。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話 | トップ | 追記 »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。